新車の乗りつぶしは10万キロが目安なのでしょうか?

新車の乗りつぶしは10万キロが目安なのでしょうか?

新車の乗りつぶしは10万キロが目安なのでしょうか?

 新車の乗りつぶしは10万キロが目安なのでしょうか?新車を買って納車された時の事を思い出してみて下さい。これから乗る車を前にして、これからどこに行こうか、こんなに車は進化しているんだ、新しい車はやっぱりいいな、と思った事でしょう。しかし人間は勝手な生き物です。新車時の感動はそれほどに長くは続きません。そして、各自動車メーカーも私たち人間の心理を読んでいるかの如くにモデルチェンジを行い、あっという間に新型車も型が古くなってしまいます。毎日足で使っていれば走行距離もどんどんと伸びて行きます。乗りつぶすつもりで買った車の一度目の車検、そして二度目の車検、三度目の車検、そして走行距離も伸びて行き、10万キロが迫るころには買い替えを検討する、こんな感じで車をお使いの方が多いのではないでしょうか?とあるコミュニティーサイトでは、「11年17万キロ乗りました!新車に買い替えます!」という方の書き込みがありましたが、15万キロ以上お使いになる方はそれほど多くはないようです。大抵は10年10万キロ、どちらか早く到達する方を目安に「乗りつぶし」が達成されたと思い、次の新車に買い替えをされる方が多いようですね。

驚きの下取り価格

 先ほどご紹介した、コミュニティーサイトで書き込みをされた方は、愛車のホンダライフを下取りに出されたそうですが、なんと10万円で引き取ってもらえたそうです。11年間、17万キロを超えているのに、この下取り価格はうれしい限りですよね。この全ての条件を見るなら、「乗りつぶし」はしっかりと達成されたと誰もが思う事でしょう。確かに誰が見ても、「11年間所有して、17万キロを超えた軽自動車を10万円で引き取ってもらって新車を買った」と聞くなら、「高く引き取ってもらえてよかったね」「上手に車を買ったね」「乗りつぶしできてるね」「10万キロ以上乗ったなんてスゴイ」という声が聞こえてきそうです。でも、中古車業界に12年間身を置いていた私に言わせれば、納得の行かない部分があります。「え、完璧に車の買い替えができているじゃない?」「どこがおかしいの?」という声が聞こえてきそうですよね。それではここから、業界人しか知らない、自動車業界をご存じない皆様は決して知ることのない極秘情報をお伝えしていきたいと思います。

その車、海外に持っていくといくらですか?

 こちらの方が下取りに出された17万キロ走行の軽自動車ですが、皆様どうして10万円で引き取ってもらったことに対して「いいですね」「引き取り価格が高いですね」とおっしゃるのでしょうか?おそらくハッキリとした根拠はないはずです。根拠と言えば、「10万キロ以上走った車は壊れやすいから価値がない」「10万キロ以上走った車は売れない」というような、先入観があるからだと思います。しかし皆様は日本の軽自動車が海外に輸出されており、タイ、パキスタン、フィリピンなどの国で大活躍している事実をご存じでしょうか?例え小さな軽自動車でも、メイドインジャパンの軽自動車は海外で壊れにくいと高い評価を得ており、20万キロから30万キロは平気で使われています。日本人は壊れてどうしようもなくなるまでは車を使いませんが、海外の人にとって、車を所有することが一生のステータスとなっています。小さな車体は駐車するのに便が良く、しかも丈夫で壊れにくい、日本の小さな軽自動車は、実は海外では私たちが考えられない人気があり、なおかつ高値での取引が行われています。30万キロまで使う市場ですから、日本人が手放す距離など、全く問題なく売れていくのです。当然、10万円で引き取ったディーラーも、次に販売できる業者を知っているから10万円で引き取ることができたのです。では次はいくらで転売するかと言えば、最低でも5万円から、場合によっては10万円程度を引き取り価格の10万円に「上乗せして」販売します。仮に5万円上乗せするとして、次の業者が買い取る価格は15万円です。この価格で、私たちが自動車ディーラーを介さずに、直接業者に売れるとしたらどうでしょう?同じ車を手放すのに、ちょっとだけ場所を変えるだけで数万円高く売れるとしたら?5万円働くのは大変です。時給800円のパートなら、62.5時間、一日5時間勤務なら約12日分のパート代と同じ金額が手に入る計算です。

具体的な方法

 具体的には、一括査定というサイトを使います。各業者にセリのような形であなたの車の価格を出してもらい競わせるシステムです。料金はかかりません。あなたの車の情報、メーカー名、車種名、走行距離、年式を入力すると、直近オークションでの取引価格を基にした参考価格をまずは知ることができます。この価格はあくまでも参考価格です。次に各業者が表示されますので、そちらの何店舗かに査定を依頼します。何店かに依頼をすると、評価のある車の場合は少しずつ値段が上がっていきます。あなたはご自身で各業者と値段を交渉し、一番高い会社に引き取ってもらう、販売することができるというシステムです。一括査定をしたからと言って売らなければならないという事はなく、参考までにこちらで価格を聞くという事でも構いません。一括査定サイトにも様々なサイトがありますが、こちらにご紹介するのは、中古自動車取引の健全化、活性化に取り組む独自の組合、ジャドリに加盟している大手しか参加することができませんので、安心して一括査定を依頼することができます。値段を上げるコツとしては、少し大変かもしれませんが、相手が少し感情的になってしまう位まで価格交渉をする事です。ちょっとの交渉で数万円がゲットできるのですから、取り組まない手はありません。是非一度、ご自分のお車の価格を確認されてみることをお勧めします。10万キロが云々言ってきても、それは価格を下げる、買取価格を上げないための言い訳に過ぎません。あなたの車にはポテンシャルがあり、まだまだ売れると信じて取り組んでみて下さい。尚、車種によっては全く通用しない場合もあります。でも、そうかそうでないかは、相手の食いつき具合でわかりますので、その点からも一度調べてみることをお勧めします。
こちらです ⇒ かんたん車査定ガイド

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る