スタッドレスタイヤを4本3万円で買う方法

スタッドレスタイヤを4本3万円で買う方法

スタッドレスタイヤを4本3万円で買う方法

 スタッドレスタイヤを4本3万円で買う方法。車の維持には様々なお金がかかります。年に一度の自動車税、任意保険、二年に一度の車検、駐車場代にガソリン代にオイル交換、寒くなるとバッテリーもダメになる事がありますね。今のバッテリーはアイドリングストップなどもあれば、かなり高額ですから、これは思いもよらない出費になります。【激安バッテリー市場】 そして、思いもよらず高いのがタイヤです。サマータイヤよりもスタッドレスタイヤは若干高い傾向にあります。例えば、人気車種プリウスの、195/65/15のサイズのスタッドレスタイヤを4本、新品で購入したとします。一番高い状況を考えてみましょう。ガソリンスタンドで、「そのスタッドレスでは今年の冬はダメですね。スタッドレスタイヤは3年経過するとゴムが劣化して危険です。今、工賃半額サービスのキャンペーンをやっていますから、今日取り替えましょう!」と言われたとしましょう。ガソリンスタンドの店頭での販売は、利益を大きく出せる商品が並んでいます。BLIZZAK REVO GZ 195/65R15 91Q はハイブリッドに特化したブリジストンのタイヤです。オープン価格ですので公式ページに価格の表示がありませんが、スタンドでは一本12,500円程度で販売されています。こちらの商品はハイブリッドに特化しているということで、商品価値を高めています。タイヤを購入すると、いろいろな費用がかかります。脱着取り付け工賃、バランス工賃、廃棄処分料、それらに加えて、「バルブを取り替えましょう」「窒素を入れるといいですよ」と、様々な商品を勧められる事があります。工賃の相場は、一本に付き脱着で500円、新しいタイヤを買う場合は、古いタイヤを外して新しいタイヤを取り付けしますので、この作業が一本500円、バランスも一本500円、バルブ取り替えや窒素はそこそこの値段で、余裕があれば勧められるかもしれませんが、それほど奨励されている整備ではありません。廃タイヤ処分料までを含めて、タイヤ一本にかかる工賃は2,000円、これが4本ですから8,000円、このような感じだと思います。消費税までを入れての総額だと、63,000円弱になります。

4本3万円で買う方法

 ブリジストンのブリザックに特別こだわりがないのであれば、こちらの方法をお試し下さい。今現在、海外製のスタッドレスタイヤの性能が格段に上がっています。こちらにご紹介するのは、台湾製のスタッドレスタイヤですが、日本国内向けに特別に開発された商品です。レビューを見ると、ブリジストンのような効きを実感できるとの書き込みもあり、データと実験結果においても、そのことが裏付けされています。信頼のおける製品と言う事ができるでしょう。こちらの商品は、通信販売で販売されています。「タイヤを通販で買うの?」と不安な方も多いと思いますが、今はこの方法がじわりじわりと浸透してきています。通販で買う、と言っても、こちらのお店では取り付け提携店があり、そこへ商品を発送してもらいます。あなたは提携店と段取りをして、取り付けに行くだけでいいのです。支払いは購入時に商品代金を一回、取り付け時に工賃を一回、支払いするようになります。こちらのお店で購入された商品の場合、工賃は統一されており、一本あたり15インチなら1,800円となっています。(廃タイヤ料金、バルブ取り替え料金別途) 16インチ以上は別途価格が設定されています。この方法なら、受け取りの煩わしさもなく、格安でタイヤ交換ができます。タイヤ本体を4本なら21,960円、(税込み送料別) ホイールに組んでもらったとしても39,500円(税込み送料別)で購入できます。もちろん通販ですから、カードで買えますし、繁忙期にかからなければ、かなり早く発送してくれます。私は実際に3セット注文した経験がありますが、いつも繁忙期を外して注文しているので、午前中に注文すると、その日のうちに、あるいは翌日には発送してくれたので、とても助かりました。ぜひ一度、これからも新しいタイヤの買い方をご検討なさってみて下さいね。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ジャンプしない場合はこちら



1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事



テレビでおなじみ

使いやすい!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る