AUTOWAY オートウェイでタイヤピットを使わずにタイヤ交換【評判&失敗談】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Tires

タイヤって、冷静になって考えると、かなり高いですね

 私はおそらく皆様と同様、今までは自動車ディーラーでの車検時や、タイヤ専門店などでタイヤの交換をしてきました。景気も良く、収入もそれなりにあった頃はこの方法で何ともありませんでしたが、景気が悪くなり、収入も減ってしまった今、車を買い替えるなどもってのほか、我が家の2台の車を維持するだけでも、いろいろと考えて、節約しなければならない状況となってしまいました。我が家には古いランクル40と、新車で買った平成15年式のカルディナがあります。(1800cc) カルディナが7月に車検ですので、山のない夏タイヤをどうするか考えました。何とかして取り換えなければ、車検に通りません。タイヤのサイズは195/65/15、このサイズの新品タイヤを見てみると、ブリジストンのブランド品で、一本17,800円もします。ガソリンスタンドなどでよく販売されているのは、この価格帯のタイヤですね。⇒ 195/65R15 88H BRIDGESTONE ブリヂストン REGNO GR-XIレグノ GR クロスアイ 夏サマータイヤ単品1本価格《2本以上ご購入で送料無料》

タイヤ取り付けには手数料が必要

 こちらのタイヤは、私などから言わせれば超の付く高級タイヤですので、このようにかなり値段が張りますが、ここからが商売上のタイヤマジックで、タイヤを買おうとすると、様々な名目の手数料がかかって来ます。タイヤは購入しただけでは、自分の車にはまるものではありませんので、取り外しや取り付けといった作業が必須になります。具体的には、古いタイヤを取り外し、新しいタイヤを組み付ける、取り外し&取り付けに関わる脱着手数料。取り外したタイヤを、専用の機械を使ってホイールから取り外し、新しいタイヤを組み付ける、組み換え手数料。組んだタイヤのバランスを取る、バランス調整費用。古いタイヤを処分する際の、廃タイヤ処理料。場合によっては、バルブを取り換えた方がいいですよ、などと言われたりして、バルブ代とバルブの交換作業手数料。これらの手数料が商品であるタイヤ代にプラスして必要になります。おおよその相場ですが、かなり低く見積もって、近所のガソリンスタンドの場合で考えてみましょう。こちらはかなり良心的で、こんな感じです。私が昨年お願いした実績を元にお伝えすると、まず、基本的には一工程500円です。脱着手数料1,000円(取り外しと取り付けがあるので二工程)、タイヤチェンジャーと呼ばれる専用の機械による組み換え手数料500円、バランス調整費用500円、廃タイヤ処理料500円、バルブ取り換え費用、部品代込み250円、合計すると、一本当たりの手数料が1,000+500+500+500+250=2,750円 です。これが四本ですので、手数料が11,000円。タイヤ四本商品代金が71,200円。合計すると82,200円、税金がかかって、お支払い総額は88,776円となります。この価格を高いとみるか、車の維持費として必要なものだ、この位は仕方ない、と、感じることができるかどうかは、皆様の価値観次第です。我が家は先ほども申し上げました通り、かなり家計が厳しく、この経費を捻出するのがかなり困難な状況です。でも、何とか車は維持したい。そのような状況から、タイヤ交換に関していろいろと考えるようになり、ついに今年、車検を前にして、究極の方法を実践することとなったのです。

タイヤは通販で買える。しかも安い。

 日本製のタイヤは、実はかなり高価です。しかし、インターネットが発達した現在、海外製の安いタイヤを、通販で簡単に買うことができるようになりました。海外製と聞くと、何だか品質が悪いのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、タイヤは消耗品です。ある程度の期間使えば製品が機能しなくなり、新しいものを買わなければならない商品です。高級家電製品や自動車本体などとは、切り離して考えてもいいのではないかと思います。このように考えてみて下さい。海外製のタイヤを購入して使うことは、私たちが海外で縫製された服を格安で購入しているのと同じなのです。あるいは、100円ショップで海外製の安い商品を物色して買い求め、家計を浮かせたりしているのと全く同じなのです。基準はきちんとクリアしていますので、製品的には全く問題ありません。今回私も、迷わずに海外の格安タイヤを通販で買うことにしました。

