ヘッドライトの黄ばみを落とす方法 ピカールって何?

ヘッドライトの黄ばみを落とす方法 ピカールって何?

ヘッドライトの黄ばみを落とす方法 ヘッドライトの歴史

 新車の頃はぴかぴかのヘッドライトも、経年と共に劣化します。ヘッドライトのプラスチックの部分が黄ばみ、くすんでしまっている車をかなり見かけます。私の古い車のヘッドライトはシールドビームというもので、劣化すると、くすんだり黄ばんだりというよりは、そのもの自体の発光力がなくなり、暗くなってしまうものでした。今の車は殆どが一体型の樹脂製ヘッドランプを採用しています。車のヘッドライトの歴史をちょっと調べてみたのですが、今までシールドビームが主流だった市場に、1984年、小糸製作所がレンズとリフレクターを樹脂で成型した、オール樹脂製異型ヘッドランプを投入し、一気に横長のヘッドライトが流行しました。これは一番初めに、トヨタ「ソアラ」に採用されています。その後、1987年にプロジェクターランプが登場(市光工業、日産 スカイラインGTS-Rに採用)し、1989年にはマルチリフレクターランプが登場(世界初、スタンレー社 ホンダ アコードに採用)、1996年には、今は当たり前のようになっているHID(キセノンヘッドランプ)が登場(日産テラノ)しています。そして時代の流れでしょうか、2006年には小糸製作所がシールドビーム電球の生産を終了してしまいました。このように、車のヘッドライトの歴史は、日本がけん引してきたとも言えますね。また、このように歴史を振り返るなら、樹脂製のヘッドライトは歴史がまだ新しく、維持管理するノウハウ一つとってみても、様々な情報が錯綜しているとも言えるのではないでしょうか?今回は、とても安上がりにヘッドライトの黄ばみを落とす方法をご紹介します。

ヘッドライトの黄ばみを落とす方法 ピカールって何?

 まずはじめに、この方法はとても安上がりで簡単ですが、結構強力な研磨剤を使います。この研磨剤は石油がベースですが、人によっては気になるにおいを発生します。必要に応じてボディーに傷がつかないようにマスキングをし、心配であれば一度試す素材の目立たない所で試してみることをおススメします。今、ヘッドライトが黄ばんでいる状態というのは、新車の頃のコーティングが剥げ、雨や風や太陽の紫外線によって樹脂が劣化してしまった状態です。鉄で言うと錆のように、表面にもやもやができてしまっているのですね。このもやもや、タイトルで書いた「黄ばみ」は、研磨剤を使って磨くことで落とすことができます。研磨剤も車用とかヘッドライト用というものが専用用品としてカー用品店で販売されていますが、これらはこの用途専門に開発されている商品ですので、比較的割高です。私はいろいろな情報を調べて、現在はこの研磨剤を使っています。名称は「ピカール」です。この商品で仏壇の仏具や、ステンレス製の流し台などを磨くと、とても綺麗になります。同様に、ヘッドライトも綺麗になります。私も何度か乗用車のヘッドライトの黄ばみをこの「ピカール」で取りましたので、やり方をご紹介しますね。

ヘッドライトを黄ばみを落とす方法 やり方

 ピカールはホームセンターで手に入れることができます。アマゾンでも販売されていますが、プライム会員であっても送料がかかってしまいます。お店によっては関東は無料というお店もあります。商品は缶に入っている液状のものと、チューブタイプのものがあります。チューブタイプは150g、缶のタイプには、180g、300g、500g、と3種類のバリエーションがあります。私は仏具も磨きたいと思ったので、300gを買いました。これで十分だと思います。使い方は、ウェスに適量を取り、目立たない場所で一度試してみます。問題がないようでしたら、まずはライトの周辺をマスキングされることをおすすめします。その後、ウェスに適量を取る、磨く、ふき取る、と繰り返して磨いて行きます。磨き粉ではありますが、それなりに力が必要ですし、何度も擦らなければ綺麗にならないこともあって、きちんとやると結構時間がかかります。また、商品には独特のにおいがありますので、手を保護する手袋は必須ですし、通期の良い屋外での作業が奨励です。完璧な状態に仕上げるには、全てを磨き上げた後に専用のコーティング剤でコーティングするといいのですが、このコーティング剤は結構高いので、私はこまめにピカールで磨くだけにしています。これだけで、数か月は綺麗です。ピカールは、トラックの運転手もよく使っています。ダンプやトラックがぴかぴかに磨き上げられているのを見たことがあると思いますが、私の同僚も、このピカールを使って、特にエアタンクなどのピカピカさせたい部分をいつも磨いています。材料費が安く、とても綺麗になるピカールは、自動車用ではありませんが、ヘッドライトの黄ばみを落とす研磨剤としておすすめできる商品です。アマゾンでのページをご案内しますので、口コミ他、ご覧になってみて下さい。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

 

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る