アイスト車 バッテリー上がりを防ぐ方法 バッテリーに負担をかけない上手な乗り方

アイスト車 バッテリー上がりを防ぐ方法 バッテリーに負担をかけない上手な乗り方

アイスト車 バッテリー上がりを防ぐ方法 バッテリーに負担をかけない上手な乗り方

 アイスト車 バッテリー上がりを防ぐ方法 バッテリーに負担をかけない上手な乗り方。アイスト車は通常の車に比べて、バッテリーへの負担が大きくなっています。万が一バッテリーが上がってしまうと、アイストが機能しないばかりか、車自体を動かすことができなくなってしまいます。アイスト車、アイドリングストップの機能がついている車に乗っているあなたへ、バッテリー上がりはいつ起こるのか、なぜバッテリーが上がってしまうのか、バッテリーが上がる前兆はあるのか、具体的なバッテリー保護の対策、バッテリーを買い替える具体的な方法、までを、詳しくお伝えしたいと思います。

バッテリー上がりは、いつ起こるのか?

 車は、エンジンを回転させて、車を動かす動力を発生させるのと同時に、ベルトで発電機を回して電気を作っています。この電気はバッテリーに蓄えられています。普通に車を使っている場合なら、電気は発電され、バッテリーに充電され、その電池でアイスト車の生命線とも言えるセルモーター(エンジンをかけるモーター)を回したり、エアコンを作動させたり、ヘッドライトを点灯させたり、オーディオを鳴らしたり、パワーウインドを動かしたりしています。バッテリーが上がるという状態は、このバランスが崩れた時です。具体的には、発電量が少なくなった、電力の消費量が極端に多くなった、バッテリーが劣化し、本来の性能を発揮できなくなった、という3つのケースが考えられます。

なぜ、バッテリーは上がってしまうのか?

 発電の装置に異常があり、発電量が少なくなると、バッテリーや使い方が正常であったとしても、バッテリーは上がってしまいます。少し専門的になりますが、これはテスターを使って電圧を計測することでわかります。ですが、アイスト車が普及してそれほど年数も経過していないため、発電機に異常をきたしている場合は、現在ではそれほど多くはありません。多くの場合は、バッテリー側か、使う側に問題がある場合が多いようです。車の電装品で、一番電気を使うのは何だかお判りになりますか?通常の車の場合は、エアコンが最も多く電気を消費します。夏場、エアコンの電力消費量は電気を作ることができる容量の最大4割近くにまでなります。その次がブレーキランプです。バッテリーは通常、3年程度は持つように設計されています。バッテリーはその構造上、冬の寒さにとても弱いという特性があります。昔と比べれば格段に進化しており、かなり粘り強くなっていますが、ある一定のレベルを超えると、ストンと動かなくなってしまうケースが多数報告されています。現代の車は、様々なオーディオ製品の使用や、スマホの充電などで、知らぬ間に電池を使っているケースもあります。

バッテリーが上がる前兆はあるのか?

 今のバッテリー、特にアイスト用に開発されているバッテリーは高性能に設計されていますが、特徴として、粘り強い反面、ある一定の所で突然機能しなくなるという性質があります。以前に比べると前兆がわかりずらいかもしれませんが、必ず前兆はありますので、ちょっとでも以下の症状が現れたなら注意して下さい。一番わかりやすいのは、車に乗り、エンジンをかける時のセルモーターが回る音の変化です。この音が少し弱くなってきた感じがしたら、バッテリーを点検するようにしましょう。ライトの点灯具合にも注意を払いましょう。通常は、いつも同じ明るさでライトは点灯しますが、バッテリーが弱ってくると、少しライトが暗くなるとか、エンジンの回転数に合わせて暗くなったり明るくなったりするとか、明るさに安定感がなくなります。このような症状が現れたなら、すぐにバッテリーの点検を受けて下さい。

バッテリー保護の対策

 バッテリー保護の対策としてできることは、私たちが乗る際に、ちょっとだけバッテリーに気を遣って上げることです。先ほどお話しした通り、バッテリーに負担をかける一番の装備はエアコンです。エアコンを全開にしていつも走っていると、バッテリーにかなりの負担となります。マニュアルタイプであれば、全開での使用をできるだけ控えるようにしてみて下さい。オートエアコンであれば、ほんの少しでいいですから、設定温度を変えてみて下さい。これだけで、かなりバッテリーを保護することができます。また、バッテリーは定期的に点検し、必要に応じてメンテナンスをしてあげることで、寿命を延ばすことができます。バッテリーは存在しているだけでも、自ら放電をしています。アイスト車であまり乗る機会がない場合は、このような装置で定期的に充電することで、その性能を維持することができます。充電は、お金がかかりますが、ディーラーでもしてくれます。

この装置は、AC電源が届けば、簡単にバッテリーを充電することができる装置です

アイスト車のバッテリーを買い替えるなら

 ディーラーで点検してもらうと、買い替えを勧められる場合が多くなります。何故なら高いからです(苦笑)。アイスト車のバッテリーは、定価だとかなり割高です。もちろん、ディーラー経由での取り付けは定価での販売となりますので、かなり家計的に痛い出費となります。おすすめは、バッテリーを通販で購入して、自分で、もしくはカーショップやスタンドで取り付けをしてもらう方法です。カーショップも、バッテリーの取り換えなら、それほど高くなない工賃、500円から800円程度で交換してくれますので、とても割安です。商品によっても違いますが、一流メーカーの商品が、定価の半額かそれ以下で販売されています。また、一度完全に上げてしまったバッテリーは、新品から一年程度のものであれば、それなりに充電性能が復活しますが、経年と共に復活させることが難しくなってきます。バッテリーが弱くなって心配であれば、一度こちらのサイトをご覧になってみて下さい。こちらのお店は、熊本県の益城町で頑張っているお店です。私もいつも利用していますが、とても感じがよく、旧いバッテリーは引き取ってもらうシステムもあり、とても助かっています。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

>>アイスト用バッテリー通販 【激安】<<アイスト用バッテリー通販

バッテリー交換の動画

 こちらはワゴンRのアイスト車のバッテリーを交換している動画です。難しくはありませんので、あなたも是非挑戦してみて下さい。

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る