一括査定のデメリット?車買取でしつこい電話を避ける方法はありますか?

一括査定のデメリット?車買取でしつこい電話を避ける方法はありますか?

一括査定 車の買取でしつこい電話がかかってくる

 一括査定 車買取では、申し込みをするとしつこく電話がかかってくる、という噂があります。これは本当なのでしょうか?そして、もし本当なら、車の一括査定を行う際に、このような状況にならない方法があるのでしょうか?業界に長い間身を置いていた私が、買い取る側、自動車業界から見た意見も含め、解説していきます。車を少しでも高く売りたいと思っている方の参考になればと思います。

そもそも一括査定とは?

 車を高く売ろうと思った際に、ディーラーに下取りに出すよりも、例えばガリバーのような車買取店に下取り車を買い取ってもらった方が、あなたの車の価格が高くなる場合が往々にしてあります。これは、自動車ディーラーが独自の「自動車査定基準価格表」という物差しを使っているのに対して、ガリバーなどの買取専門店は、自動車オークションでの落札相場を参考にしているからです。専門店にもいろいろなタイプがあり、例えば「ある程度傷がついていてもいい」「走行距離が伸びていても問題ない」「オプションは特に高く評価する」などの特徴を、それぞれの買取店が持っています。今現在生き残っている買取店は、言い換えるなら激しい価格競争の中を生き残ってきた業者であり、生き残るためのキーワードとして、「他店との差別化」が、大きくあるのだと私は思っています。査定の依頼がある車というのは、新車ではありませんので、それぞれに状態が違います。そして、それぞれの状態に対する評価は、買取店によって微妙に、というレベルではなく、かなり違う場合が多いのです。この、「今の車の状態」と「最高値で買い取ってくれる業者」とを結びつけるのに、車の一括査定はとても有効な方法です。例えば一例を挙げると、私が現役の営業時代に、解体車査定すなわち、査定はゼロ円の車が、これは売れるとの判断から、5万円で入ってきたことがありました。その車はどうなったと思いますか?当時の古いランドクルーザーだったのですが、65万円で中古車販売業者に「業販」という形で売れていきました。中古車業界ではこのような「価値観、相場観の差から生じる価格差」が当たり前のように発生します。それは、どの車種の、どの年式の車で発生するのかわかりません。そこが面白いのです。車種的には、ハイエースのディーゼルバンとか、ディーゼル車全般にこのような傾向が強くありました。この例から考察して考えてみましょう。この車、旧いランクルの価値を、私がいた会社は「5万円」と評価しました。先ほどお話した、自動車ディーラーが基準とする「自動車基本価格表」に則って査定価格を算出すればゼロ円となりますが、「これ、売れるんじゃないの?」という軽い感じで5万円上乗せしてみました、と、これがディーラー査定の限界の価格です。一方で、この車の相場を知り尽くしている、再販するマーケットをガッチリと握っている業者から見れば、80万は固い、100万程度でも再販の見込みがある、と踏んでいると思います。その再販の場所は、大抵の場合は海外の市場です。実に、ディーラーの査定がゼロ円の車に、5万円、65万円、80万円、というような、段々畑のような価格が存在するのです。ここの最高値を引き出すためには、沢山の業者に聞いてみる必要があるのですね。高く売りたいのなら、沢山の業者に聞いてみることが必要、だけど、電話がジャンジャン鳴る状況や、実車査定の段取り、そして最後の価格交渉が面倒だ、という方がいるかもしれません。大前提として、ここまで時間をかけて、遠回りとも思えるご説明をしてきたように、高く売りたいのであれば、沢山の業者に聞いてみる事が、絶対的に必要となります。その段階で、問い合わせへの応対や、やり取りは、必ず発生します。しつこい電話を避ける、という観点から考えて、私は2つの提案をしたいと思います。以下が私の考える「一括査定のメリットをできるだけ電話をしないで受ける方法」です。

厳しい審査をクリアした業者のみが集まっている一括査定サイトを使う

 床屋でも何でも、あなた様のお仕事でもそうだと思いますが、業界全体を健全化するために、独自の組織を立ち上げている業界は多くありますよね。加盟には厳しい審査があって、簡単には加入することができない、そして、もし万が一、大きなクレームや事故を発生させてしまった場合には、組織から除外されてしまう、そのような規約の下で活動している事業者は、苦労する代わりに、「信頼」という、目に見えない大きな価値を手に入れています。中古自動車販売の中にも、これと同じような組織があります。名称はジャドリです。HPには ‘JADRI:日本自動車流通研究所は中古車の円滑な流通を目指し、ユーザと事業者にとって有益な情報を提供します。’と記載があります。このジャドリに加盟している業者しか参加できない車一括買取査定サイトがあります。参加業者は取引の中でクレームがないように、きちんと教育されていますので、アプローチの仕方や価格提示、しつこくするとかいう点に関して、かなり気を使った対応をしてくれるでしょう。はじめ、4か所だけ、車の情報を入力し、自分の連絡先を入力すると、ものの30秒後に、オークションでの落札相場を参考にした「参考価格」を教えてくれます。その後、業者から連絡があり、必要であればその後のやり取りを進めるという段取りです。入力が簡単、すぐにおおよその価格がわかる、業者は全て独自組織ジャドリ加盟店だから安心感がある、という沢山のメリットがあります。その一括査定サイトはこちらです。
 かんたん車査定ガイド

返信をメールでお願いする

 また、返信をメールでお願いすることで、ある程度の電話の数を抑えることができます。この依頼ができるのは、カーセンサーです。完全ではありませんが、こちらの紹介する方法をお取りいただければ、それほど電話がかかってこなくなります。カーセンサーには、これ以外にも、地域に根差しているが故の地域特性を吟味した、一発高値が期待できるという大きなメリットもあります。こちらの記事でご紹介していますので、是非こちらも合わせてご覧下さい。
 車一括査定のデメリットを解決して高く売る方法!

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る