タイヤ交換の悩みを解決!通販で海外製を買えば4本で2万円しない!

タイヤは通販で

タイヤ交換の悩みを解決!通販で海外製を買えば4本で2万円しない!

最低限の費用で維持するには?

 私は自分用に古いランクルと、もう一台、カミサンの買い物兼お出かけ用として、カルディナを持っています。いつもはカミサンがご近所のスーパーに買い物に行く為に使っていますが、一年に一度は実家のある東京まで高速で帰省しますので、メンテナンスはきちんとしなければなりません。ですが、私も毎月ギリギリの生活をしておりますので、車にそれほどのお金をかけることはできず、なおかつこの2台を維持するために、長い年月をかけていろいろな方法を編み出して来ました(笑)。車の維持費はいろいろとかかりますが、その中でも大きな節約ができたものの一つに、タイヤ交換があります。

夏タイヤと冬タイヤが必要

 私の住んでいる地域は冬にはスタッドレスタイヤが必要です。雪はそれほど降らないとは言われつつも、何度かはまとまった雪が降ります。また、朝晩の冷え込みで道路が凍結する場合があり、やはりスタッドレスを持っていなければ、冬は怖くて車に乗る事ができません。都市部の方とは違い、いつものタイヤの他に、スタッドレスタイヤをもうワンセット用意する必要があるのです。履き替えの必要な地域では、普通のタイヤを夏タイヤ、スタッドレスタイヤを冬タイヤと言って区別しています。冬タイヤはゴムが劣化すると性能が劣りますので、早ければ3年、遅くとも5年程度で買い変える必要があると言われています。

普通に交換すると大きな出費に

 こちらの地域では、ローカルテレビの番組や職場での挨拶の中で、季節ごとに「もうタイヤ交換は済みましたか?」という挨拶がされるほど、タイヤ交換が季節の生活の一部となっています。ですが、タイヤ交換はタダでできるものではありません。工賃もかかりますし、経年してゴムが劣化すれば交換時期ですし、もちろんタイヤの溝が減っていれば買い換えなければなりません。車の維持にあたって、タイヤ交換はかなりのウェイトを占めるものになっているのです。
 誰もが買わなければならない商品ですから、その市場は活性化しています。スタンドや整備工場では、早めの取替が奨励されています。でも、奨励されるがままに買い換えを行っていると、とんでもない出費になってしまうのです。私のカルディナのタイヤサイズはプリウスの標準サイズと同じ 195/65/15 です。これを、スタンドで販売されているタイヤに取り換えるとすると、いくらになると思いますか?スタンドは通常、収益性の高いタイヤを販売します。これは商売上当然のことです。私はタンクローリーの運転手時代に、時々スタンドで販売されているタイヤを観察していましたが、私のサイズは税込みで一本20,000円程度のものが主流です。その他に、タイヤを取り換える場合は、脱着工賃、組み換え工賃、取り付け工賃、廃タイヤ処分料の負担が必須で、これらが最低でも一本あたり2,000円程度必要になります。その他にも、お店によっては窒素充填やバランス調整、バルブ取替なども勧められるかもしれません。タイヤによっても違うので一概には言いきれませんが、普通に国産有名メーカーの一流商品を購入するとなれば、10万弱の出費を覚悟しなければなりません。

新しい形 ネット通販

 近年タイヤもネットの通販で販売されているのをご存知ですか?何にしてもそうですが、タイヤのネット通販も大量仕入れと薄利による大量販売が大前提の商売です。私たちには若干取り組みにくい要素もありますが、それ以上に価格面でのメリットは大きなものがあります。私は今まで3セット購入してきて、その便利さと価格の安さを実感しています。とにかく安いのです。製品は海外製です。中国製や韓国製を中心に、様々なブランドが存在しています。私たちは日本人ですから、日本の製品を使いたいと思いますよね。もちろん私だって同じで、家電製品は日本製を使っていますが、悲しいかな、近年は海外製品の品質も、何ら日本製のものと変わらなくなってきているのです。私はこの通販で購入した中国製、韓国製のタイヤを装着して、高速道路をそれなりのスピードで走ることもありますが、何ら問題なく使う事ができています。気になる価格ですが、先ほどのサイズ、プリウス標準の 195/65/15 で、今現在、1本2,310円のタイヤが販売されています。送料が一本あたり1,000円かかっても、4本で13,240円です。これが家に配達されて、取り付けをするのですが、そのシステムもきちんと整っていて、サイト内であなたの家の近くの提携取り付け店を探す事ができます。提携しているお店に持っていけば、15インチなら一本1,800円の工賃で取り付けしてもらう事ができます。タイトルには2万円しない、と書きましたが、私は買ったタイヤをスタンドに持ち込んで、組み換えとバランスと廃タイヤ処理だけをお願いし、自分で取りつけを行っているので、そうすると、2万円以下で新品タイヤを手にする事ができます。

