車査定 一括査定のメリットやデメリット しっかり理解しよう!

車査定 一括査定のメリットやデメリットをしっかり理解していますか?

車査定 一括査定のメリットやデメリット しっかり理解しよう!

 車を下取りに出す、新車に買い替える、新しい中古車を買う、転勤で車が不要になったので処分したい、など、今乗っている車が不要になるケースはいろいろとあります。車関係のサイトを見ていると、「それなら一括査定が一番!」と、いくつかの一括査定サイトが紹介されていますよね。羅列されている中の3箇所で査定してみましょう!と言われてみても、果たして今より高く売れるのか、ディーラーやこれから車を買おうとしている所ではない会社に今の車を出して大丈夫なのか、しつこくされないのか、電話がジャンジャン鳴って大変なのでは、私に対応できるか、どの位の価格の差があるのか、などなど、不安は尽きないと思います。長い間営業をしていて、個人的にも数々の売却を経験している私からのアドバイスとしては、一括査定は確かに高額査定が期待できますが、買いたい側と売りたい側、両方の側面から公平に考えるに、一括査定をご利用いただくには、向いている方と、向いていない方がいらっしゃると思います。今、売ろうとしている、まさしく査定をしようとしている車の状態にもよります。仮に向いていない方が簡単な一括査定に申し込んでしまうと、とても大きなストレスを抱えることもあります。一括査定のメリットとデメリットをしっかりご理解いただき、最終的に、皆様がご希望される状況に一歩でも近づくことができますよう、様々な側面からアドバイスさせていただきますね。

車一括査定のメリット

新車の商談の場合

 一括査定のメリットは、いろいろなサイトで言及されている通りです。数多くの買取り業者から見積もりを取ることによって、あなたの車の最高値を引き出しましょうね、というシステムです。何故高く売れるのか、ということを考えてみましょう。あなたがもし、新車が欲しくて、新車の見積もりを出してもらっているとします。自動車販売会社は、新車を売ることである程度の利益を出す事ができます。値引きの幅も当然ですが、自動車ディーラーというのはその構造上、メーカーから「ある程度の数を販売して下さい」という数字をもらいます。この数字をクリアする事もディーラーとしては大きなポイントとなりますので、とにかく、「新車を販売する」という事が商売としての大前提なのです。
 自動車ディーラーにももちろん中古車部はありますが、かつて私が所属していたマイカーセンターも、自分の利益を出すことも大切ですが、それ以上に、「新車を販売するために支援する」という姿勢が影では求められています。組織ですから、マイカーセンター自体にも販売数や利益の目標はありますが、それを達成するのはもちろん、同じくらいのウェイトで、新車販売支援の姿勢が求められるのが現実です。
 自動車ディーラーの査定額というのは、この狭間でいつも揺れています。どのような状況になってるのかを考える時には、中古車マイカーセンター長の立場になって考えてみると解りやすいです。新車を販売したい、新車の商談を支援したい(査定額の上乗せをしてあげたい)、でも一方で、自分でも利益の目標をクリアしなければならない、という、相容れない現実的な問題があるのです。ここを考えながら、あなたの車の査定額は、どこまで上乗せができるかどうかが、決められて行きます。あなたの車の最終的な価値は、新車の商談をしている営業の上司である所長と、中古車部門の責任者とで決められます。あなたの車が誰もが認める完璧な状態であれば、高値を期待することができるでしょう。しかし一方で、走行距離が伸びていたり、年式的に古かったりする場合や、オプションがいろいろと付いている場合でも、機械的に評価がされてしまい、価格がある所以上に伸びることはないのです。

車の一括査定にメリットを見い出せるのはこんな場合

 それに対して、一括査定はどうなのでしょうか。まず第一に、構造的な面から考えてみましょう。新車の商談でのあなたの車の下取り価格は、新車の営業所長とマイカーセンター側の責任者とで決まると申し上げましたが、一括査定を行うと、沢山の人の評価を得る事ができます。あなたの車に、違う側面から価値を見出してくれる人を捜す事ができるのです。例えば一つの例として、あなたの車は15万キロ走行しているとしましょう。自動車ディーラ側から見れば、あなたの車には、「過走行車」というレッテルが貼られてしまいます。自動車ディーラーのマイカーセンターで販売される中古車は、高品質をうたい文句にしている場合もあります。距離を沢山走っている車は故障しやすい、という考えがやはり捨てきれません。例えばですが、少ない走行ではなかなかない故障、楽しい家族でのドライブ中にウォーターポンプが壊れて水漏れし、途中で走行不能になり、レッカー移動、旅行の日程は大幅に狂い、レンタカーを何とか手配して帰宅、というような、ユーザーにとっては一生のトラウマになるような故障に繋がる可能性が高くなるのです。ディーラーの中古車部社内では「過走行車を売ろう」というようなキャンペーンもされていますが、いくら事前の整備を完璧にしても、保証が付いている旨をうたっても、15万キロ走行の車を、ディーラー中古車販売店の一番いい場所で小売販売するのは難しいのです。ディーラー経営側としては何とかしても売りたい、でも、現場としては売りたくない、そんな状況はもう、何十年も続いています。

最後の一押しができない、隠れた理由

 そしてディーラーの下取額決定の大きな要因として、15万キロ走行している車を無理やり仕入れなくとも、(この場合は、査定額に上乗せして新車の下取りとしてディーラーに入庫するということですね) 次々に新車の商談が発生し、今以上に程度の良い下取り車が入ってくる可能性というものが、新車を販売する自動車ディーラー内にはある、という構造的要因があります。この現実が、おそらく、いや、かなり、ディーラーの中古車販売側の責任者にはありますので、必然的に15万キロの車の査定価格を上乗せする事はできなくなっているのです。

