アメリカ向け軽トラック買取業者を探す方法

アメリカ向け軽トラック買取業者を探す方法

アメリカ向け軽トラック買取業者を探す方法

 アメリカ向け軽トラック買取業者を探す方法。アメリカでは日本の軽トラックが大人気。外国人は日本の様々な文化、カルチャーに興味を持っていただけるのでとても嬉しい限りです。私たちがアメリカのトラックを見ると「大きい」と思うのと同様に、アメリカの人たちは、日本の軽トラックを見ると「小さい」と思うのでしょう。アメリカは個性を主張する方が多いので、日本の軽トラックは改造がしやすいという事でも人気です。もちろん、日本製ですから、壊れにくい、燃費が良い、そして日本には世界中でも稀にみる「車検制度」がありますので、メンテナンスが良い、かわいいと大人気です。

条件がある

 もう一つ、アメリカで日本の軽トラが流行っている、とても重要な理由があります。アメリカは自由の国ですが、もちろん、国内の産業を守る法律があります。かつて日米間には、自動車の貿易摩擦がありました。苦肉の策として、所さんが宣伝していた「楽ちんキャバリエ」という、アメリカ製の車が日本で販売されていたこともあります。今日本国内で販売されている日本の新車を、そのままアメリカに輸出することはできません。しかし、この法律は、製造から25年経過すると解除となります。日本における初年度登録から25年を経過した車は、輸出がしやすくなるのです。この法律も手伝って、現在日本の軽トラがアメリカでブレイクしているわけですね。

相場は?

 実は私も、将来的に軽トラックをアメリカへ輸出してみたいなと思っている一人です。オークションサイトで見てみると、やはり日本に比べればはるかに高い金額で取引されています。4WDの三転ダンプで程度の良いものだと40万位、普通の4WDでも20万円を下ることはないようです。これらはもちろん、日本ではポンコツ扱い、25年以上経過している車です。しかし、日本からアメリカへ輸出する場合は、10万円を超える送料がかかります。また、お客さんを探すのも大変です。仮に誰もが使える、海外のオークションサイトを利用する場合、落札価格と送料に対して、手数料がかかってきます。入金されたお金を日本円にする、それを引き出す際にも手数料がかかります。かなり大雑把ですが、車両価格と送料を合わせた額の3割程度が手数料として取られてしまうと思った方がいいでしょう。これを考えると、私も今一つ踏み出せないでいます。私と同じことを考えている人は多くいると思いますが、実際に行っている人は殆どがアメリカの方のようですね。中には日本の方で、商売の一環として輸出をされている方もいらっしゃるようです。

どうやって探すのか?

 アメリカ向けの軽トラックを専門に扱っているという業者はいません。殆どの業者が業務の一環として、軽トラの輸出をしている、という形態で取り組んでいます。輸出は英語のスキルや、関税に関する書類作成、相手とのやり取りなど、様々なマスターすべき事柄がありますので、初心者が簡単に取り組めるほど甘いものではないのですね。また、先ほどのオークションサイトも初心者にはかなり厳しい決まりがあり、軽トラを扱えるようになるまでには、沢山の取引をして、取引金額のステータスを上げていかねばなりません。でも、輸出を専門に行っている業者はいます。あなたが軽トラックを持っていて、高く売りたいと思っているなら、間違いなく、この人たちが一番高く買ってくれることでしょう。問題はどうやって探すのか?ということですよね。それは簡単です。

特化したサイトを利用

 その答えは、沢山の業者にオファーをすることです。そうすれば、必ず興味を持ってくれる業者が出てきます。この時、普通に紹介されている一括査定のサイトをお考えになる方も多いと思いますが、ごく普通の一括査定サイトではそれほど強い引きは得られません。殆どの業者はオークションでの転売を考えています。オークションで落札される額から彼らの利益、オークション利用手数料、一括査定からの情報提供料などを差し引くと、それほどおいしい商売にはならないからです。高く売るためには、オークションで軽トラを買いたいと思っている業者、先ほどの例で言うなら、落札者に直接オファーができるような仕組みの所に、あなたの軽トラを出す必要があるのですね。最もこの状況に近いのが、カーセンサーです。カーセンサーの一括査定には、オークションに依存しない、直接お客様と対峙している業者が集まっています。かなり多くの数の業者に依頼ができる、地元の近所の業者にも依頼できる、という大きなメリットもあります。カーセンサーはお客様に対して直接車を販売する雑誌ですから、一括査定には、そこで商売をしている方が集まっています。良心的な業者、地元に根付いた商売をしている業者が多いのが特徴ですが、言い換えるなら、様々な商売の形態を考えていて、軽トラックに限らない「輸出による商売」も行っているという業者さんがいらっしゃる確率が最も高いのが、ここ、カーセンサーなのです。私たちが買取業者を一軒一軒回るのはとても大変です。また、輸出を専門で行う業者を探すのも一苦労です。カーセンサーによる一括査定なら、一度の入力であなたの軽トラの実力を知ることができます。こちらからお試し下さい。⇒ カーセンサー.net簡単ネット査定

とりあえず相場を知りたいなら

 こちらの一括査定サイトでは、あなたの車と同じ車が、直近オークションではいくらで落札されているのか、参考の価格を知ることができます。その価格を参考に、一括査定に申し込みできます。こちらで価格が表示されるようでしたら、脈があるという証拠でもあります。一度相場だけでも見てみたいという方にはこちらがオススメです。一括査定をしたからと言って売却の義務は発生しませんので、ご安心下さい。 ⇒ かんたん車査定ガイド

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る