ランクル40の錆と戦う 旧車と錆

ランクル40の錆と戦う 旧車と錆

ランクル40の錆と戦う 旧車と錆

 ランクル40の錆と戦う 旧車と錆。車検が近くなってきたので、ランクル40の右前ウインカーを修理しました。本来は溶接するのが一般的ですが、道具はあるものの、やはり溶接はメンドクサイので、どうしても簡単なリベット止めになってしまいます。今回も溶接で綺麗にを視野に入れていたのですが、やはり気温30度の中で作業をしていると面倒になり、リベット止めになってしまいました。普通の車、旧車なら問題ありですが、ランクル40だからこれもまたよし、じゃないのかな。とにかく、作業工程が溶接に比べると圧倒的に楽なのがリベット止めです。それ以上に、見た目が悪いです。

鉄板はどこで手に入れた?

 私は10年位前に初めて鉄を扱い、ランクル40の外装を直し始めました。一番初めに困ったことは、材料の鉄板をどうするか?でした。当初はオイルを20リットル買った時のペール缶を加工したり、オイルが4リットル入っている四角い缶を加工したりしていましたが、これらの鉄板はかなり薄いので、もう少し厚いものが欲しいなと思っていました。ですが、木や他の材料と違って、鉄板は普通に扱える材料ではないのか、ホームセンターなどにも売っていません。苦肉の策で考えたのが、リサイクルのスチール家具屋さんに行き、スチール製の棚を譲ってもらう事でした。これはかなり調子が良く、左右のドア下や穴の開いてしまったボディー各所を修理することができました。今回も、その残りを使って、こちらを作成しました。

必要なもの

 鉄を加工するとなると、やはり初期投資が少し必要になります。私が今回使ったものをご紹介しますと、万力、板金用のハンマー、グラインダー、丈夫な皮手、目の保護具、ドリル、ポンチ、サーフェイサー、錆止め、塗装用刷毛、木工用のキリ、ドリルの刃、ディスクグラインダー用砥石、フレキシブル砥石、リベット、などです。一から揃えると、結構お金がかかりますよね。今回久しぶりにグラインダーを出してみると壊れていたので、新しいものを買いました。最近は安いので、ホームセンターの独自ブランドの物を利用しています。

錆止め

 まずは、該当箇所の錆止めです。本来はベルトサンダーを利用してきちんと塗装を剥がし、その上から錆止めをすれば完璧なのですが、私は適当なので、錆の上からワイヤーブラシをかけ、その上から錆びていても大丈夫な錆止めを施しました。これです。

型取りと切断

 次は紙を修理箇所にあてて、どのように修理箇所を塞ぐかを考えます。今回は縦に長いものを2つ作り、これでウインカーを挟み込む事にしました。本来ならウインカーは外して、きちんとやり直せばいいのですが、いかんせんランクル40は錆がひどく、ウインカーを外すことができない、外れてもウインカーを壊してしまいそうな気がしたので、この方法を取りました。完璧なレストアを目指しているのではなく、あと30年程度乗れればいいので、これでオッケーです。用紙である程度の大きさを決め、それを鉄板に写し取り、鉄板を万力で挟んだ上で切断しました。鉄板の切断方法はディスクグラインダーを使用しました。これは本来やってはいけない方法です。鉄板の切断には専用の工具がありますし、この厚みなら専用ののこぎりでも切れそうな感じでしたが、自己責任でグラインダーを使いました。火花が出ますし、途中引っかかったりすると跳ね返ってくるので、厚手の皮手と保護具が必須です。下手をすると、顔や身体に甚大なけがをするかもしれません。鉄板の扱いは、やはり素人がやるものではありませんね。でもやらねば車検に通りませんので、何とか切断し、グラインダーでバリを取り、フレキシブル砥石で塗装を剥がし、再度修復個所に当てて再調整し、形が決まった所でサーフェイサーを吹きました。

リベット止め

 ドリルの刃とリベットが、どの位の大きさなのか当初全くわかりませんでした。測ってみると、5ミリのリベットが何本かありましたので、これをまず使いました。ボディー側の物が5ミリです。5ミリの物がなくなったので、残りは3.5ミリを使いました。手前側が3.5ミリです。ドリルで穴をあけて、リベット止めします。車のボディーにドリルで穴を開けるなどというのは、通常はご法度ですが、あと30年持てばいいので、考えることもなく穴を開け、リベットで固定しました。その上から微調整をします。板金用のハンマーで少し叩いてやると、いい感じに曲がりました。綺麗に行う板金塗装とは全く違うものですが、素人が行うインチキ修理ですので、これで良しとします。ちなみにボディーの色は、トヨタの532という色なのですが、もちろん廃番です。前回は横浜の塗料屋さんに色を合わせてもらったのですが、今回は予算がなくてオーダーできませんので、サフのままでしばらく行こうと思います。

下回りを塗って完成

 最後に四輪ジャッキアップをして下回りに潜り、下回りにシャーシブラックを吹いて完成です。後方のダルマストーブからATMが少し漏れているようなのですが、大丈夫かな。何とか車検に通るよう、今から神頼みです。車検は21日に行きます。

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事

こちらも読まれています

オデッセイの燃費を向上する方法をご紹介します。燃費だけではなく、ライトが明るくなり、オーディオが聞きやすくなり、エンジンの力が増し、エンジン音が静かになる方法!

オデッセイの燃費を向上する方法



テレビでおなじみ

使いやすい!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る