車買取一括査定は電話が億劫 でも高く売りたいよね…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
want_to_sell_with_no_phone

 私たち日本人は、全世界に誇る自動車の生産国、日本に住んでいます。デザインが素敵な、性能の良い車が次々と生み出される自動車大国日本。私たちは今乗っている車を下取りに出すなどして、何気に新しい車に乗り換えていますが、世界的に見ると、実は日本は新車ばかりではなく、性能の良い中古車を次々と生み出す国でもあります。冒頭からちょっと漠然とした事柄を申し述べましたが、実はこの事は、あなたが車を高く売るにあたって、とても重要なことになります。誰もが知っている事ですが、日常生活している中では滅多に意識することのないこの事実。日本は世界を代表する自動車の生産国であること。そして、今、車買取一括査定を検討しているあなた、車を高く売りたいと思っているあなた、でも、一括査定は電話が面倒だからちょっとだけ躊躇しているあなたが、最終的に最善の結果を得るために、再認識していただきたい情報です。実は今、あなたは自動車大国日本で、中古車を生産しようとしているのです。この事をまず、頭の片隅に入れておいて下さい。後で車を高く売ろうと思った際に、とても重要な事柄になります。

 車を買取してもらうためには、人との接点が必ず発生します。この事は避けて通ることはできません。でも同時に人間は、できれば楽をしたいと無意識の中で思っています。新車を買った時などは、同じ窓口で全てを終わらせたいと思う方が多いのはこのためです。窓口が一本化できれば確かに楽ではありますが、これは車を手放す私たちにとっては、メリットであると同時にデメリットでもあります。自動車ディーラーの本業は新車を売る事ですので、新車を買うお客様が今まで乗っていた車を下取りすること、すなわち中古車の引き取りに関しては、新車販売時に見受けられる、煮えたぎるような力が入っていないという現実があります。私は東京の某自動車ディーラーの中古車部門に12年間在籍していたのでこの事を誰よりも実感していますが、ディーラー系中古車マイカーセンターのセンター長が常に考えていることは、まずはスムーズな新車販売の支援です。自動車ディーラーでは、原則的に、あなたの車の査定額は、どの営業マンが査定しても同じ価格になるように設定されています。その価格から相場が加味されますが、中古車部門は新車販売支援の次には、下取り車のスムーズな現金化、そしてできれば利益を得ることを考えていますので、加味される価格はそれ程大きな金額ではありません。私が在籍していた当時は、査定価格から数万円というレベルに落ち着いていました。これは今も変わらないと思います。

 このように、自動車ディーラーと、車買取を専門に行っている業者とでは、業界における立ち位置が全く異なります。自動車ディーラーは世界に名だたる自動車生産のメーカーから支援を受けた新車の販売拠点であるのに対して、車買取の業者は、中古車の売買を繰り返す中で利益を上げています。水の中から陸に上がれば直ぐに死んでしまう魚のように、車買取の業者は、常に売買をしていないと、死んでしまうのです。あなたの車を中古車として手に入れ、それを転売して利益を得たいという気持ちは、ディーラーの中古車部門とは比べ物にならない程、強烈なものがあることは、この事からもおわかりいただけるかと思います。

 必然的に、車買取の業者は買取に力が入ります。

 良心的には彼らも一人の人間であり、できれば電話もせずに、スムーズに買取できればそれに越したことはありません。しかし、彼らも会社に所属して、会社から給料をもらっているサラリーマンであり、毎月とんでもない買取目標をこなすことを会社から求められています。あなたが車買取サイトに必要事項を入力すれば、ここぞとばかりに電話がかかってくることでしょう。大手のとある車買取会社では、一括査定へのあなたの入力と同時に、折り返しの電話が発信されるというケースもあります。それ程までに、一括査定に登録している車買取の各業者は、あなたの車に対して興味があり、仕入れたいという気持ちが強いのです。どうしてだかおわかりになりますか?それは、あなたが今乗っている車は、まだ中古車市場に出回る前の状態だからです。通常の中古車はオークションに何度もかけられる中で、原価が吊り上がって行きます。しかしあなたの車はもちろん初心(うぶ)な状態ですので、オークションでの価格が吊り上がっておらず、買取ができれば、オークション内での売買よりも遥かに、利益を上げることができると踏んでいるからです。これは、車買取の大手と呼ばれる規模を持つ、全国チェーンの車買取店で起こる傾向があります。

 車買取の一括査定において、電話がじゃんじゃんと鳴ってしまう事は仕方のない事なのでしょうか?あなたが車を高く売るためには、ひっきりなしにかかってくる電話に対応しなければならないのでしょうか?車を高く売るためには、売る側の対応が確かに必要となりますが、その対応を少し考えて行うことによって、ある程度は、かかってくる電話の本数を減らすことができます。まず、一括査定に入力してすぐに電話がかかってくるという状況ですが、これは先ほども少し申し上げた通り、大手車買取会社のシステムによるものです。数ある車買取の一括査定サイトの中には、信頼のおける大手ばかりが登録していますので安心です、とメリットを投げかけているサイトもありますが、大手の車買取の会社は先ほどのようなシステムを完備している事もありますので、電話をできるだけ少なくしたい、という観点から見るなら、逆にデメリットになってしまっていると言い換えることもできます。更に車買取の一括査定サイトの殆どは、数か所の入力でオッケーというメリットの裏で、これまた、備考欄や連絡事項などを記入する箇所がないという現実問題があります。ちょっとひねくれて考えるなら、入力することがすなわち、すぐに電話をいただいても結構ですよ、という情報の裏返しになってしまっているのですね。対応できる方ならいいのですが、やはりネット上の情報にあるような、じゃんじゃんと電話がかかってきてしまう状況は、できるなら避けたいものです。

