軽トラ 輸出 アメリカへ 高く売る方法

軽トラ 輸出 アメリカへ 高く売る方法

軽トラ 輸出 アメリカへ 高く売る方法

 軽トラ 輸出 アメリカへ 高く売る方法。軽トラックと言うと、皆様どのようなイメージをお持ちでしょうか?軽トラックはごくごく普通に私たちの身近に存在していますので、殆どの方が何とも思わないはずです。しかし今、この軽トラックがアメリカで大人気。どうして日本の軽トラックがアメリカで人気なのか、理由を紐解いてみると、そこには興味深い事実がありました。アメリカで日本の軽トラックが高く売れるというその根拠、理由をお伝えするとともに、あなたがもし、軽トラックをお持ちであるなら、少しでも高く売る、そのための具体的な方法をお伝えします。

車社会アメリカ

 日本の何十年も前から、アメリカは車社会と言われて来ました。まず何をか言わんや、ではないですが、国土の面積が日本とアメリカでは天と地ほどの差があります。この広大な大地に人々は暮らしている訳です。都市は高速道路を中心に発展を遂げてきました。アメリカにおいては何をするのにも車が必要な構造になっています。スーパーマーケットへ食事のおかずを買いに行く、銀行でお金を引き出す、郵便局から荷物を送る、など、日々生活をしていくための移動手段として車は欠かせません。16歳からライセンスが取得でき、殆どの家には一人に一台車があります。

トラックが便利

 広大な大地の中で暮らしているアメリカ人の中には、大自然の中が生活圏となっている人もいます。彼らは広大な土地で牛を飼ったり、狩りをしたりして暮らしています。牛に餌をあげる時にはトラックに餌を積み込み、どかんとかんと降ろして行きます。狩りをする時には、お気に入りのトラックに乗り込んで、荷台に猟銃を積み込み、獲物を仕留めたなら、荷台に放り込んで帰ってきます。これらは一つの例ですが、このように広大な大地に住んでいるからこその、トラックの利用方法がアメリカにはあります。

小さいものの良さに気が付いた

 アメリカの車は、日本の車に比べると大きく作られています。広い土地で暮らしているという事もありますし、以前はガソリンがとても安かったという歴史もあるでしょう。しかし、時代は変化しています。そのような背景の中で、日本の軽トラックが注目を浴び始めました。小さな車体でも、どんどんとオフロードを突き進んで行く、キングサイズのトラックでは入れない道をすいすいと入って行き、トコトコと走ってしまう驚きの走破性の高さ、狩りの時には、ありえないほどターゲットの近くにまで近づけるエンジン音の静かさ、そして改造のしやすさ、構造の単純さ、アメリカ人が今まで体験したことのない走破性に加え、アメリカ人が未だ未体験のそのサイズとルックスに、今、注目が集まっているのです。

普段使いでも人気

 日本の軽トラは、普段使いでも人気です。セカンドカーとして買う人も増えています。アメリカではどこへ行くのにも車を使いますが、ガソリンスタンドやスーパーマーケット、ハンバーガーのドライブスルーなど、行く先々でオーナーは「これどこで買ったの?いいね!」と、声をかけられます。アメリカでは、他人が持っていないものを持つことがステータス。日本の軽トラは、かわいい、燃費がいい、よく走る、壊れない、静かだ、故障しない、と、普段使いでも人気があります。日本は車検制度があるので、整備がきちんとされているというのも、とても大きなポイントです。

最大の理由

 日本車の性能の良さは世界からお墨付きですが、性能がいいが故、日本とアメリカの間には、かつて貿易摩擦が発生しました。原則として、日本で販売されている新車を私たちが買い、それをアメリカに輸出する、ということはできない決まりになっています。しかしこの決まりは、製造から25年まで有効で、製造から25年が経過するとアメリカへ輸出する事がとても簡単になります。今、アメリカに輸出されている日本の軽トラックは、新車で販売されているものではなく、製造から25年以上が経過した、中古の古い軽トラックです。あなたも古い軽トラックをお持ちですか?4WDですか?

輸出業者は大忙し! オークション価格に異変

 この状況を受けて、中古車オークションの価格に異変が起きています。該当する古い軽トラックの4WDの落札相場が上がっています。私のいとこが東京で中古車店を営んでおり、中古車オークションの落札価格のデータベースにアクセスする権利を持っていますので、軽く聞いてみたところ、驚きの価格が返ってきました。私は小さな品物を海外へ輸出する仕事をしており、これを機会にアメリカへ軽トラックを輸出できないかと考え、いくら位で買えるのか、などと安易な事を考えていたのです。数万円なら買えるかな、と思っていましたが、とんでもないです、平均して一桁後半、程度の良いタマになると、二桁以上の価格で落札されていました。ここからわかることは、「輸出業者はこの価格で落札しても販路があり、儲かっている」という事実です。規約に抵触するかもしれませんので、具体的な名称や数値は出すことができませんが、いとこから聞いた数値はきちんとしたものです。

逆を言えば、高く売れる

 本来なら、国内オークションに代表されるように、個人から個人への販売ができれば、それが一番高く売れる方法です。しかし、私も実際に調べてみて、ここまでやりかけたのですが、アメリカへのオークションサイトへの出品は、そう簡単にできるものではありません。高額商品の出品は、セラーとしての実績が必要です。また、海外のオークションサイトへの出品は、手数料がとんでもなく高く、手続きや送料が煩雑です。仮にこの辺りを業者に委託できたとしても、継続的に軽トラックの輸出ビジネスをしていく覚悟で取り組まなければ、「軽トラを輸出。アメリカへ高く売る方法」として推奨できる方法とはなりません。

一番いい方法

 個人の方が単発で、今乗っている軽トラックを高く売る、ということであれば、オークションで落札しているような専門の輸出業者へ販売する事が一番簡単で、一番高く売れる方法です。輸出業者は一括査定で見つけることができますが、より多くのオファーを投げかけるためには、一括査定のサイトも吟味する必要があります。一番のおすすめは、カーセンサー.net簡単ネット査定 です。登録業者が多いこと、一度の登録で沢山の業者にオファーできること、専門の業者に出会える確率が一番高いのがカーセンサーです。登録は簡単で、沢山の業者にオファーできます。軽トラックの場合は、食いついてくる業者とそうでない業者とがハッキリとわかりますので、食いついてきた業者をいくつかに絞り、そこから高値買取に向けて交渉をします。交渉のコツとしては、一括査定サイトに参加している業者は、第一声は必ず買い叩いて来ますので、いくつかの業者で競争させることです。相手は、まさかあなたがこのサイトを見て、古い軽トラックに二桁前後の価格がついている事を知っている、などとは思ってもいないでしょう。第一声は「1万円位でしょうか」から始まれば、高値への道が開けたことになります。頑張ってみて下さい。
⇒ カーセンサー.net簡単ネット査定

価格だけでも知りたいのなら

 面倒な交渉よりも、とりあえず価格だけでも知りたい、という事であれば、こちらのサイトをご利用下さい。あなたの軽トラックの情報、具体的には、メーカー名、車種名、走行距離、年式を入力するだけで、直近中古車オークションでの同様車種の落札相場を簡単に知ることができます。その情報を参考に、一括査定を申し込むこともできます。こちらのサイトは、自動車業界独自の組合、ジャドリに参加している大手企業しか参加が認められない、格式の高い一括査定サイトですので、安心してご利用いただけます。
⇒ かんたん車査定ガイド

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事

いくら位なのか、すぐに知りたい

4項目入力するだけで、すぐにおおよその価格を知ることができます!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る