JAF割引とサービスの有効活用法 両方入っていても損ではないと思います。

JAF会員と任意保険付属のロードサービスは似てはいますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。いちばんいい方法は…

JAF割引とサービスの有効活用法 両方入っていても損ではないと思います。

JAFに入っていると損をするのでしょうか?

 普通にカーライフを送っている方であれば、滅多にJAFのお世話になることはないと思います。ほとんどの方は「10年継続しているけど使ったのは2回位かな」とか、そんな感じではないでしょうか。それに加えて、今の時代は任意保険にロードサービスが付随している商品も多くなってきました。ここで当然ながらの疑問が生じます。任意保険にロードサービスが付いていればJAFを解約してもいいのか?車を買ったけれど任意保険にロードサービスが付いているからJAFに入らなくてもいいのか?そう考えている方は多いと思います。私はJAFに20年以上お世話になっています。長い間会員として過ごしてきて、役に立ったと思うことやロードサービスを利用してみての感想、自分なりのJAFに対する考え方をお伝えしたいと思います。

バッテリー上り4回、レッカー移動2回

 私は実際に隊員さんを呼んでロードサービスを受けたのは6回です。バッテリー上りが2回、ウォーターポンプの破損による自走不能時に、レッカー移動が2回で、いずれも作業は無料の範囲内でしたから、料金を支払ってはいません。JAF会員歴が20年として、支払った会員費はおおよそ8万円です。この費用にサービスが見合っているのか、ということになります。ちなみに私は、2件の自動車任意保険を契約していますが、ロードサービスが付随している契約は、特約を含めてありません。

それ以外の大きなメリット

 私は年老いた親を連れて、年一回温泉旅行へ行くようにしています。ここ数年同じところに行っていますが、そこでかなりの割引をしてもらう事ができます。会員証を提示すると、宿泊料金が一人当たり500円の割引となります。加えて、食事の際にビールが一杯無料となります。いつもカミサンと親二人、合わせて四人でお世話になっています。これだけで仮にビールが500円だとしても、4,000円の年会費がペイできるのですね。更に動物園やテーマパーク、映画館、プール、カラオケボックスやボウリング場、はたまたホテルやレンタカーや毎日使うクリーニング店まで、本当に様々な施設で割引を受ける事ができます。額は小さいかもしれませんが、「塵も積もれば山となる」です。以外と知られていませんが、ガソリンスタンドで割引が受けられる所もあります。
 施設料金の割引に加えて、HPの充実も隔世の感があります。機関紙JAFメイトの充実した情報量は以前から定評がありましたが、それに加えて、今はHPの内容がとても充実してきています。具体的には、沢山のプレゼント企画が随時行われており、HP内は私たちを楽しませてくれる企画で満載です。HPの閲覧には、会員であることの証である16桁の番号が必要になります。

JAFのデメリット

 公平な立場からですが、JAFにもデメリットはあります。一番の大きな点は、サービスの価格だと思います。年間一人4,000円の負担をサービスを受けることなく長年続けていると、人間誰しも「このお金はもったいないな」と思うようになるでしょう。でも、言い方を変えるなら、この価格を値上げする事なく、長年サービスを続けているということは、一つの団体が行っているサービスとして考えるなら、評価できるのではないでしょうか。ロードサービスでは、デメリットになるのかどうか、JAFは個人が入るものであり、任意保険のように車に対して入るものではありません。あなたがいればサービスを受けられますが、あなたの車を奥様が一人で運転していた時に生じたトラブルに関しては、実費となります。牽引の距離は会員の場合15Kmまで無料ですが、任意保険不随の商品には、もっと長い距離をサポートしているものもあります。以前は出張サービス時に「会員になります」と言えば会員になって会員価格でのサービスが受けられたのですが、今はできません。

JAFのメリット

 施設の割引はさておき、サービス自体でもいろいろとメリットはあります。JAFは例えばパンクによる修理というような、特に女性や高齢ドライバーに嬉しい「車のちょっとした困りごと」にも、回数に制限なく対応してくれます。保険不随のサービスの場合、特約であっても契約期間内で一回限りという縛りがある場合があります。また、キーのとじ込みやバッテリー上りなどの状況では有料対応となる場合や、対応ができないという場合もあります。この辺りは、任意保険の規約をよく確認しておく必要があるでしょう。自動車保険のロードサービスは、JAFとは別物位の認識でいた方がいいかもしれません。
 JAFの対応はとても早く、正確です。私は以前離島に住んでいた事がありますが、トラブルの際には提携している修理工場の方が来て下さいました。この時もJAFのネットワークに助けられたものです。技術も確かで、日々進化し続ける車に対応できるよう、隊員たちは毎日教育を受け、自らでも訓練を重ねています。以前の勤務先で、JAFの隊員出身の方と仕事をする機会があったのですが、彼はキーのとじ込み対応の作業には人並みならぬ情熱というかプライドを持っていて、新しい車が発売されると、構造を確認したり研究したりしていたそうです。その中で、自分が使っていたといういくつかの道具を見せてくれたこともあります。また、JAFは隊員教育にも力を入れており、サポートセンターの対応ではないですが、実際の現場をビデオ撮影されて、改善点を指摘されたりした事が何度もあったそうです。先日お世話になった隊員さんにこの事を聞いてみると、今はもうやっていないとは言っていましたが、その姿勢には頭が下がる思いです。

結論

 あなたが今、JAFに入っているのであれば、そのまま継続されることをおススメします。今までお話してきたように、JAFにはロードサービス以外にも沢山の充実したサービスがあります。是非一度、これらに目を通して、実際に使ってみて下さい。その費用対効果に驚かれると同時に、どうして今まで利用していなかったのだろうと思われることでしょう。
 免許を取得して間もない方で、JAFに入ろうかどうかを迷っている方も、是非この機会にJAFに加入されることをおススメします。車を持っていると、うっかりミスでどうにもならなくなってしまう時があります。キーの閉じ込みをすれば、時間や場所によっては数万円の出費となってしまう場合もあります。会員であれば、この費用は無料です。タイヤがパンクしても安心ですし、バッテリーが上がってしまっても電話一本で駆けつけてくれます。また、先ほどからお話しているような特典も、いろいろと受け取る事ができます。機関紙のJAFメイトも、季節ごとに様々な情報を提供してくれます。
 今は、JAFと任意保険と両方の契約で、万全の体制を整える方が増えているようです。JAFと提携する任意保険会社であれば、通常の会員サービスにプラスαの優遇サービスが適用されてとても「お得」になります。JAF会員限定の優遇サービスの内容は、各社によって異なりますので、詳しくはJAFのHPや各保険会社のHPでご確認なさってみて下さい。JAFにはこちらのページからご加入いただけます。是非ご検討下さい。

↓ ↓ click or Tap ↓ ↓

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事

こちらも読まれています

運転中の眠気を覚ます方法

運転中の眠気を覚ます方法



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る