ポン10 下取りに解体車があれば、10万円で引き取ってくれるディーラーがあった?

ポン10 下取りに解体車があれば、10万円で引き取ってくれるディーラーがあった?

ポン10 下取りに解体車があれば、10万円で引き取ってくれるディーラーがあった?

 現在国内市場において、車はそれほど売れなくなってしまいましたが、私がディーラーに入社した昭和の頃は、バブルに向かって突き進んでいる時代でした。トヨタ車が日本国内で一番売れたのが1990年、平成2年です。当時「金がない」と騒いでいた私でさえも、この年の前に発売され、納車待ちになっていたランクル80のVX、マニュアル車を買い、乗り回していました。景気が良かったせいもあり、会社としてもイケイケだったのかはわかりませんが、今では考えられないキャンペーン?が行われていました。キャンペーンだったか、何だったかははっきりと覚えていませんが、このような事が実際にあったことは事実です。

下取り車が重要

 表題のごとくそのままなのですが、新車を買う時に、どんな車であろうと、ポンコツであろうと、とにかく車があればそれを10万円で引き取りますよい~、という事が行われていた時期がありました。パソコンや家電では時々ありますよね。あれの自動車版です。驚くべきはその金額です。なんと10万円です。車ならいいんです。その辺の車でいいんです。(だめか…) とにかくディーラーに下取りに入れれば10万円お値引きさせていただきますよ~ということでした。ディーラーは新車販売が第一ですから、もちろん新車販売に対してのみの特典?です。私の在籍部署は中古車のマイカーセンター販売員でしたので、それほど詳しくはなかったのですが、センター長が大声で毎日電話しているのを横で聞いていたのでわかりました。

どのように処理するのか?

 当時の私の上司、センター長は業販出身でしたので、今考えると面白かったのです。小売りに対する繊細さがない反面、商売人です。日本全国に顧客を持っていて、電話一本でどんな車でも売っちゃうんです。「コロナ買ってよ、55年セダン、パワステなし、2万5千キロ、あずき色のすんなりバリもんだよ、あ、パワーウィンドあるよ」とか何とか。ちなみに当時はエアコン付きはデフォルトではありませんでしたし、オートマチックも半分くらいでしたし、パワステもパワーウィンドもすべての車に装着されている装備ではありませんでした。一緒にいたコミッションの営業の喋り方も一緒に聞いていたので、私はすっかり中古車の売り方が耳についてしまいました。私の上司のセンター長はこんな風にして、どんな車でもどこへでも売ってしまう才能を持っていました。当時私は若かったので、利益に関してはよくわかりませんでしたが、結構儲かっていたようです。コミッションの人などは、給料袋が立つ、って本当なのかよくわかりませんが、そんな噂もありました。とにかく、ポン10で新車販売の方々がキャンペーンだか何だかで引き取ってこられた車を、私たちの部署がこのようにして現金化していたわけです。売れないような古い車は、当然解体屋さんが引き取って解体処理していましたが、売れる要素がある車はこのようにして、中古車部門のセンター長がとんでもない所へ販売していました。

わかること

 当時は景気が良く、ばんばん新車が売れていました。社会全体がイケイケでしたので、このポン10ができたのだと思います。下取りとして会社に入ってくる車はかなりありました。一番多い時で月に2,000台以上が新車の下取り車として中古車部に入庫していました。(解体含む) 当時マイカーセンターが15ありましたので、2000÷15≒133 133÷30≒4 一日4台以上の車がマイカーセンターに入庫していたことになります。センター長は入庫検査(査定書と相違がないかの確認、車の状態のチェック)や、会議などでてんてこまい、いつも忙しそうにしていました。話がかなりそれましたが、とにかく、どのような状態でも日本人が使っていた車ならどこへでも売れるということです。センター長は業販のスタッフとして活躍していた時の顧客相手に商売をしていましたが、今の時代なら輸出をしている外国人や、個人でブローカーをしている人などもかなり存在しますので、更に売りやすいのではないかと思います。このことを私たちに置き換えてみると、私たちが、もう使えないだろう、と思って自動車ディーラーに下取りに出した車が、もしかすると高く売れてしまう可能性がある、ということです。ディーラーで「査定はありませんね、ゼロです。査定費用いただきます」と言われてしまった車も、一括査定に依頼すれば、価格が付く可能性があります。諦めずに、出す場所を変えるだけで、もしかすると数万円得するかもしれませんよ、ということですね。ぜひ、挑戦して下さい!

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る