過走行車を買取 高く売る方法は? 思い込みを外して挑戦!

過走行車を買取 高く売る方法は? 思い込みを外して挑戦!

過走行車を買取 高く売る方法は? 思い込みを外して挑戦!

 過走行車を買取、高く売る方法などあるのでしょうか?実は車を売るという行為の全般に関して、私たちが知らないことがまだまだ沢山あります。この秘密を紐解いて行くと、自動車売買の仕組みがわかり、走行距離が伸びてしまった車でも高く売れるのか?という疑問への答えを出すことができます。ですが、あなたが車を売りたいと思っている業界は、常に状況が変化しています。あなたの車にとって、いい時も悪い時もあるでしょう。一番大切なのは、状況を理解した上で、今までの思い込みを外して、とにかく行動してみることです。それでは、具体的に見ていくことにしましょう。

高く売れる車は、どこにでも高く売れる

 少し遠回しな言い方なのでちょっとわかりずらいかもしれません。解説しますね。あなたの車が、業界の中で人気のある車種だったり、走行距離が年式相応かそれよりも短かかったり、いつも手入れをしているのでとても綺麗に保たれていたり、というような、中古車として売れる要素が完璧に近い形で揃っている場合、あなたの車はどこで査定をしても高値が期待できます。車が買取される際、あなたの車の価格は、同じ車が過去にいくらで取引されているか、あるいは直近ではどのように変化しているか、というデータベースに基づいて、価格が算出されます。例えば春先にはレジャーに使えるタイプの車の価格が上昇するとか、冬になる前には4WDの相場が上がるとか、季節ごとに若干の変化があります。人気車種である、走行距離が少ない、程度が良い、大事に乗っている、などの要素が加わることで、このように会社ごとに若干の変化はありますが、概ね最初から高値が期待できます。売れる条件が揃っている車は、どこへ売ろうとも、一定レベルの価格が期待できます。このような一括査定サイト を使えば、更に高値を引き出すことも可能でしょう。

いろいろな車がある

 中古車の面白いところは、ここからです。同じ車でも、そのユーザーの使い方によって、車の状態は様々に変化します。毎日使っていれば走行距離は伸びるでしょうし、いくら注意していてもぶつけてしまうことがあるかもしれません。地域によっては毎冬融雪剤の上を走ることになる状況もあるでしょうし、島国日本では、海の近くで生活している人も沢山いらっしゃいます。このような「使い方による変化」は、必ず起こるものであり、年式が経過すればするほど、その状況は顕著になっていきます。

他の人はそれほど感じない場合もある

 例えば走行距離のケースを見てみましょう。走行距離に対する価値観の違いは、地域によってものすごい差があります。例えば、東京都内23区のサラリーマンが使っている車の場合は、年間1万キロも走らない場合が殆どでしょう。毎日の生活は公共交通機関を利用し、買い物は自転車で行くことができ、車を利用するのは週末やGW、夏休みや冬休みなどの長期休暇に、レジャーでの使用が殆ど、というような場合、一回目の車検では2万キロ程度の場合が多いものです。これは実際に私が、東京で新車の下取り車を数千百台のレベルで見てきて感じていることです。それに対して地方都市ではどうでしょう。バスは一日に2本、コンビニにも病院にもスーパーにも銀行にも広大な駐車場があり、車なしでは生活できないという地方都市が、日本には沢山あります。私も今はその中の一つの都市で暮らしています。私の義父の車は17万キロ、私の車は8万キロ、中古車展示場に並んでいる車も「タイベル交換済み」などと書かれた車がひしめいています。こちらでは車での生活が当たり前になっており、必然的に車の走行距離は伸びます。そしてここからが大事なところですが、私を含めた、この地方都市に住んでいる人達は、都会に住む人に比べて、走行距離に対する嫌悪感がそれほど強くはなく、距離が走っている事は当たり前、という認識が無意識のうちにあります。過走行、距離を走ってしまった車ということに関して言えば、日本国内で、いくらでもニーズはあるのです。現に、私の住む地方都市では、都市部からの過走行車が多く仕入れられ、実際に販売されています。走行距離に関してだけ言うなら、国内で問題なく再販売ができると考えていいと思います。

さらに、驚くべき現実がある!

 走行距離に関しては、地方でのニーズが強いという事を申し上げました。これが、海外となると、また状況が変わってきます。いい方向へと変わって行きます。私たち日本人は、世界の中でも車をとても大切にする民族です。洗車をし、整備をして、ぶつければすぐに修理をします。走っている車は、とても綺麗ですよね。私たちにとって当たり前のこの光景も、海外の人が見れば驚愕の対象となります。海外では、日本人が見れば「こわれかけている古い車」と呼ばれそうな車が沢山走っています。壊れれば修理して使います。無い部品は制作してしまう場合もあります。とにかく、海外での日本車の評価は驚くほど高く、私たちが想像する以上に、日本の中古車は輸出されているのです。私は日本の中古車が輸出される現場、外国人のバイヤーが買った車をプールし、海上コンテナに詰め込む作業をしている「ヤード」を知っており、いつもここを観察して楽しんでいるのですが、そこに並んでいる車は、日本の中古車市場では到底裁くことができないレベルの車ばかりです。実際にメーターは見ていませんが、とにかく、外観はボロボロ、形は古く、日本の中古車市場では殆ど見かけないレベルの車たちが、「これから海外で頑張るぞ~」と言わんばかりに並んでいるのです。そうです、今、仮にあなたの車に引き合いがなくても、日本の地方都市や、海外であれば、引き合いがある可能性があるのです。

大事な観点

 大切なことは、私たちの車に対する思い込みを全て捨てて、実際に行動することです。でも、やみくもに一括査定サイトに登録したところで、同じような結果が待っているだけです。ポイントは、できるだけあなたが使っている地域に近い所に聞いてみること、輸出をしている人に聞いてみること、そして、できるだけ沢山の人に聞いてみることです。具体的な方法は、こちらの記事をご覧になってみて下さい。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

高額査定を引き出す具体的な方法

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事

こちらも読まれています

new_style_car

未使用車を簡単に探す方法



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る