車購入 最初の一台は何を買う?

免許取り立て、最初の一台は何を買いますか?

はじめに

 免許を取ったばかりで、どの車を買おうか迷っている人は多いと思います。車を所持する目的は様々だと思いますが、車の購入に関しては、特にはじめの一台に関しては、気を付けた方がいい事柄が沢山あります。私はディーラーの中古車販売店の店頭で、お客様からの様々なニーズをお伺いして来ました。その経験も踏まえて、何とかあなたのお役に立つことができますよう、様々な角度から最初の一台の選び方をご提案したいと思います。

車の特性と、あなたの状況を踏まえる

 車という道具はとても便利な乗り物です。上手に使ってあげると長い間あなたのパートナーとなってくれますし、最終的には生活をしていく上で、なくてはならない存在になって行きます。しかし、ここまで円熟するためには、少しだけ慣れや時間がかかるかもしれません。上手に使ってあげれば便利な車も、扱いを間違えると大変なことになるからです。例えば、免許を取ってから現在まで、一度も車をぶつけたことがないという人が何人いると思いますか?私も何度かくるまをぶつけてしまった事があります。これは、初心者の頃は仕方のないこと、ドライバーとして一人前に成長していく上で、乗り越えなければならない壁なのです。はじめの頃は特に、スピードの出し加減も難しいかもしれません。高速道路もおっかないでしょう。あなたがはじめに持つ車には、これらに対するリスクを考慮する必要があると私は思っています。結論を言うなら、最初の一台目から、無理をしない方がいい、ということです。いい車には、これからいつでも買い替えることができます。特にはじめは、給料を車の維持費全てにつぎ込むような買い方はしない方が賢明です。ある程度のローンは仕方がないと思いますが、いろいろな維持費もかかりますので、余裕を持った計画を立てるようにしてみてはいかがでしょうか?

維持費を考える

 車は買うだけでもお金がかかりますが、それ以外にも維持費がかなりかかります。毎月の駐車場代、ガソリン代、任意保険料、乗用車なら二年に一回の車検代、などがすぐに思いつくものでしょう。その他にも、バッテリーも劣化します。タイヤも減ります。オイルも定期的な交換が必要です。ワイパーゴムも馬鹿になりません。オイルのエレメントも取り換えなければなりません。距離が10万キロを超える辺りになれば、タイミングベルトの交換や、ウォーターポンプの交換といった、10万キロを目安に行わなければならない整備もあります。でかければ高速代もかかります。これらの支出にどこまで耐えられるかどうか、まずはそれほど高くない車で何年か様子を見てみるのもいいと思います。購入時に車両本体の支払いでいっぱいいっぱいになってしまうと、とても辛い思いをします。車は買ったけれど、ガソリン代や高速代が払えずに乗ることができない、という状態になる可能性もあります。私はバイクの時にこの状態になってしまい、今思い出すととても残念で仕方ありません。せっかく買う車は、きちんと乗ってあげたいものですよね。カッコイイ車がいい、加速が楽しめる車がいい、自分を主張できる個性のある車がいい、などなど、車にはさまざまなニーズがあります。少しずつ、あなたの状況に合わせて叶えていくようにしましょう。

古い車はできるだけ避ける

 これは感覚的なものですが、展示場で見て、「ちょっと古すぎないかな」と思う車は、初めの頃は特に避けるようにして下さい。なぜなら、古い車にはそれだけ故障の可能性があるからです。せっかく苦労して車を買っても、壊れてばかりではどうしようもありません。また、先ほども少し述べましたが、古い車は特に10万キロを超えると、特別な修理が必要になります。エンジンの中にはタイミングベルト、略して「タイベル」という部品があり、この部品は10万キロでの取り換えが奨励されています。同時に、冷却水を循環させるウォーターポンプという部品も同時に取り換えるのが、日本の車検制度では主流の整備となっています。これらは軽自動車でも4万円ほど、少し構造が複雑な車だと10万円を超える整備になります。そして、外車の場合には、この整備をかなりの頻度で行う必要がある車も多くあります。古い外車はとてもステキですが、特に初心者の頃は手を出さないのが賢明です。

まとめ

 車を買うと、今まで体験したことのない状況が様々発生します。車に対して起こっているこれらの事柄を解決するのに、もちろん私が今書いているようなネット上の情報も有効ですが、一番いい方法は、車の専門家に相談することです。私も中古車を販売していましたので、皆様と同じような状況の方に沢山車を販売してきました。そして、沢山の相談を受けてきました。特に故障対応や保証の点では、ディーラーだからこそ対応できたという事態も結構あったように記憶しています。価格は相場に比べれば少し高めとも言われていますが、初心者の頃は特に、それを上回る安心感を得ることができます。皆様の状況にもよるかと思いますが、まずは自動車ディーラ系の中古車センターで購入されることをご検討されてみて下さい。しかしもう一つのデメリットとして、自動車ディーラー系の中古車販売店は、在庫の範囲が販売車種に限られてしまいがちです。そのような場合には、ガリバーなどの「大手」専門店にも聞いてみるといいでしょう。ガリバーは中古車の買取のイメージがありますが、現在はお客様への販売にも力を入れています。販売される車にはきちんと保証が付きますので、安心して任せることができるでしょう。ガリバーはネット、オークション系の仕入れにも強く、お客様のニーズに合った車を探し出してくれますし、誠実な対応をモットーとしていますので、何でも聞きやすいと評判です。女性の方には特におすすめかもしれませんね。というように、はじめは、このような大手の中古車販売店で購入し、車を所持することに関する疑問は、しばらくの間、担当してくれた方に相談し、勉強していくのがいいと思います。

優しい担当者が多いと評判。女性や初心者におススメです。希望を伝えると、優しく教えてくれますよ。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事



テレビでおなじみ

使いやすい!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る