問題は取り付け

 今までは通販で安いタイヤを買っても、結局は先ほどお話したような高い手数料を払って取り付けすることになるので、この点がネックでした。また、タイヤ販売店の中には、他所で買ったタイヤの作業をしてくれないお店もあります。せっかくタイヤを安く買うことができても、取り付けに関して大きなストレスを感じてしまうとか、取り付けの費用が掛かりすぎてしまうとかの状況では、大きなメリットを得ることができません。しかし、タイヤの通販のお店も、この点に関して改善を重ねており、ようやくシステムが完成したように思います。このシステムが完成したことで、買い求めたタイヤが提携店に直送できる、重たいタイヤを自分で持ち運ぶ必要がなくなる、タイヤ取り付けに関する各種料金が明確化されていますので、安心してお願いすることができる、というように、新しいタイヤ取り付けのアクションが、最低限で済むようになりました。

AUTOWAY タイヤピットのイメージ

タイヤピットイメージ

タイヤピットイメージ


詳しくはこちら ⇒ 輸入タイヤ直販店 AUTOWAY

一本1,800円プラス廃タイヤ処分料

 このタイヤピットを使えば、タイヤに関する手数料が、私の車のタイヤ、15インチの場合、一本当たり1,800円+廃タイヤ処分料金300円(店によって若干違います)、2,100円、四本でも8,400円で済みます。しかも、買った私たちはタイヤに触れることなく、この価格で脱着、組み換え、バランス、取り付け、までをしてもらえます。とても便利になりました。しかし私は今回、こちらを利用せずに、敢えて自分で道具を買い、自らの手でタイヤの組み換えをしてみようと考えました。どこまでもへそ曲がりの私です。手数料が8,400円だとしても、毎回この費用を払うのが嫌だったのと、一度投資すれば道具が揃い、この先は自由にタイヤを扱えるようになれるだろうという思いから、様々な道具を買い揃えました。

購入した道具

 具体的には、手動タイヤチェンジャー簡易バランサービードクリーム 1kg STRAIGHT/36-774 (STRAIGHT/ストレート)タイヤレバーバランスウェイトトルクレンチ【楽天市場】などです。結構買ってしまいましたね。コンプレッサーとインパクトレンチと専用ジャッキは家にありますが、本格的に道具を揃えようとすると、それなりに費用がかかってしまいます。将来に向けての投資と言う事ですね。

ようやくオートウェイに注文

 道具が揃ったところで、ようやく大手タイヤ通販のお店、⇒ 輸入タイヤ直販店 AUTOWAY
に、注文を出しました。オートウェイはとても親切で、注文完了時にいつ頃発送になるのかを教えてくれます。また、実際に発送になった時にも、運送会社と追跡番号を教えてくれます。私のように家でタイヤ4本を受け取る場合にはとても助かる仕組みですね。ゴールデンウィーク真っ最中に注文してしまったので、5日ほど発送までに日にちがかかりましたが、仕方ありません。そして、予定通り佐川急便で商品が届きました。こんなに大きな商品が、遠く仙台まで、翌日に届くとは驚きです。さあ、明日にでも組もうかな、と思っていた所、問題発生。私としたことが、大チョンボを犯してしまったのです。

受け取り時に「なんだか変」な感じが

 佐川急便のドライバーさんから商品を受け取った際に、何だか違和感を覚えました。通常履いているサイズは195/65/15で、今回も当然このサイズを注文したはずでした。しかし、ニコイチで梱包されているタイヤを受け取った時、何だか感じが違ったのです。あまり気にせずに、夜だったこともあり、タイヤは倉庫に収納しました。翌日倉庫に確認に行ったところでビックリ。何と違うサイズの商品が届いていたのです。当初は発送元の人が間違えたのかな?と思っていましたが、オートウェイからは注文確認や発送予定日のお知らせ、発送のお知らせというように、注文時から三回程確認のメールが来ています。その全てに、私が注文した内容が記載されていましたので、こちらを確認したところ、何と私の注文内容が間違えていたのです。何と私はバカなのでしょう! How foolish I am! これにはショックを受け、しばらく放心状態になってしまいました。

