軽,軽自動車の中古車を買いたいけど、高い という悩みをガリバーが解決!

人気の軽自動車を中古車で買おうとしたら高かった!手に入れる方法はこれ!

軽の中古車を買いたいけど、高い という悩み

 軽自動車の中古車を買いたいけれど、その価格が高くて、購入を悩んでいる方が多いようですね。軽自動車の市場は、日本独自の車所有環境に合わせて、独自の進化を遂げてきました。普通車に比べると、特に維持費の面で恩恵がありますので、都市部、地方問わず、軽自動車は人気があります。普通車の維持費と比べると、格段に安くなりますので、普通車から軽自動車に買い替える人も多くいらっしゃいます。以前は排気量も360ccと小さなものでしたが、それが550ccになり、更に660ccとなって、パワー的にも普通車と全く遜色ないレベルになっています。ターボ化による高出力もあり、その人気は衰えるところを知りません。その一方で、新車価格は年々高くなっています。以前は150万円出せば余裕で軽自動車が買えたのですが、今人気のあるワゴンRなどは、最上級クラスの4WD車ともなれば、車両本体価格のみで、ゆうに150万円を超えてきます。

人気車種は高い

 
 軽自動車の新車がこれほどに高いので、中古車で程度の良い車があればいいな、と思い、程度の良い軽自動車の中古車を探している方が多くいらっしゃいます。でも、なかなかどうして、軽自動車で程度の良い中古車というのは、仮にあったとしても、かなりの価格設定になっているのが現実です。また、仮に車があったとしても、例えば3年落ちで8万キロ程度走っているというような、マイナス要因を秘めた車である場合が多いものです。これはひとえに、軽自動車の人気からくる現象です。軽自動車の人気車種はあまりにも人気があるため、オークションなどではかなりの高値で売買されています。この例のように、例えば走行距離に多少の難があるような車でなければ、表立った市場に出てくることがないような状況が発生しているのです。程度の良い軽自動車の中古車を探したい、というニーズはかなり多くあり、現状はそのニーズに市場の供給が追い付いていないのが現状です。

走行距離の問題

 今の車は10万キロでも壊れない、と言われて久しいのですが、実はあまり言われていない現実がありますので、ここでご紹介したいと思います。日本には皆様ご存知の車検制度があり、この車検では予防的整備が行われています。この予防整備ですが、具体的には10万キロ近くになると奨励されている整備があるのです。それが、タイミングベルトと、ウォーターポンプの取り換えです。この2つは同時に整備をすると、分解取り付けの工賃が一度で済むことから、一緒に行われることが多い整備です。ウォーターポンプは外から点検できますが、タイミングベルト、業界用語で言う「タイベル」は、エンジンの中に組み込まれているベルトで、外から点検することができません。通常は10万キロを目安に交換することが奨励されています。このベルトが切れると、通常の走行ができなくなってしまいます。ウォーターポンプにいたっては、その場で車両故障となり、動けなくなることもあります。この整備には、部品と工賃とで、軽自動車でも4万程度のコストがかかるといわれています。この価格は、行う工場の工賃設定や、車種によっても違ってきます。エンジンが特殊な構造をしている車や、旧い外車などの場合は、かなり大掛かりな整備となり、10万円を超える場合もあります。走行距離が伸びている中古車を検討する場合は、数年先にかかるであろうこの整備費用も、予算に入れておかなければなりません。

人気車種の場合は

 人気車種を中古車で買う場合、このケースですと人気の軽自動車を中古で買う場合は、大前提として、価格が高いという認識を持った方がいいでしょう。オークションでは新車に近い価格で取引されている車もあるほどです。当然、中古車として販売される際に、価格はかなり高めの設定となります。また、人気車種であるがゆえに、引き合いが強く、例えば求人情報で言うところの未公開求人のような形、車では未公開車と言われますが、市場に出てくる前に、あらかじめ「こんな車が欲しい」との情報を出していた人の元に売却されしまう場合が殆どです。一つの方法として、この未公開車が出てくるのを待つという方法があります。それには、インターネットや店舗での買取や、オークションに強いネットワークを持っている必要があります。私が感じる所では、この未公開車に関して一番強いのは、日本の中古車業界をけん引している、ガリバーだと思います。こちらの希望を伝えると、まずは在庫を探してもらうことができます。そして、次には入庫予定車を探してもらうことができます。そして、状況にもよりますが、あなたの希望の車を登録しておいて、この車が出てきたら優先的に紹介してもらえるというような制度もあります。ガリバーには、毎日400台以上の車が入庫しており、その約70%はネットに公開されることなく、未公開車として希望者などに売却されているのだそうです。人気車が欲しい場合は、ネットに上がってくるのを待っていては絶対に買うことができません。まずは、一度ガリバーに聞いてみることをおすすめしたいと思います。詳しくは、下のリンクからご覧下さい。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る