メンドクサイならこの方法!

 今まで説明して来た方法は少し面倒という方もいらっしゃるかもしれません。取付店を探す、工賃を確認する、取付日時を決める、商品を購入する、自宅に届いたタイヤを取付店に持ち込んで交換してもらう、というステップにどうしても抵抗がある方に向けて、新しい方法が確立されています。それは、こちらのタイヤ販売店がおススメしている、「タイヤピット」を利用した方法です。こちらのタイヤ販売店、AUTOWAY LOOPから「タイヤピット」をご利用いただければ、1,取付店を探して 2,気に入った商品を取付店に送って 3,取付に行くだけ! で、新しいタイヤを格安で購入する事ができます。工賃は全国統一ですから明確で、受け取りのストレスや車への積込みも必要ありません。是非一度、この価格とシステムを確認してみて下さい。
⇒ 輸入タイヤ直販店 AUTOWAY

実際にご購入いただいた方の声

 公式ページに寄せられている声です。全く問題のない商品である事がご理解いただけるかと思います。

今回はインプレッサの3回目の車検のために交換した。ドライで約70Km、ウエットで約30Km走った。主に女房と娘が使っているので高速とか限界性能とは無縁な乗り方では全く問題ない。送料、工賃込みでも国産ブランドの半額以下。グリップ、乗り心地、騒音も新車装着の国産と変りなくコストパフォーマンスは最高。

少々腰の弱さを感じますが乗り心地のよさを考えると納得できます。手組みした印象ではトレッドもサイドもしっかりとした造り、バランスもとる必要なく静かで良い走り。

さきほど、ショップへ取り付けお世話になってきまして、高速で帰ってきての感想ですが、よかったです。なんといっても見栄えがピカピカで、デザインがタイヤの溝のパターンが昔ミシュランを買ったときのパターンに似てて、高級感があって、いいです。乗り味もやわらかく、転がり抵抗も少ないフィールがしました。目が新品でタイヤ径のトータルの長さが長くなったので、ちょっとトルク感があたりまえで減りましたが、燃費は稼げる予感はします。これで、耐久性もよさそうなので、激安だと思います。奥さんのフィットもこちらお店のネットのほうでお世話になり、4年はいけそうな予定です。おくさんはちなみに3年ほど前に買ったネクセンでした、たしか。

あなた次第です!

 どうしても海外製には抵抗がある、という方もいらっしゃると思います。実際私もその一人でした。ですが、このタイヤ通販を利用してみて、今の私の気持ちは、価格の安さには敵わないという思いに変化しています。商品がデリケートなものであれば、日本製へのこだわりもありますが、商品はタイヤです。各国できちんとした決まりがあり、きちんとした工場で製造されている商品です。10年も20年も使う商品であるならともかく、タイヤは早ければ2-3年で新しいものに取り換える必要がある商品です。最後の方の口コミにもあるように、常に新しいタイヤを履いているというのは、とても気持ちの良いものです。取り付けや配送の不安もあるかもしれませんが、それははじめだけです。一度サイトに行ってみて、新しいシステムである「タイヤピット」をご覧になってみて下さい。今までタイヤ通販のネックであった配送や取り付けの問題が全て解決されています。繰り返しになりますが、いつも新しいタイヤでいられることは、とても気持ちのいいものです。是非一度、タイヤ通販の価格面でのメリットを体験なさって下さい。

公式サイトはこちらです

⇒ 輸入タイヤ直販店 AUTOWAY

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事

こちらも読まれています

new_style_car

未使用車を簡単に探す方法



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る