プリウスのエアコン故障、修理費用が高すぎるとお嘆きの方へ

prius

プリウスのエアコン故障、修理費用が高すぎるとお嘆きの方へ

プリウスは日本が誇るすばらしい車

 今は全世界でエコが叫ばれている時代です。でも、人間が発明した便利も捨てがたい。特に自動車の場合、限りある貴重なエネルギー資源を使うこと、使い続けることに後ろめたさを感じる人もいるでしょう。このような環境に対する意識の高い人のニーズと、自動車の持つ便利さ、そして全世界で取り組まなければならない、待ったなしのエコ、この全てを世界で始めて両立させ、全てを同時に実現させたのが、トヨタが世界に誇るハイブリッドシステムを搭載したプリウスです。自動車とエコは相反するものだという常識を覆し、世界に技術大国日本を再び印象づけることとなりました。

一番のメリットは燃費の良さ

 ハイブリッド、という言葉は業界ならずとも浸透した感がありますが、実際にどのような仕組みなのかはご存じでしょうか。こちらの記事をご覧の皆様は、現にプリウスにお乗りの方が殆どだと思いますので簡単に書きますが、今まで捨てていたプレーキ時のエネルギーをバッテリーに貯めて再度利用する、エンジンが不得意とする発進時は、発進を得意とするモーターの力を最大限に利用する、そして結果として騒音の減少、排気ガス排出量の減少、最終的には限りある資源である燃料消費の減少を図ることができる、というシステムです。電気モーターを使うことによって加速が良いというメリットがあるのと同時に、日本によくある発進、停止を繰り返す使い方が多い方の場合は、燃費の向上に大きく貢献します。また、環境問題に対する意識があっても、自分には何ができるのかわからない、と思っている人にとっては、プリウスを所有することで、エコに対する積極的な取り組みを実践することができます。

構造の違い

 このようにプリウスは、今までの車とは構造が違います。今までの車の動力はガソリンの燃焼によるものだけでしたが、プリウスはそれに加えて、専用の動力バッテリーから供給される強力な電気の力が加わりました。

プリウスのエアコンは冷える

 プリウスのエアコンは冷えると感じている方が多いようですね。この現象にはきちんとした理由があります。エアコンの冷えを作り出す大元とも言えるコンプレッサー、圧縮機を作動させる動力が違うのです。一般の車はエンジンの爆発によって発生した回転動力を、ベルトを介してコンプレッサーに伝え、冷却を行っています。一方でプリウスは、コンプレッサーを電気で作動させています。簡単に言うなら、自宅のエアコンのように、冷えのシステムを電気で行っているのです。通常の自動車のエアコンは、作動させると燃費が悪くなりますが、この状況はこのような理由、エンジンの動力を冷却システムに使っているからなのですね。

故障すると大変な出費に

 年々暑さが厳しくなっている日本列島。もはやエアコンなしの車などは考えられないほど、温暖化がじわりじわりと進んでしまっています。プリウスのエアコンは冷えますが、経年と共に当然故障も発生します。冷えない、がらがらと音がする、などの症状があるなら、一度点検されることをお勧めします。プリウスのエアコンは、技術を取得している専門の業者のみ、修理することが許されています。ディーラーにお願いすれば間違いないのですが、一般の業者に比べると、若干整備費用が高くなります。エアコンの不具合と一言で言っても、様々な症状があります。ガスを入れれば再び冷えるようになる事もあります。配管からガスが漏れているなら、部品の取替が必要となります。あなたの車の症状によって、「どこがどうなっていて、修理にはいくらかかる、どの位の期間がかかる」という状況を判断してもらうことになります。先ほどから申し上げている通り、プリウスのエアコンは特殊な構造を持っているため、この診断自体に時間がかかってしまうこともしばしばです。仮にエアコンのコンプレッサーが壊れてしまった場合、最悪のケースでは20万円を超える出費となる場合もあります。製造年からの経過年数によっては、メーカーの保証が適用となる場合もあります。「リビルト」と呼ばれる再生部品の流通がある年式なら、最悪の価格よりも少しは安くなるかもしれませんが、いずれにせよ、ディーラーへの相談や代車の段取りなど、少しばかり面倒なことになる、ということは避けられません。

その他、よくある故障

 走行中にハイブリッドシステムの警告灯が点灯する場合があります。様々な要因で点灯しますが、比較的多いのがハイブリッドシステムのインバーターを冷却するためのウォーターポンプの故障です。年式にもよりますが、ウォーターポンプを新品に取替となり、工賃もそれなりにかかります。この故障は突然発生し、モニターのアラームが鳴ったり、警告灯が点灯したりしますので、かなり焦ります。ハイブリッド特有のものではない、普通のウォーターポンプもあり、こちらも経年で壊れる可能性があります。ディーラーに頻繁に整備に出していればアナウンスがあるかとは思いますが、こちらもそれなりに出費が必要となる整備です。プリウスと言えどもメーカー保証で守られているのは限られた期間だけであり、その後の修理費用はオーナー負担となってしまうことを覚えておきましょう。

動力バッテリー搭載がゆえ

 プリウスは強力な動力バッテリーを搭載しています。整備に慣れているディーラーなら問題ありませんが、一般整備工場の中には、整備に慣れていない、整備ができない、外注に出さなければならない、という工場もまだまだ数多くあります。バッテリーはメーカーで新車からある程度の年数は保証されていますが、それ以降の取替えは実費となります。かつては動力バッテリー取替で百万円などと言われていましたが、今はそんなにはかからないはずです。ですが、電池自体の価格はそれ程量産によるコストダウンが感じられないのが現実です。工賃込みで50万円は覚悟しなければならないケースもあります。いずれにせよ、プリウスには高額な修理費用が常に伴いますので、新車の保証が切れてしまう前に乗り換えるのがベストだと思います。

一つのご提案

 このようにプリウスは、新車の保証が適用されている間は安心して乗ることができますが、それ以降続けて乗り続けるには、かなりの覚悟が必要です。ある日突然動かなくなって、修理に持って行ったら、数十万単位の修理費用が必要になる可能性があります。一番いいのは、メーカーの保証期間内で、どんどんと乗り継いでいく方法です。ディーラーでの査定は、全国どこでも同じように価格が償却され、最終的には同じような価格になるように設定されています。仮にあなたのプリウスが、中古車市場での人気車種であった場合でも、その人気が価格に反映されないのですね。こちらの一括査定のサイトを使えば、今、あなたのプリウスが、中古車オークションではいくらで取引されているのかを簡単に知ることができます。また、その後は必要に応じて一括査定を申し込むことができます。売る、売らないは自由ですが、あなたが知らない所で、あなたのプリウスの価格が高騰している可能性もあります。一括査定で価格がどんどんと上がっていく事もありますので、是非一度聞いてみてはいかがでしょうか?

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事

いくら位なのか、すぐに知りたい

4項目入力するだけで、すぐにおおよその価格を知ることができます!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る