それが一括査定だと

 15万キロの車が、新車の商談において、言葉には決して出されることなく、最後の一押しの要望叶わず嫌われてしまう一方で、新車の下取りではない、中古車業界では、様々な商売形態が確立されています。新車ディーラーは新車の販売が第一で、新車を販売する事で大きな利益を得ていると申し上げましたが、中古車業界の人達はどうでしょう。その名の通り、中古車の販売が全てなのです。彼らは「仕入れて販売」「仕入れて販売」を繰り返すことで利益を得ています。もちろん、商売ですから、いい時もあれば悪い時もあります。でも、基本的には生き物が息をして、食べているのと同じように、「中古車を仕入れて、販売して」命を繋いでいます。食べ物は美味しいものにいつもありつけるとは限りません。多少気に入らなくても、食べていかなけば命を繋ぐことができないのです。
 距離に関して言えば、都市部と地方都市とでは、未だにその感覚に大きな温度差があります。都市部では嫌われる過走行車でも、地方都市であれば立派に商品として成立するという現実があります。私は現在地方都市に住んでいますが、中古車販売店の展示場に2-3万キロというような、都市部の感覚で言う「程度の良い車」が並んでいる事は殆どありません。15万キロ程度の走行でも、人気車種であれば、平気で一番いいスペースに展示されています。地方都市ではどこへ行くにも車が必要なので、必然的に走行距離は延び、そこに住んでいる人達は、メーターが回る事に対して全く抵抗感がないのです。これは一つの例ですが、中古車業界には、何とかして生き延びるべく、様々な工夫をし、視点をずらして、商売をしている人達が山ほどいるのです。彼らは、「程度の良い過走行車」が「比較的安い価格」で仕入れることが可能である、ということを知っています。このポイントは走行状態に限りません。シフトのパターン、色、グレード、年式、オプションの有無、など、中古車の価値を左右すると言われる、全ての面で当てはまります。ということは、言い換えるなら、あなたの車がディーラーや買取業者を含めたその他の場所で価値が認められなくても(査定価格が低くても)、一括査定をすれば、あなたの車に価値を見い出し、今の価格以上に査定額を付けてくれる業者が見つかる可能性が高くなるのです。今の査定価格に満足ができない場合は、一度一括査定をされる事で、買取価格を高くすることができる可能性が高くなります。でも、注意して下さい。一括査定には、デメリットもありますので、申し込みをするにはきちんと理解してからにしましょう。

一括査定のデメリット

 沢山の業者にオファーする訳ですから、当然ながら沢山の業者から電話がかかってきます。業者によっては備考欄などに、返信はメールでお願いします、と書いた場合でも、電話がかかってくる場合もあるでしょう。先ほどもお話しましたが、業者の中には、あなたの車を買取りできなければ生きていけない、というような状態である場合もあるかもしれないのです。例えが悪いかもしれませんが、言い換えるなら「彼らはそれだけ必死なのです」。あなたはもしかすると、新しい車購入時に営業に値引きを要望されているかもしれません。(もし違っていたらごめんなさい) それと同様、あなたに対して、詳しい車の状態を何度も確認したり、希望価格の折り合いを迫ったり、自分側に何としてでも売却して欲しい旨の電話が多くなる事をご理解いただきたいと思います。また、あなたのお住まいや業者の状況にもよると思いますが、高額になればなるほど、無理をして頑張った価格を出せば出すほど、「最終的には」現車の確認をしたいとの要望がなされるケースも多いです。大切な休みが潰れてしまいますが、できるだけ折り合いをつけていただき、最高値を納得の上で出してもらうため、また、トラブル防止のために、大切なお時間だとは思いますが、ご協力いただければと思います。

もう一つの方法

 一括査定が面倒な場合は、比較的大きな規模の中古車業者に直接依頼して、「こちらにだけ依頼していますので」と、聞いてみるのも一つの方法です。やり取りは一度で済みますし、相手も信頼してもらえているという安心感から、高値をつけてくれる場合もあります。万が一こちらで金額に納得ができなかったのなら、その理由をキチンと説明してもらい、次にこの情報を元に一括査定を申し込んでみる、というのも一つの方法です。

たいせつな視点

 私が業界に入った当時、商売は電話のみでしたから、その恩恵は限られた中古車売買人にしか与えられていませんでしたが、今はインターネットとシステムの普及により、誰もが簡単に「高く売りたい」とオファーする事ができるようになっています。このシステムを上手にご利用いただき、お互い気持ちよく、お取引をいただければと思います。一括査定は思いの他高額が出てくる場合もありますし、場合によってはディーラーの査定の方が高いというケースももちろんあります。でも、一度は聞いてみる価値があると思います。一括査定に登録されている業者は、審査を通った業者ばかりですから、安心してご利用いただけます。車の売買で一番大切なことは、あなたの車の価値を無理やり押し付けるのではなく、納得の上で評価してもらえる業者、人、を捜すことです。あなたに最善の結果がもたらされますよう、心からお祈り申し上げます。

おすすめの買取り業者 単発編
老舗、大手だから安心。女性に優しいと評判です。
おすすめの買取業者 一括査定編
大手業者だから安心。驚きの結果も。

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事

こちらも読まれています

車 あまり乗らない

車 あまり乗らないのは良くないのか?



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る