1月2月3月に車が高く売れる 本当の理由

1月2月3月に車が高く売れる本当の理由

よく言われるけどどうしてなの?

 自動車は決算月に買うと得をする、と言う情報を聞いたことがありますか?実際にテレビコマーシャルでは、「皆様がお住まいの県名+メーカー名」販売店が「決算」と名打って、盛大に広告を出していますよね。私は12年間自動車ディーラーに勤めていましたが、やはりこの1月から3月という時期は、販売サイドからしてもとても大事な時期なのです。そして大事であるからには当然その理由があり、その理由をしっかりと理解することで、私たちは有利に車を売ったり買ったりする事ができるようになります。

決算

 いろいろなサイトなど、様々な情報筋で言われていると思いますが、自動車販売会社は三月が決算月です。抱えている在庫を一台でも多く放出したいとの思いから、様々な戦略で販売活動が強化されます。しかし、決算であることは、今この時期に車を売ったり買ったりした方がいい、という、ほんの僅かな理由でしかありません。私たち顧客サイドは、決算であろうがなかろうが、今乗っている車が少しでも高く売れればいい、また、次に買う車を少しでも良い条件で買うことができればいいのですよね。それだけなら、何も決算月に限らなくてもできます。私は営業時代に、今考えると信じられない額の値引きをして、新車を販売してきた実績があります(笑)。3月に限ったことではなく、年中無休で最大限の値引きをしていました。やればいつだって、大きな値引きはできるのです。1月から3月の間に車を売ったり買ったりするべき本当の理由は、値引きに関してだけなのではないのです。それよりも、もっともっと深いところに、1月から3月の間に車の取引をするべき理由があるのですね。

商習慣

 新車は3月に買うと安い、という情報があります。先ほども申し上げました通り、私は営業で年中無休で最大限の値引き大会をしていました。何故このような事ができたのかというと、いくつかの理由があります。私が新車を販売しろ、と会社から言われた拠点は、かなり特殊でした。これからはRVの時代が来ると読んだ会社は、この専門拠点を作ったのです。そして、私はそこの専属スタッフ兼販売員となってしまいました。今の時代はRVというカテゴリーは消滅してしまったようですが、要するにセダンではなく、家族で荷物を沢山積み込んで、レジャーに行きましょう、というカテゴリーの車です。私がよく販売したのは、ランクル80とか、ランクル70とか、これらのアクティブバケーションとか、ハイラックスサーフとか、そのような車です。これらの車の楽しさをお伝えすると共に販売もしちゃいましょう、という、自動車ディーラーとしてはかなり斬新な拠点でした。そしてそこに、男の若手代表として配属されたのが私。これは会社的には大失敗でした(笑)。そして、上司はかなりやり手の上司でした。その拠点長は部長や専務からかなり買われており、条件面ではほぼ全てを任されていたようでした。他の拠点長がビビりながら上司にお伺いを立てているような条件よりも、遙かにとんでもない条件で、とにかく受注を取っていたのです。何が言いたいのかと言うと、いつだって破格の条件が出る可能性はある、それは三月に限ったことではない、ということです。販売会社の経営サイドに強く紐付いた人なら、最強の条件をいつでも出すことができます。ですが、誰でも重役の親戚であるわけではありませんし、あなたが商談しようとしているお店の拠点長が担当取締役から好かれているとは限りません。

自動車税

 ご存じの通り、自動車税は三月末に車を所有している人に課税されます。「三月に車を買うと自動車税がかからない、安い」という考え方がありますが、これは販売サイドのマジックです。何月に車を買おうとも、車を持っている期間、あなたには自動車税が課税されます。ただ、買い取り業者の場合は、かなり状況が違ってきます。期を跨いでしまうと、自らが管理しなければならない自動車税の納付書の数が増え、処理が煩雑になります。自動車買い取り業者は、できれば期を跨がずに、三月中に在庫を掃きたいという状況になります。必然的に車を売ったり買ったりする状況が増える、活況となる、という図式が成立します。この状況に乗っ取って、オークションに集まる業者も売買を活発にするようになります。

売るなら今の本当の理由

 「三月が決算だから」は表面上の、ディーラー内部の事情を知らない人や、中古車の業界を知らない人が言う、表面上の理由の一つに過ぎません。実はもう一つ、中古車買い取りサイドから見る重大な理由があります。中古車には相場があり、日々その価値は変動しますが、大抵の場合、月ごとに買い取り価格の基本価格は下落していきます。そして、年をまたいでしまうと、その価値は更に下落します。勘の良い方ならおわかりいただけたかもしれませんね。そうです、今は、年が明けて下落してしまった相場が落ち着き、その相場を一年の間で一番長く維持できる期間なのです。数千台、数万台の規模で車を在庫している買い取り業者にとって、車の価値の下落は死活問題なのです。買い取りした車が年を越してしまい、価値が下落するというリスクを一番減らせるのが、今の時期の買い取りなのです。ですから、買い取り業者は今の時期が年間を通して最大の買い取り強化月間となります。

現場は?そしてあなたが取るべき行動は?

 皆様に強くお知らせしますが、車の買い取りは商売です。街道筋の車買い取りの業者が長く商売を続けることができているのは、「この業界は儲かっているから」です。あなたの車の価値がいくら高くても、相手は一円でも安く買いたいと、常に思っています。自動車業界に縁のない貴方は、ご自分の愛車は買い叩かれるものだと思って下さい。相手は商売ですから。ごく希なケースですが、一般ユーザーから買い取った車を転売して、百万円以上の利益が出るというケースも実際にあります。それ程までに、上手く商売をしている買い取り業者は儲かっているのです。1月から3月は、買い取り強化指令が必ず出ています。あなたが車を高く売るためには、何件かの買い取り業者を探し出し、競争させなければいけません。中古車の市場には「暗黙の相場」があり、直近のオークションでの落札価格が一つの目安となっています。通常の買い取りは、この落札価格を上限に行われます。しかし、この価格よりも、もっと高い価格で売りたいのであれば、買い取り業者に有利な今、あなたの車を買いたいと思っている複数の「大手の」業者で競争させなければなりません。競争させてはじめて、買い取り価格は理想に近づき始めます。買取業者が普通である間は、まだまだ粘る事ができるでしょう。少し困った感じになってきたり、態度が少し変わってきても、まだまだです。行けるところまで粘ってみて下さい。執拗に粘っても食いついてくるのが、1月から3月の特徴だからです。相手からしてみれば、今あなたの車を買取すれば、向こう10ヶ月は年式が変わらないのです。これは業者にとって大きなメリット、つまり、食いついてくる可能性が高いと言うことです。そしてあなたにとってみれば、最も有利なのが今の時期の買取依頼なのです。こちらに大手業者が集まる車買取の一括査定サイトをご紹介します。いくつかの業者に査定をお願いする事ができるシステムですので、お気軽にご利用下さい。記入後、オークションの落札相場を知ることができますが、これより上を目指して頑張って下さい。

追伸
 この期間を逃して4月になってしまうと、試乗車や、新車にナンバーを付けただけの完検切れ車、その他、消費者の皆様にとって魅力的な、新車のような中古車がゴロゴロと市場に出回るようになりますので、必然的に貴方の車に対する引き合いが弱くなります。言い換えるなら、粘ることができない、価格が上がらなくなってしまうのです。だから今、なのですね。

⇒ こちらからどうぞ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事

いくら位なのか、すぐに知りたい

4項目入力するだけで、すぐにおおよその価格を知ることができます!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る