車のへこみの修理代が高すぎる!どうして30万円もするの?

車の傷、へこみ

車のへこみの修理代が高すぎる!どうして30万円もするの?

その日は突然にやってくる

 自分の大切な車を、傷つけたい、へこませたい、などと思っている方はいらっしゃらないはずです。でも、人間は完全ではありません。時として、不注意から自分の大切な車をぶつけてしまう方もいらっしゃることでしょう。また、自分がいくら注意していても、相手がぶつかってきてしまう、という事も少なからずあります。車同士が共存する車社会に暮らしている私たちにとって、車が凹んでしまうという状況は、残念ながら100%防げるものではありません。運転する者の備えとして、私たちは任意保険に加入したり、慎重な運転を心がけたりと、一人のドライバーとして精一杯の努力をしています。でも、その備えが裏切られてしまうような悲しい現実もあります。その一つが、車のへこみの修理代です。

慎重を期す

 例えば、いくら慎重な運転を心がけていたとしても、日々人間として暮らしているなら、悩み事はつきないものです。自分のこと、家族のこと、旦那さんのこと、奥様のこと、両親のこと、仕事のこと、地域のこと、子供のこと、今晩のおかずのこと、などなど、人間は常に考え事をしています。また、運転をするという状況は変わらないにしても、その時々で体調に違いがあるかもしれません。少し風邪気味だ、お腹がおかしいな、頭が少し痛いな、昨日は面白いYoutubeを見過ぎて眠いな、という体調でも、日々の生活の中で、運転しなければならない状況があるでしょう。車で行く場所も、いつものルーティーンなら慣れたものだと思いますが、はじめて行く場所なら、いつも以上の注意が必要です。

とんでもない現実が

 誰もが一度や二度、不注意で、ガードレールや障害物に接触してしまったことがあるのではないでしょうか?「あ、やっちゃった!」と思いながら、おそるおそる車を降り、ぶつけてしまった箇所を確認してみると、後ろのドアとフェンダーと、パンバーにも少しかかっている感じのへこみができているとしましょう。車に愛着があればあるほど、また、車が新しければ新しいほど、愛車を元通りのキレイな姿にもどして上げたいと思うのは、一人のドライバーとしてごくごく当たり前の感情ですよね。ところがです。ディーラーに車を持ち込んで、板金塗装の修理をお願いしようと相談したところ、30万円もの見積もりとなってしまいました。せいぜい高くても10万円位かな~と思っていた貴方には、イタすぎる現実となってしまいました。でも、一体どうしてこれほどまでに、車のへこみの修理代は高いのでしょうか?ぶつけてしまったのは、私だけではないはず。他の人たちはどうしているのでしょうか?もっと、へこみの修理代を節約する方法はないのでしょうか?

任意保険を使うにしても

 車の備えとして、自動車の任意保険に加入している方が殆どだと思います。自動車の任意保険は、まさしくこのような時に使うものだと思っていたのにも関わらず、使えないという状況になってしまう場合があります。まず第一に、自動車の任意保険は相手に対する保険がベースとなっています。この保険には加入されているとは思うのですが、自分で自分の車に傷をつけてしまった時には、車両保険への加入が必要になります。近年日本も高齢化で事故が多くなっており、自動車の任意保険料は世代によっては、かなり割高になっています。その中で、車両保険に入るという選択ができる方がどの位いらっしゃるのでしょうか。2014年、損害保険料率算出機構が出している、「自動車保険の概況」というデータによれば、車両保険の加入率は43.2%となっています。走っている車の半分以上は、車両保険に入っていないのですね。そして、頑張って毎年車両保険に入っていたとしても、車両保険を使わないで修理する方も結構いらっしゃいます。これは自動車の任意保険の仕組みに原因があります。例えば自損の事故で車両保険を使って自らの車の修理をしたとすると、翌年の等級が3つダウンします。最大割引の20等級の方であれば、17等級へ、自動車任意保険に入ったばかりの6等級の方であれば、翌年は3等級になってしまいます。この等級ダウンがまたくせ者で、事故を起こしてしまったときに何等級だったのかで、翌年の保険料の上がり幅に変化があります。自動車任意保険の仕組みは常に改訂を繰り返しており、2013年の10月の改訂では、事故を起こしての等級ダウンでは、今まで以上に保険料が高くなるように改訂されました。このことから言えることとして、一つの目安ですが、修理費用が年間保険料の5倍以下なら、自腹で修理した方が得である、という考え方があります。等級ダウンは、言い換えるなら、あなたの自動車保険料のデータベースが、この先もずっと上がってしまうことになります。元に戻る3年間の費用負担が高いだけではなく、3つ等級が下がってしまった事の影響は、20等級になるまで続きます。ですから、場合によっては任意保険の車両保険を使わずに修理した方が、将来的には得だという考え方もあります。ですが、状況によっては、例えば相手がいる場合など、自らの任意保険の中の車両保険を使わねばならない状況もあります。この辺りの判断は、保険会社に相談なさってみて下さい。
自動車保険を比較する→ 自動車保険 見積もり

ぶつけてしまっただけなのに、どうしてこんなに修理代が高くなってしまうの?

