車一括査定 デメリットを解決して高く売る方法とは?

車一括査定 デメリットを解決して高く売ってしまうここだけの方法とは?

車一括査定は高く売れる可能性大

 車を高く売る方法として最近話題になっているのが、車の一括査定サイトを利用する方法です。一括査定とは、一度の申し込みで、ガリバーやラビット、ビッグモーターというような、車買取の複数の会社に買取の依頼ができるとても便利なサービスの事です。いくつかサイトがありますが、全てが無料でご利用いただけます。私たちユーザーは空いた時間を利用して、最低限の手間で最高の買取価格をゲットしたいと願うものですが、一括査定のサイトを使えば、入力は一度で済みますし、わざわざお店まで出向かなくても査定員が自宅まで来て、査定をしてくれる出張査定サービスもご利用いただけます。下取りに出す場合や、一社に限ってお願いする場合とは違って競争が発生しますので、最終的には高額査定をゲットできるケースが増えています。(出張サービスサービスに地域制限がある場合もあります) 次に車を買う場合、今までは自動車ディーラーに下取りに出す方法が一般的でしたが、この車一括査定を使うと、全てがそうだとは言い切れませんが、かなりの確率で下取り価格よりも高い価格の査定が提示されるようです。そのため年々利用者は増加の傾向にあります。私の住んでいる街には、街道沿いにいろいろなお店があります。衣料品関係、コンビニ、食堂、様々な小売店が軒を連ねています。でも、時代の流れと共に、数年でお店が変わってしまう場合がよくあります。しかしその中で、自動車ディーラー各社と、10年以上前に開店したガリバーだけは、閉店することなく、地域に根差した営業を続けています。

車一括査定にもデメリットがある?

 この一括査定、最終的な結果だけを見るならとても満足度の高いサービスですが、お客様によっては少々苦手とされる方もいらっしゃるようです。それは、一括査定に申し込んだ直後から、あなたの元へ沢山の電話がかかってくるからです。私が申し込みをした際には、ガリバーさんとビッグモーターさんがとても早く連絡をいただけました。入力はリアルタイムで反映されますので、本当に早いです。一括査定は数社に査定依頼をしますので、この電話が何本もかかってくることになります。そして、各社の電話口の担当者は、最終的にはあなたの車を何とかして買取したいという思いで、あなたと話をしていますので、場合よってはあなたにとって不都合、あまり気持ちのよくない対応や要求がされてしまうこともあります。この事は、インターネットの悩み解決サイトなどでも散見されます。知っておくべきことは、車一括査定サイトを利用するということは、すなわち、沢山の会社に査定を依頼するということです。そうすれば、沢山の会社から返事が来るのは当然です。私たちの最終目的は、競争をさせて高い買取価格を引き出すことです。担当者同士は見えない所で競争をすることになりますので、場合によっては、契約を早く迫る、であるとか、他社の値段や希望価格をしつこく聞いてくるとか、一度断っても値段を上げて更に交渉してくるとか、本人はわかっていなくても、あなたに不快な思いをさせてしまうケースがあるかもしれません。買取をする会社側も、担当者は生身の人間です。コンピューターロボットではありませんので、競争が発生したり、買取のノルマに追われていたりすれば、どうしても熱くなったり、お客様にご迷惑がかかることを承知でも、強引な手法に走らざるを得ない理由があるのかもしれません。人との交渉事ですから、連絡をしてきた担当者との相性もあるでしょう。とにかく、競争を発生させて高値を勝ち取るシステムであるがゆえに、人と人との関わり合いは避けては通れないという事を、唯一のデメリットとしてご承知おきいただければと思います。

デメリットの解決方法1 厳しい審査をクリアした大手のみに依頼する

 車一括査定サイトの中で、かんたん車査定ガイト というサイトがあります。このサイトを運営する会社は、東証一部上場会社、株式会社エイチーム(証券コード:3662)の子会社である、株式会社エイチームライフスタイルです。日本の中古車の取引は名古屋が中心と言われていますが、この会社も名古屋に本社を置いています。かんたん車査定ガイド の一括査定サイトに参加するためには、JADRI、日本自動車流通研究所という、日本の中古自動車の流通の健全化を推進する組織に属していなければなりません。初めに高値をつけておいて、お客様と契約し、後から「事故歴が発見されましたので減額します」というような、「再査定」、こちらから断ったのに、何度も電話をかけてきて契約を迫るといったような、「しつこい勧誘」などが発覚した場合、この組織から除外される淘汰システムを備えています。かんたん車査定ガイド を利用すれば、このような厳しい審査をクリアし続けている、優良、大手のサイトに車買取をお願いすることができます。また、サイト自体も使いやすくなっており、あなたの車の情報を4つ入力するだけで、即時にオークション相場を反映した価格を知ることができるようになっています。入力後数十秒後に、おおよその価格がわかりますので、その点でもおススメです。かんたん車査定ガイトは、こちらからご覧いただけます。
→ かんたん車査定ガイド

デメリットの解決方法2 メールでのやり取りを希望する

 車の買取、業販、業者間販売での車のやり取りは、私が中古車の営業として現役だった頃は電話での取引が主流でした。今でも業販であれば、電話でのやり取りが主流でしょう。業販、業者間販売にはスピードが要求されますし、電話の方が確実な情報を一早く伝えられるというメリットがあるからです。しかし時代は変化し、インターネットの時代が到来しました。業界でも対応を進めていますが、車買取の一括査定においては、やはり電話での取引が今でも主流となっています。しかし、一社だけ、希望をすればメールでの対応が可能なサイトがあります。それが、カーセンサーです。しかし、完全ではなく、あくまでもこちら側が出した希望を相手が受け入れるというスタイルであり、買取する側に電話連絡の余地は残されています。買取をする側の業者さんも、みなさんネットができるというわけではありません。文字を入力するのが苦手な方も沢山いらっしゃることでしょう。現状では、この制度設定が精いっぱいなのだと思います。私が調べた範囲ですと、この設定で申し込みをすると、ほぼ全てのケースで電話ではなく、メールで連絡をもらえるようです。カーセンサーの申し込み画面から、必要事項を入力する際に、任意項目 ⇒ 連絡時間帯 と辿ると、一行入力できる箇所がありますので、そこへ「メールのみでのやり取りを希望します」と記入してみて下さい。殆どのケースで希望が叶うのですが、どうしてもメールを打てない業者さんや、ネット全般が苦手な方も中にはいらっしゃるようなので、その際は勘弁してあげて下さい。カーセンサーのサイトは、こちらでご確認下さい。
→ カーセンサー.net簡単ネット査定

デメリットの解決方法3 一か所で済ませる

 こちらの方法は、あなたの車が比較的新しくて、人気車種と呼ばれる車であり、高値が期待できるという感触をお持ちの場合にご利用下さい。買取をする側からのお話になりますが、一括査定の依頼が来ると、成約した場合、仲介している会社に対して支払手数料が発生します。そして、競争も発生します。ですが、お客様から直接依頼が来た場合は、とても嬉しいものなのです。比較的新しい車や、人気車の場合は、次に売れることがわかっているので高値で安定してしまい、それほど競争させても幅がないとも言われています。それなら、こちらの方法で試してみるのも一つの手です。具体的な車種でご案内していますが、考え方は同じです。
→ 一つの会社で高値を引き出すここだけの方法

皆様のお車が高く売却できますよう、心より願っています。

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事

こちらも読まれています

10年落ちの車を高く売る方法 

10年落ちの車を高く売る方法 



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る