エンジンオイル交換の目安って、短くないですか?

エンジンオイル交換の目安って、短くないですか?エンジンオイル交換の目安って、短くないですか?

エンジンオイル交換の目安って、短くないですか?

 あなたはご自身の車のオイル交換をどのようなタイミングでされていますか?車検ごと?一年に一回?それともスタンドに言われた時に気に向くままにでしょうか。そもそもオイル交換って、車にとってどのような役割があるのでしょうか?あなたの車はオイル交換をしないとどうなってしまうのでしょうか?量販店やディーラーは自らの利益のために早め早めの案内をしているんじゃないか、なんて懐疑的な事を考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。オイルとオイル交換の正しい知識を身につけることによって、あなたにとっての適正なオイル交換時期を知ることができます。

エンジンオイルの役割

 エンジンオイルにはいろいろな役割があります。みなさんご存じなのは潤滑剤としての役割ですよね。オイルは触ればねばねばしていますから、この粘度でエンジン内部を保護しているんだろうな、ということは誰にでも想像がつくと思います。そしてもう一つ大切な仕事は、エンジンの清掃を行う役割です。エンジンはガソリンなどの燃料を爆発させることによってその力を得ていますが、この過程でスラッジと呼ばれるススが発生します。このスラッジをオイルが清掃しています。スラッジは走行距離や使い方に応じて溜まって行きますので、エンジンオイルを定期的に交換する必要性があるわけですね。また、エンジン内部は高温になると同時に、常に激しい摩擦熱が発生しています。この熱を吸収して放出する役割もオイルは担っています。また、エンジン内部はとてもデリケートにできています。万が一水や空気が侵入してしまうと錆が発生し、その機能を損なう可能性があります。エンジンオイルはこのような防錆の役割もあります。エンジン内は常に燃料による爆発が起こっていますが、その力が漏れないように、金属同士の間に入り込んで、力を逃さないようにエンジン内部を密封する役割もあります。このように、エンジンオイルはエンジンの潤滑以外にも、とても重要な役割を持っているのですね。

オイル交換をしないとどうなってしまうの?

 今までご案内してきたように、エンジンオイルには様々な役割があります。エンジンが使われているなら、爆発の際に生じるカス、スラッジを常に清掃しています。例えば掃除機を思い出していただければお分かりいただけると思いますが、吸い込んだゴミ(スラッジ)がある一定レベルを超えてしまうと、その性能を最大限に引き出すことができないばかりか、掃除機のモーター(エンジン)に悪い影響を与えてしまう恐れがあります。掃除機のゴミを取り出すのと同じように、エンジンオイルも定期的に取り換えてあげる必要があります。

走らなければ取り換えなくてもいいのか?

 エンジンオイルは走らなければ取り換えなくてもいいのか、といえば、決してそうではありません。エンジンオイルは経年劣化で酸化していきますので、使う頻度が少ないからといって取り換えをしなくてもいいというものではないのです。詳しくはあなたのお車の取扱説明書に記載があると思いますが、通常は1年もしくは10,000キロ走行など、早く到達した時期での交換が奨励されています。乗用車の場合は車検は二年ごとですから、車検を取得して一年後には取り換えた方がいいということになりますね。

スタンドや量販店の言うなりでいいのか?

 取扱説明書はあくまでも参考値であって、エンジンオイルの交換時期はあなたの車の使い方によって大きく異なってきます。外国のように、エンジンを一度かけたら高速道路を使ってガンガン走る、という状況であれば、もっと距離のスパンを長くしてもいいと思います。先ほど説明した、エンジンから出るスラッジ、燃焼中のススは、エンジン始動後は特に多く発生します。車の使い方が近所の買い物中心であるような場合は、オイルへの負担も増えますので、若干スパンを早めた方がいいでしょう。また、これは作業をする際に必ず言われるとは思いますが、オイルエレメントは2回に一度、必ず取り換えるようにしましょう。エンジンオイルの性能を最大限に引き出すために、オイルエレメントの定期的な交換は必ず必要です。私個人の感覚ですが、通常の使用範囲であれば、取扱説明書に記載の通りにオイル交換を行えばいいと思います。長い距離を走られる方の場合は、距離のスパンを少し伸ばしてもいいでしょう。逆に、遠出をする機会はあまりなく、近所の送迎や買い物が中心の場合には、距離よりも期間を優先して、定期的に取り換えをするようにしましょう。具体的には車検の月を覚えておいて、この月にはオイル交換、車検時にはオイル交換とオイルエレメント交換をするように、メンテナンスの計画を立ててみてはいかがでしょうか?オイル交換は早めに行っても問題はありません。スタンドや量販店での取り換えも、その時の状況に応じて行えばよろしいかと思います。

無料査定で愛車の値段を調べる【1分】

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る