 いろいろな状況があります。一つの考え方ですが、私たち日本人の性格による所がかなりあると私は思っています。私たちはいつも車をキレイにして使うことが当たり前になっています。これは、日本が世界に名だたる車の製造国であることや、几帳面なDNAを持っているということからくるものです。何が言いたいのかと言うと、私たちが車をぶつけてしまい、修理に出すとします。すると、ディーラーなり板金塗装業者なりが私たちの車を修理するべく対応する訳ですが、各業者は常に、「完全な板金塗装」を求められています。私たちは愛車を板金塗装の修理に出せば、ほぼ事故前と同じ、完璧な状態になって戻ってくる、と思っているかもしれません。しかし、車のへこみを修理して、再度塗装をするのには、場合によってはとんでもなく大変な状況があるのです。特にこの状況は、新しい車の場合に多く、結果として高い修理費用に直結する問題となっています。

見た目、想像以上に高い修理代

 自動車の板金塗装の大前提として、あなたが気になっているへこみの箇所を、新車の状況に戻す事は、どんなに熟練した板金工、塗装工がタッグを組んで作業してくれたとしても、成し得ることはできません。塗装面は経年で劣化し、少しずつベースの色が変わって行きます。この経年による変色を、塗装工は熟年の技術で合わせます。最近ではコンピューターが導入されている場合もあります。仮に完璧に色が合ったとしても、部分塗装の場合は、必ず境目が存在します。これを判らないようにするために、ぼかしの塗装が行われます。そして、最後にクリヤーという行程を経て完成しますが、仮に部分塗装で完璧な仕上がりになったとしても、経年すると境目が出てきてしまうこともあります。この状況を防ぐために、場合によっては、小さな凹みでも、例えばドア一枚というような、大きなパネル単位での作業になることがあります。現在力を付けている某社のイメージカラーなどは、特に塗装が難しいとされています。凹みや傷の状況によっては、ドアを車体から取り外した上で、該当箇所を板金修理し、ドアを一枚、まるまる再塗装するというような作業行程となる場合があります。必然的に、皆様が考えていらっしゃるよりも、板金、塗装の修理は高額になってしまう場合が多いのですね。

ご提案

 任意保険の車両保険を使ったところで、それ程のメリットがないばかりか、ゆくゆくの保険料に影響が出て、結局は損をしてしまうという状況があります。費用は全て自己負担しなければならないのなら、完璧な作業を求められる業者から、あなたが想像しなかった程の高額見積もりが突きつけられるかもしれません。車のへこみは、このまま放っておけば、サビが進行してしまうかもしれません。やはり何とかしなければならない。この葛藤を解決する方法はないものでしょうか。
 実はあります。一つは、受付をしてくれた業者さんに、ディスカウントをお願いすることです。例えば、板金する部品を中古部品で対応してもらうとか、塗装に関しては文句を言わないので、あまり費用をかけずに、色あわせなどもせず、適当で良い、とにかく色はさておき元通りにしてほしい、とお願いしてみることです。でも、先ほども書きましたが、日本の業者は後々のクレームが視野に入っているのか、請けるからには完全を目指して作業をします。車種や部位によっては中古部品の使用ができるかもしれませんが、塗装に関しては完璧を目指して行うでしょう。話をしてみる価値はあるかもしれませんが、それ程のディスカウントは期待できないかもしれません。
 例えば板金塗装修理に30万円かかるとしましょう。このお金を頭金にして、新車を検討するという考え方もあります。前向きな情報ですが、自動車の査定において、貴方が今、気にしている愛車のへこみ、傷の箇所は、あなたが思っている以上に減額されないという現実があります。車の傷やへこみは、価値原価として減額処理されます。仮に30万円かけて修理に出したとしても、30万円高くなることは絶対にないばかりか、修理跡として減額されてしまうのです。一度現状で査定を受けてみて下さい。傷の程度にもよりますが、価値原価としてほんの少しの減額になる場合が殆どです。買取業者の中には、買取を専門にしている業者もいますが、中古車販売店を経営している業者もいます。彼らはきちんとした中古車展示場を持っており、もしかすると、自動車の修理から板金塗装までをこなせるような、秀逸なスタッフを雇っている可能性もあります。そうだとすれば、あなたの車のダメージは、彼らにとっては無いに等しくなるのです。何故なら、スタッフが自分で修理をして、再度展示場に並べることができるからです。また、あなたの今の車が中古車市場において人気車種の場合は、価格が跳ね上がることもあります。こちらのサイトにあなたの車の情報を入力すると、データべースから、あなたの車と同じ車の、オークションでの直近落札価格を知ることができます。この価格は、あくまでも参考価格ですので、後から査定をお願いすることによって、価格を決定するという仕組みです。大手の業者しか登録できないサイトですので、安心してご利用いただけます。お願いしたからといって、あなたに車を売却しなければならないという義務は生じません。自動車の買取の方からのお話を聞くことで、今後の参考になることでしょう。

とりあえず価格を知りたいなら

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

地元密着型、展示場を持っている業者さんが多く、貴方にお勧めかも?
 カーセンサー.net簡単ネット査定

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る