車一括査定のデメリット しつこい!には理由があった  回避して高値ゲットする方法

車一括査定のデメリット しつこい!には理由があった。回避する方法

車一括査定のデメリット しつこい!には理由があった

 車の一括査定をすると、沢山の業者から電話がかかってきます。システムは一括で査定をするためのものですので、これは仕方ありません。しかし、一度断っても、しつこくされてしまうのではないかと心配になっている方もいらっしゃることでしょう。この「しつこい」は、どうして起こってしまうのでしょうか?また、一括査定のメリットを享受しつつも、依頼する私たちサイドであらかじめできる対策はないものでしょうか?新卒で干支一回りの間、業界にどっぷりと浸かっていた私が、一括査定の仕組みと、どうしてしつこくなってしまうのか、相手の状況から、具体的に今すぐ取り組むことができる対策までをご案内いたします。

構造上の問題があります

 車の一括査定はユーザーの私たちにとって確かに便利なシステムですが、業者側からすれば、一長一短があるシステムです。いいところはもちろん、大きなシステムですので、自らが決してアプローチできないような顧客に出会える可能性があるということです。車の買取業者は、車を買い取ることがまず食っていくための第一段階です。私たちがご飯を食べなければ死んでしまうのと同じで、買取をしなければ生きていくことができません。この買取ができなければ会社として死活問題ですので、自らの力の及ばない所を助けてもらう意味で、一括査定に参加しています。ところが、このシステム、ただではありません。あなたが一括査定を申し込み、業者にあなたの車の情報が流れた時点で手数料が発生します。一括査定ごとにいつの時点で、どの位という金額が設定されていますが、とにかく、かなりの手数料を支払わなければならないのです。この事が頭にあるので、各業者は必死になって、依頼者であるあなたに電話をしてくるのですね。断っても断っても、車を渡してお金を受け取ったと言わない限り、何度でも電話してくる担当者がいるかもしれません。それは裏を返せば、あなたの車が市場で魅力的だという事でもあります。でも、あまりいい気持ちはしませんよね。

私たちにできる対策1 組合に参加している業者のみで一括査定

 業界も対策に乗り出しています。車の売買のトラブルを防止するために独自の組合組織を作り、取引の健全化を強く推進しています。一括査定の中には、この独自の組合組織に参加している業者しか参加できない所があります。こちらの一括査定サイトなら組合が指導していますので、気分が悪くなる程しつこくされる事はありません。しつこくされるのが嫌、何度も断るのが面倒だ、と思われるのであれば、こちらの一括査定をご利用下さい。
⇒ かんたん車査定ガイド

私たちにできる対策2 オークションで転売 ではない業者を探す

 一括査定に参加している業者は多くが買取業者と呼ばれており、車を安く買取して、オークションでより高く転売することで利益を得ています。大手の一括査定サイトを使うと、殆どの場合はオークションでの転売を前提にした買取となります。業者であれば直近オークションの相場を見ることができますので、その最高値を限界として各業者があなたの車に値段を付けていきます。ぶっちゃけたお話ですが、最高値はこの時点で決まっています。いかに自らの儲けを削るかで、各社が凌ぎを削って行くわけです。これは、オークションでの転売業者であれば、どこでも同じです。いろいろなサイトで紹介されている一括査定サイトを、いくつも依頼してみたところで、その結果は変わりません。ところが一つだけ、一括査定の中でも異彩を放っている所があります。あなたは中古車で老舗の雑誌というと、どの雑誌が頭に浮かびますか?リクルートが運営するカーセンサーという雑誌は、私が現役で中古車を販売していた頃に創刊された雑誌です。その小売り力は想像を超えたものがあり、写真を掲載すると発売日の朝に電話がかかってきて即決、1,000キロ以上離れた地域から飛行機で車を取りに来られた、なんて事も私は経験しています。カーセンサーは元々中古車を販売する雑誌ですから、このカーセンサーへの登録業者は転売業者ではなく、きちんと展示場を持っている「中古車屋さん」が多いのです。彼らは転売目的ではなく、自らの展示場に展示する車を探すために、買取に参加しているケースが多いのです。わかりやすく言うなら、業者が転売するその先にいる人達が多いのです。彼らの目的はオークションでの転売ではなく、あくまでも展示場に並べて小売りでお客様に直接販売する事ですので、自然と高値も期待できますし、地域に根差しているお店なら親しみやすいでしょうし、また、車種に特化している場合なら、当然素人の担当者よりは高値が期待できます。このように、依頼するところを変えるだけで、状況はかなり違ってくるのです。表題に書いてしまったような状況は、限界まで査定を引っ張り続ければ必ず起こってくることです。通常なら、買取業者はお客様である私たちに愚痴を言う事はしませんが、その愚痴が口に出てこない間は、実はまだまだ査定額に余裕があるのかもしれません。限界値を引き出したいのであれば、担当者が遠回しに文句を言ったり、感情的になったり、少し言動に変化がみられる所までしつこく交渉する必要があります。そのプロセスで、やはり電話は仕方のないことかもしれません。ですが、これが嫌で、なおかつ高値を期待したいのであれば、私たちはオークション転売前提の買取業者が集まる一括査定ではなく、きちんと展示場を持っている、地元の中古車販売業者が多く登録している、カーセンサーにお願いしてみると、違う結果が、嫌な思いをすることなく得られるかもしれません。
こちらです ⇒ カーセンサー.net簡単ネット査定

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る