軽自動車に買い替える 追金を少なく代替する方法

軽自動車に買い替える 追金を少なく代替する方法

軽自動車に買い替える 追金を少なく代替する方法

 車の維持にはお金がかかるので、新しい選択をする方が増えています。それが、軽自動車に買い替えるという選択です。今の軽自動車は軽とは思えないほど乗り心地もよく、室内も広く、一昔前に比べると格段に性能が上がっています。特に大きなメリットは税金面のお得さです。普通乗用車が年間39,500円もの自動車税を課税されるのに対して、軽自動車は最近見直しがあったにしても、10,800円で済みます。また、タイヤやバッテリー、オイルやワイパーブレードなどの消耗品も、サイズが小さいので普通車よりもかなり安く済みます。同様に車検代も安くなります。この辺りを考えて、今までの普通乗用車から軽自動車に買い替える人が増えています。地方に行くと一人に一台車が必要という地域も多い日本ですが、地方に行けば行くほど軽自動車の存在感が増しているのはこのような理由からです。

軽自動車のデメリット

 軽自動車にはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。燃費がかなりいいと思う方も多いと思いますが、実際には車体の重さとエンジンのポテンシャルから、日本の公道ではふかし気味になることが多く、結局はそれほど変わらないか、乗り方によってはコンパクトカーよりも悪くなるケースもあるようです。カッコイイ車体の軽自動車も増えていますが、スライドドアなどを搭載している場合には、それだけ重量が増しています。ある程度の強度を確保できなければ商品化できないことから、車の重量とエンジンとの総合的なバランスが今一つの車種もあるようです。小さなボディーで重量がある、小さなタイヤで普通車と同じ走りをする、普通車と同じ道路を普通車と同じように走る、ということで、全く普通車と同じように使えるかと言えば、それは完全ではありません。根本的に小さいですし、造りに関しても重厚感を出すのはとても難しいので、それなりの感触しか得られないという意見もあります。そして、私が一番危惧しているデメリットは、価格面です。軽自動車の新車は、今流行のタイプだと車両本体で160万円程度するものがザラにあります。そして、軽自動車は人気があるので、値引きをしなくても売れることから、普通車のような20万、25万といった車両本体価格からの値引きは期待できません。人気車種であるならなおさらです。でも、やはり維持費やその他もろもろを考えると軽自動車がいい、そう思っているあなたにとっておきの方法をお伝えします。

下取り車を他に売る

 今お使いのお車はどうされるご予定でしょうか?例えば3万円とかで下取りします、と言われて、そのまま下取りに出されますか?下取りに出すということは、注文書に「査定料」や「下取り車手数料」などの名目で諸費用が増えます。この二つで、会社によっては一万円以上になる場合もあるでしょう。これは車を買い替えるにあたっては仕方のない手数料です。販売側の利益の一部となっているからです。この下取り車を一回「なし」にして、再度見積もりをしてもらってください。そうすることにより、新車の値引き額がはっきりとわかるようになります。販売会社によってこの辺りの表記の仕方が違いますので一概には言えませんが、とにかく、一度下取り車を外して見積もりを取ってもらうことは、値引きの額をはっきりとさせる意味でも有効です。そして、今お使いのお車を、市下取りではなく、買取の査定に出します。パソコンやスマホで簡単にできる一括査定というシステムですが、ここで二か所ご紹介しますので、あなたの状況に合わせて使い分けてみて下さい。まず、とにかく早く値段を知りたいと思っている方には、こちらのサイトをおすすめします。→ かんたん車査定ガイド こちらはとても簡単にあなたが今お使いのお車の査定目安額を知ることができるサイトです。あなたのお車の情報、具体的にはメーカー名、年式、車種名、走行距離を入力すると、ものの1分ほどで最近のオークションの落札相場を参考にした、査定見積もり価格を知ることができます。その価格に対して、更に価格を引き上げたい、価格を確定してほしいのであれば、オファーのある買取査定業者とコンタクトを取って、その後のお話を進めて下さい。何社かに見積もり依頼ができますので、買取価格を競争させ、一番高いところに買取をお願いできるというシステムです。こちらは業界独自の組合に加入している大手しか参加することができませんので、連絡後のしつこい電話、勧誘に悩まされることもありません。とにかく簡単にある程度の価格を知ることができるという点では、こちらのサイトをおすすめします。→ かんたん車査定ガイド
 もう一つのお店はカーセンサーです。カーセンサーは独自のシステムで、全国に幅広いネットワークを持っています。地元に根差した商売をしている業者が沢山登録されており、地方ならではの買取価格を一発で提示してもらえると評判です。システムからすぐには答えが返ってきませんが、地元の登録業者に安心して買取査定を依頼することができます。また、連絡時間帯なども指定できますし、連絡欄から「連絡はメールでお願いします」と伝えれば、ある程度は希望を聞いてもらえます。独自のニーズを捉えて、積極的に買い取りをしている業者が集まっていますので、高値を期待している方にはおススメのサイトです。カーセンサーはこちらからご確認下さい。→ カーセンサー.net簡単ネット査定
 また、以上の二つのサイトでも価格がつかなかった場合は、こちらのサイトの業者であれば、部品の海外輸出なども視野に入っているため、必ず手数料はなしで引き取ってもらうことができます。車種によってはかなり高くなるケースもあります。こちらも合わせてご覧下さい。→ 廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

結論

 軽自動車は人気があるがゆえ、それ程大きな値引きが期待できません。その中で、追い金を少なくして手に入れたいのであれば、今お使いのお車をいかに高く売るか、ということになってくると思います。各サイトのメリットをご案内しますので、状況に合わせてお尋ねになってみて下さい。

すぐに価格を知りたい
→ かんたん車査定ガイド

地元に根付いた業者に売りたい 高値を期待したい
→ カーセンサー.net簡単ネット査定

以上2社で価格がつかない 処分を無料でしたい
→ 廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

 以上のサービスを組み合わせながら、あなたのお車を最高値で売却することによって、追い金を少しでも少なく、軽自動車を買うことができると思います。これらのサイトが皆様のお役に立てれば幸いです。

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る