新車の下取り価格が5万円 もっと高く売る方法

新車の下取り価格が5万円 もっと高く売る方法

新車の下取り価格が5万円 もっと高く売る方法

 新車の下取り価格が5万円 もっと高く売る方法。新車の購入を検討している方は、殆どの方が今までお使いの愛車を、新車を買うディーラーに下取りに出されるのではないでしょうか?これいいな、と思った新車の見積もりを取ると、驚くべき結果に唖然としてしまう事もしばしばです。車の買い替えというのは滅多にないことだと思いますので、自動車ディーラーから出される見積もりなりに注文してしまう方も多いのですが、実は新車の下取りシステムの裏には、大きな落とし穴があります。こんな事を言っている私は、東京港区に本社がある、日本で五本の指に入る規模の自動車ディーラーで中古車の営業を4年、新車の営業を2年、本社で名義変更や新車販売に関する業務全般を6年経験して来ました。現場の悩みも、世界に誇る自動車メーカーの側近、ディーラー本社としての考え方もわかっています。わかりすぎてほとほと嫌になり辞めてしまったのですが、このような形で皆さまに情報を提供できることを嬉しく思っています。

大前提は新車を売ること

 自動車ディーラーの宿命は、新車を売る事です。何が何でも、新車販売が最優先される構造になっています。経理だって、総務だって、保険だって、債権管理だって、そしてあなたが今お使いの車を最終的に扱うことになる中古車の部門だって、新車の販売を最優先に仕事をしています。新車を買ったことがある方ならお分かりいただけると思いますが、新車の営業は新しい車を買ってもらうために、車検という制度を一つの武器にしています。「新車を買って三年後、一回目の車検」「新車を買って五年後、二回目の車検」ここまでの間で、買い替えてもらいたいのです。「今回車検を取ってしまうと、あと二年は乗ることができますが、次回車検時に下取りに出しても、下取り価格がなくなってしまいますよ。それなら今、買い替えた方がお得です。車検も三年付きますし、新車の保証も適用される新車ですから」新車の営業は、このようなセールストークをします。下取り車の価格は、査定基本価格表という冊子になっており、大抵の車は三回目の車検時には価格がなくなるように設定されています。(車種により設定が異なります) 中古車市場での人気や相場などは、全く反映されておらず、経年によって、機械的に価格が減っていく仕組みになっています。例えば、中古車市場を賑わしている人気車であっても、年式と型式から、「下取り査定価格なし」になってしまう可能性があるのです。具体的には、ディーラーで提示された下取り価格1万円の車が、中古車オークションで29万円で取引されている、などというケースはごろごろと存在します。

5万円 微妙な下取り価格の理由

 ディーラーの営業の立場でご説明します。今までご説明してきたように、あまりにも状態が良い車なのに、自動車ディーラーとして査定をすると価格が付かない車があるとします。通常なら下取り価格は1万円か、車検残がなければ1000円です。でも、どう考えてもこの車は中古車市場で売れる車だとします。(見た目や感覚でわかります) ディーラーとしても1万円では申し訳ないという感情になり、次も売る事ができるという前提で、引き取り価格を5万円にします。差額の4万円は、新車の値引き枠を特別に広げる場合や、中古車部門が持つ場合、若しくは特別なキャンペーンなどをしている場合もあります。このように処理がされようとしている場合、新車下取り額が5万円という微妙な価格の場合は、言い換えるなら、あなたの車は解体にされることなく、中古車のマーケット、中古車オークションで再販ができる、しかも1万とか3万とかのレベルではなく、十万単位の金額で取引される可能性がある、ということの裏返しなのです。

あなたも相場を知ることができる

 あなたも、ご自身のお車が、今現在、中古車オークションではいくらで取引されているのかを、簡単に知る事ができます。この価格は、中古車オークションの膨大なデータベースから引っ張ってくる数字ですので参考までにの価格ですが、この価格を見れば、あなたの車の価値は、少なくとも5万円以上あるだろうことがお分かりいただけるかと思います。この価格を参考にしながら、いくつかの買取査定業者に査定をお願いすることができます。査定業者は得意分野が異なりますので、いくつかの業者に交渉する事が、価格を高くする秘訣です。査定をして金額が確定しても、売る義務は発生しませんのでお気軽にご利用いただけます。車の一括査定のサイトはいろいろな所がありますが、こちらは自動車業界独自の組合組織、ジャドリに参加している会社のみが参加できる、かなり敷居の高い所ですので、安心してご利用いただけます。売る、売らないは最終的にご判断いただくとして、車の価格の仕組みが、こんな風になっているのかという事がお分かりいただけるだけでもいいと思います。とにかく、場合によっては、下取り価格とはかなり違う価格が提示される可能性があります。あなたの車のメーカー名、車名、年式、走行距離、を入力するだけで、概算価格がわかります。簡単ですので、是非一度ご利用なさってみて下さい。

⇒ かんたん車査定ガイド

 

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事

いくら位なのか、すぐに知りたい

4項目入力するだけで、すぐにおおよその価格を知ることができます!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る