送料が高いが故の決断

 輸入タイヤ直販店 AUTOWAYは、とても安くタイヤを買うことができますが、今回のように大きさを間違えて注文してしまうと、大変なことになります。タイヤは安いのですが、全国一律の送料が、一本当たり1,080円、四本だと4,320円かかります。注文する側の間違いで返品する場合は、もちろんこの送料は戻って来るはずはありません。そして、商品代金がとても安いため、仮に返金してもらったとしても、その処理は最善ではないという事態になるのです。私は考え悩んだ末、地元のカー用品買取販売専門店で査定をしてもらい、買い取ってもらうことにしました。泣く泣くの決断でした。買取価格は、購入価格の半額を少し切る価格でしたが、勉強だと思い、売却しました。皆様もご注文される際には、タイヤの大きさを再度確認されることをお勧めしたいと思います。

タイヤを剥く、新しいタイヤを組む

 まだ新しいタイヤが届いていませんが、それ以外の道具は揃っているので、タイヤを剥き、ホイールとタイヤにしました。このような感じで、YouTubeには沢山の動画がアップされています。私はこちらの動画を参考にして、作業をしました。この動画の中に出てくるタイヤチェンジャーは、私が購入したものと同じです。そして注目すべきはその再生回数です。何と200万回以上も再生されています。タイヤの工賃を節約したいと思っている人が多いことが、この動画の再生回数からもおわかりいただけるかと思います。

 
 今現在は、古いタイヤ四本と、アルミホイール四本が倉庫に収納してある状態です。明日、この廃タイヤを、近所のタイヤショップに引き取ってもらおうと思っています。そして、新しいタイヤは、明日の夕方に到着する予定ですので、こちらも作業出来次第、状況をお知らせしたいと思います。繰り返しになりますが、輸入タイヤ直販店 AUTOWAY でタイヤを購入される際には、タイヤのサイズをしっかりと確認してご注文なさって下さいね。
⇒ 輸入タイヤ直販店 AUTOWAY

【追記】組付けと取り付けが完了しました。気分がいいですね!

 本日、朝起きて、朝食を取った後に、即作業を開始しました。ホイールにタイヤを組みつけ、バランスを取り、今履いているスタッドレスタイヤと取り換えました。作業的には、最初の一本が少し手こずりましたが、再度動画を確認して確認。タイヤレバーも使いながら、何とか組み上げる事ができました。あらかじめ購入しておいた簡易な道具を使って、何とかバランスも取りました。ジャッキアップし、今のタイヤを取り外し、新しく組んだ夏タイヤを取り付け、最後に今回初めて使うトルクレンチできちんと増し締め。そして、トランクに廃タイヤ4本と、過去に取り換えてそのまま倉庫に置いてあった廃バッテリー三個を積み込んで、オートウェイのタイヤピットに登録している、ご近所のタイヤ屋さんへ持って行きました。評判通りの感じのいいお店で、笑顔で廃タイヤを引き取っていただいた上に、廃バッテリーも買い取っていただき、相殺してタイヤ一本分の代金をお支払いして全て完了。倉庫の中が廃バッテリーやらホイールやら、新しいタイヤやらでごちゃごちゃでしたが、これで全て不要なものがなくなり、とても助かりました。少し乗った後に、再びトルクレンチで増し締めをし、念のために空気圧を確認。問題ありませんでした。来週から高速道路を使い、約400Km離れた実家へ帰るので、古いタイヤでは心配でしたが、これでスッキリしました。いろいろな道具を買い揃えたり、タイヤを二回注文してしまったりと、いろいろな事がありましたが、名言にあるように、終わり良ければすべて良し、All’s Well That Ends Well ですね。私は今回沢山お金を使ってしまいましたが、このオートウェイでタイヤを買うと、私のサイズ 195/65/15 の場合、タイヤ本体が4本で13,352円、取り付けのタイヤピットでの支払いが1,800×4=7,200円、廃タイヤ処理代金が250×4=1,000円、合計なんと21,552円で4本のタイヤを全て新品にすることができます。途中でも例を出しましたが、今私たちは知らないところで沢山の海外製品を使っています。タイヤも日本製品にこだわりがなければ、海外製品を一度試してみてはいかがでしょうか?財布に優しく気持ちがいい、そんな気分を味わえますよ。
⇒ AUTOWAY

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!