車の燃費が悪い 燃費を良くする方法なんてあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車の燃費が悪い 燃費を良くする方法なんてあるの?

車の燃費が悪い 燃費を良くする方法なんてあるの?

 車の燃費が悪い場合、燃費を良くする方法はあるのでしょうか?車は燃料のガソリンで走っていますが、ガソリンが実際に動力になるまでには、様々な装置を経ています。車が古くなってくると、これらの装置に異常が発生し、結果として燃費が悪くなるケースがあります。あなたの車にはエンジンがあり、そのエンジン内で爆発を発生させて、その力を回転する力へと変えています。エンジンが爆発する際に、プラグという装置を使って点火していますが、このプラグが一つ機能しなくなっているような場合、燃費が悪くなります。この症状が発生すると、あからさまな燃費の悪化や、アイドリング時にエンジンがいつもとは違った感覚があります。これを発見して改善するには、きちんとした整備工場で点検してもらう必要があります。燃料フィルターの詰まりや、燃料送油系統に詰まり等が生じた場合も燃費が悪くなります。各種ホース類が劣化して、その間から空気が入り、燃料効率が悪くなると、燃費が悪くなったり、パワーが出なくなったりという症状が発生します。これらは長い期間使い込んできたエンジンに起こりがちな症状です。気にしなければそのまま使えることもあります。このようなレベルの点検や作業は素人では難しく、やはり整備工場に持ち込んで、点検をしてもらうようになります。車検や定期整備の際にでも、観てもらうといいかもしれません。

簡単にできる燃費向上の方法

 意外な点が、燃費を悪くしている可能性があります。あなたはタイヤを点検していますか?タイヤの空気圧は常に適正に保つように、常に点検を怠らないようにしましょう。タイヤ空気圧の点検は、ガソリンスタンドでの給油時がおススメです。友人スタンドならスタッフに頼めば無料で行ってもらえますし、セルフのスタンドでも、タイヤ空気圧点検の道具は必ず備え付けてあります。できれば給油ごとに点検をするように習慣づけたいものです。タイヤの空気圧を適正に保つことは、燃費を改善する上でとても大切です。また、オイル交換や、ATFオイルの交換を定期的に行うことも大切です。自分で管理できればベストですが、自信がない場合は、スタンドや量販店にお願いして、定期的に取り換えるようにしましょう。オイルの劣化は燃費が悪くなるばかりではなく、車種によってはタイミングベルトが切れやすくなる、というような症状を招く可能性もあります。今すぐにできる方法もいくつかありますので、ご紹介します。燃費の数値は、あなたの右足、アクセルの操作方法に大きく影響されるのをご存知でしたか?ガソリンは、止まっている時から加速していき、巡航速度に乗るまでの段階が最も多く消費します。この時のアクセル操作を改善するだけで、燃費はかなり改善されます。あなたは加速時に目一杯アクセルを踏み込んでいませんか?もしそのような癖がついてるとのなら、停止状態から加速していく時のアクセルの操作を少しだけ改善してみて下さい。最初の踏み込みを今までの半分くらいにして、車がある程度動き出すまではそのままをキープします。ある程度のスピードが乗ってきたら、そこから更にじわっを踏み込んで行きます。あくまでもアクセル操作はぎゅっ!と踏み込まないで、じわ~っ と行うように心がけてみて下さい。これだけで結構燃費が変わる場合も多いものです。また、減速時にも、できるだけ蛇足で走る距離を増やすように努力してみて下さい。具体的には、先の信号が赤になったら、アクセルから足を離す、などを試してみて下さい。これらの方法は、周囲の状況を見ながら、迷惑にならない範囲で行ってみて下さい。

もっと簡単な方法

 今までいろいろと書いてきたことは確かに燃費の向上にアプローチする方法ですが、簡単じゃない!メンドクサイじゃないか!と叱られてしまいそうですね。最後にとっておきの方法をご紹介します。とあることをするだけで、トルクがアップし、乗りやすくなると評価の高い商品です。口コミでは、取り付けるだけで燃焼力がアップし、かなりの燃費向上や、トルクアップが体感できたとの報告があります。こちらからご覧いただけます。⇒ 燃費向上グッズ・ガイアパワー・プロ GAIAPOWER PRO GPP380

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!