 このような状況を踏まえた上で考えてみましょう。すると、一括査定のサイトの中で、一つお勧めできるサイトがあります。それはカーセンサーの一括査定です。カーセンサーは皆様もご存知の通り、元々は車を販売する雑誌から始まったサービスです。一括査定に登録している業者も、大手はもちろんですが、雑誌のノウハウを生かした、地域に根付いた小さなお店までもを網羅していますので、あなたの車を大切に、オークションを介さずに自社の店頭で小売で販売してくれるような業者に出会える可能性もあります。多くの一括査定サイトでは、一括査定を申し込む業者を私たちが選ぶことができませんが、カーセンサーでは入力ウィザードの中で、買取査定を希望する業者を、私たちが選ぶことができます。そして、ここが一番のポイントなのですが、カーセンサーでは、私たちの希望を相手に伝えることができます。私たちの住所などを入力する所に「任意項目」というリンクがあり、これをクリックすると、連絡希望時間帯や売却時期を入力する欄が出てきますので、ここへ「メールでの連絡希望」と書く事で、ある程度の電話をメールに変えることができます。でも、この入力画面の中に (※連絡方法を指定することはできません) との記述もありますので、電話がかかってくる可能性をゼロにする事はできません。しかし、私たちの側から業者を選ぶことができることは安心に繋がりますし、連絡欄があることで、相手にこちらの希望を伝えることができますので、電話へのストレスを軽減することができます。ちなみにこの連絡欄、任意項目の欄は、一括査定サイトの中でも、カーセンサーにしかありません。電話は極力減らしたい、だけど高く売りたい、と思っている方は、是非カーセンサーの一括査定をご利用されることをお勧めします。
⇒ カーセンサー.net簡単ネット査定
 

電話は一回で、高く売りたいなら

 車買取業者の営業さんとの交渉が苦手の方や、あまり人とは喋らないで高く売りたいと思っている方に、とっておきの方法があります。こちらの方法を使えば、電話は一回だけ。その秘密は、新しいシステムにあります。あなたは無料で、あなたの車を独自の入札制度にかけることができるシステムです。電話はこちらの会社の担当者との、ただ一度だけで済みます。電話の方は受付担当なので、がつがつした様子はありません。あなたの車が相場で認められれば、価格は自然に上がって行きます。そして、最初に設定する、最低価格を上回る価格が付けば、売却という流れになります。一括査定と比べると、このシステムのメリットは、電話が一回でいい、独自の入札制度に無料でかけることができる、一括査定よりも、更なる高値が期待できる、という点です。デメリットとしては、始めにスタンドなどで査定をする必要があるので、売却までに若干時間がかかるということと、始めに設定する最低落札価格に達すると、売却義務が生じる事などが挙げられます。今、かなり伸ばしている、人気のサービスです。詳しくは公式サイトでご確認下さい。

⇒ 車の買い取り査定サービス
 
 あなたの車が、高値で売却できることを、心からお祈りしております。

追伸: 高く売るコツ

 一番はじめにご案内した通り、私たちは農業で例えるなら、中古車を生産する生産者と言う事ができます。生産者はえてして、生産した商品を高く売ることができません。どうしてでしょうか?それは、最終的な消費者に商品が届くまでに、農協や卸業者、小売店など、数多くのプロセスがあり、全ての段階で手数料を徴収されているからです。中古車もオークションや最終小売店など、数多くのプロセスがあり同様です。一番初めにあなたの車を買おうとしている業者さんは、自分たちの利益を確保するために、少しでも安い値段であなたの車を買おうとします。これは買う側の鉄則です。この時業者さんは、さまざまな理由、時にはネガティブなものも含め、本当に様々な理由をつけて、あなたの車の値段を上げないようにします。今決めてくれればこの値段でいいですよ、とか、ここがこうですから、この位の価格にしかならないんですね、とか、とにかく理由をつけます。でも、先方はあなたの車を「強烈に」欲しいのです。心理戦になりますが、何であれ、理由をつけてでも相手が買うと言っているなら、その更に三段階位上の価格を狙って、粘ってみて下さい。営業さんが普通の顔をしているうちはまだまだです。変な顔になったり、上司を出して来たり、クビになるなどのネガティブワードが出てきてもまだです。それなら結構ですと、会社へ帰りかけても、かなりの確率で戻って来ます。とにかく相手は、車がなければ商売が始まりませんので、車が欲しいのです。この状況を、売る側としてもしっかり把握する必要があります。そのための一括査定、複数業者への査定依頼です。心を鬼にして、何とか頑張ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!