古い車は買取してもらえないのか? 先入観を捨て、挑戦する価値はアリ!

古い車は買取してもらえないのか? 先入観を捨て、挑戦する価値はアリ!

古い車は買取してもらえないのか? 先入観を捨て、挑戦する価値はアリ!

古い車が結構イケてる!

 皆様はどの位の年式の車を古い車と定義していますか?厳密にはどうでもいいこの境目ですが、大抵の場合は、「市場に殆ど流通しなくなったレベル」の車の事だと思います。具体的に私が車を思い出しながら考えてみると、製造から30年程度経過すると、古い車と呼ばれるようになるでしょう。そこまで来ればクラッシクカー的な要素も加わってきて、売買をするのにも好都合なのですが、問題はここまでくるまでの間、ちょっと中途半端なレベルにある古い車です。これらの車の場合は、下取りに出しても価格がつかないばかりか、諸々の手数料を差し引くと、お金にならないばかりか、損をしてしまうようなケースもあるようです。こちらのコーナーでは結構イケている古い車となる前の、中途半端な古い車に焦点を当ててお話を進めていきたいと思います。

古い車の問題点

 古い車のスタイルは確かにカッコイイのですが、新しい車ほど流通していないのにはきちんとした理由があります。車はいくら新車で買い求めても、10万キロを超えたあたりから壊れ始めます。具体的には、10万キロを超えるとタイミングベルトを交換しなければなりませんし、タイミングベルトを交換するのならついでに、ということで、ウォーターポンプまで取り換えるケースが多いでしょう。これだけで、5万円コースとなります。さらに乗り続ければ、ラジエーター周りの部品も劣化してきますので、ホース類にもトラブルが発生する可能性が高まります。また、クラッチやA/Tのミッション、エンジンも、経年と共にメンテナンスが必要となるケースがあります。新車や中古車で盛んに流通していた頃とは違って、異音が発生したり、シールがやられてオイル類が漏れたりというようなトラブルに頻繁に見舞われるようになります。内装のシートなども劣化してくるかもしれませんし、外装にも錆が浮いて来たりするかもしれません。このように古い車は、いろいろと皆様の考えられない所で、維持するのに苦労があるのです。ちなみに私は昭和53年式の車に今でも乗っていますが、かろうじて維持するのが精いっぱいで、助手席に人は乗せられないですし、雨漏りはしますし、排気ガスは運転席に入ってきますし、外装は錆だらけで、もう皆様の考える以上のレベルになってしまっております。ユーザー車検と自己流の整備でなんとか持ちこたえていますが、このストレスを考えると、決しておすすめできるものではありません。

古い車は売れないのか?

 はじめにも書きました通り、車が古くなってかっこよく見えるまでには、製造から30年程度かかります。このレベルできれいな状態を保っている車であれば、それなりのニーズはあるでしょう。オークションに出しても、ほしい人はいるかもしれません。ですが、ここまで古い車がきれいな状態で保たれているのはごく稀なケースです。古い車といっても、中途半端に古い車が多く、多くの車は鉄くず同然の価格で解体処分されていくのが実情です。適当に古い車のニーズは、日本にはありません。

古い車のニーズはあるのか?

 あるのか?と聞かれれば、実はあります。それが、皆様の考えもつかない場所で、中途半端に古い車が売れるケースがあるのです。私は仕事柄、トラックに乗っていろいろな国道を走りますが、つい先日、中古車の輸出ヤードを発見しました。というか、つい先日空き地に知らぬ間にできていました。これがまた面白く、広大な敷地に中央アジアや中東あたりの外国人のバイヤーが沢山いらっしゃって、それこそこのお話の主人公ともいうべき「中途半端な古い車」を集め、40フィートのコンテナに詰め込んでいるのです。ここにある車を毎日観察しているのですが、日本なら解体処分が確実なレベルの車が殆どです。言い換えるなら、下取りに出しますよ、解体処分になりますよ、手数料はこれだけいただきますよ、という車に価値が付き、買い求める人がいる、ということの裏返しになるのです。ディーラーや中古車販売店に下取りに出すのではなく、この外国の人たちに車を買ってもらえるようにすれば、少なくとも今よりも高い値段で売れる、もしかすると1000円の車が8万円とか10万円になるかもしれない、ということなのですね。この外国人の人たちは、自動車オークションでこれらの車を仕入れています。ということは、どうすればいいのでしょうか?

結論

 ネット上のHPには、よく、一括査定をすれば高く売れる、競わせれば高く売れる、という記述がありますが、中途半端に古い車の場合は、この理論は当てはまりません。一括査定で仕入れをしている業者さん達は、その殆どがオークションでの「国内再販」のために仕入れをしています。「海外再販」をする人のところへオファーができなければ、「中途半端に古い車」に高い値段は付きません。ネット上にある、例えば3つ位の一括査定サイトを仮に使った所で、電話がジャンジャン鳴るだけで、ちっとも価格は高くならないのが現状です。なぜなら、国内ではこの「中途半端に古い」位置にある車は価値がないからです。では、どうすればいいのでしょうか?輸出をする人たちはどこにいるのでしょうか?こちらのコーナーで、その秘密を暴露したいと思います。やみくもに一括査定を繰り返すのではなく、一発で最高値を出してもらうための方法が実はあります。こちらでご案内していますので、ご覧になってみてください。

ちょっと古い車を高く売る方法

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事

いくら位なのか、すぐに知りたい

4項目入力するだけで、すぐにおおよその価格を知ることができます!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る