車の査定額が違うのは何故?自動車ディーラーと買取店 根本的な仕組みの違い

車の査定額が違うのは何故?自動車ディーラーと買取店 根本的な仕組みの違い

車の査定額が違うのは何故?自動車ディーラーと買取店 根本的な仕組みの違い

 車を買い替える際や、その他の様々な要因により、あなたが今お使いの車の査定額を調べることがあるかもしれません。その結果を見て、「どうしてこんなに違うんだ?間違っているんじゃ?」と思うことがあります。実際問題として、自動車ディーラーが新車を買う前提であなたの車の引き取りをする「下取り価格」と、ガリバー のような買い取り業者が提示する価格には、大きな開きがある場合があります。車を売ろうとして、その売却価格を調べている皆様にとっては、かなり不思議な現象ですよね。同じ車なのに、どうしてこんなに金額が違うのかと。

自動車ディーラーの下取り査定は機械的な価格設定

 何とかトヨタ、あれこれトヨペット、うんちゃら日産、というような、自動車販売会社、いわゆる自動車ディーラーは、あなたの車の下取り価格を決める際に、何を基準にしているのでしょうか?これは、自動車ディーラーが存在している目的を考えるとよくわかります。自動車ディーラーはメーカーの直営だったり、地域の大きな自動車工場や販売会社がメーカーと契約していたりするケースがありますが、看板を掲げている目的はただ一つ、「新車を販売すること」です。極端な話、新車が販売できれば、その他はどうでもいいのです。言い換えれば、あなたが自動車ディーラーで新車を買ってくれるなら、今乗っている車を下取り車を入れても入れなくてもいい、そう思っている場合が多いです。私が以前勤めていた自動車ディーラーはメーカー直営でしたが、新車の販売に際して、下取り車を入れるようにしよう、下取り率を上げよう、という指導は全くありませんでした。重要なのは、営業所の中でグラフになっているのは、台数、ただ一枚だということです。彼らは「台数」に関して毎日上司から言われており、「台数」の目標を達成するために人生の全てを捧げています。その他にあるとすれば、自社車検率(どの位のお客様がうちの工場で車検を受けてくれたか)、保険継続率(どの位のお客様が、保険の継続を自社でしてくれたか)、位なものです。私は会社の営業所の中で、下取り率のグラフなど、見たこともありません。それほどまでに、自動車ディーラーの目標は「台数」に限られており、彼らはとにかく「新車を一台売る」ことに、全神経を集中させています。見積もりに入れていた下取り車がキャンセルになったところで、何のペナルティーもありません。必然的に下取り価格の設定は、「新車を売る」ための設定となっています。ディーラーは独自に「自動車査定基準価格表」なるものを持っており、この価格に準じて査定は行われます。この基準価格は、新車時から、経過月で価格が刻まれており、3回目の車検で、価格がなくなるように設定されています。(車種によって設定に差があります) このようにすることで、「車検を取るより、今買い替えた方がお得です」という訴求ができるようになるわけです。

買い取り業者は市場の人気 相場での価格設定

 一方でガリバーをはじめとする、自動車買取業者の場合は、根本的、構造的、その生い立ち、歴史、を見るとよくわかりますが、存在そのものが自動車ディーラーとは違います。買い取り業者は、何はともあれ、車を買わなければ商売になりません。ですから、ディーラーに比べると、あなたの車、悪い言い方をするなら、餌、に対する食い付きの強さやしつこさが、全く違うのです。当然価格も違い、多くのケースで、ディーラーの査定よりも買取価格の方が高いという現象が起こります。買い取り業者には自動車メーカーの息はかかっていませんので、独自に価格を設定しています。しかし、今の時代は自動車オークションが各地で盛んになり、その落札価格を即座に知ることができるようになっています。(業界人限定です) ですから、一般的に流通している車の場合、最終的に限界と言える価格は、オークションの落札額を見ればわかります。ここから、各業者は儲け分を引き、また、業者独自の相場観を吟味したり、あなたの車の程度を考えて、買い取り額を提示します。ですから、自動車ディーラーと買取店とでは、根本的な仕組みが違い、当然、あなたの車に対する価格が違ってくるのも当然です。場合によっては数十万円の単位で違うこともあります。このような理由から、自動車ディーラーで見積もりをとっている方でも、一度買取査定をしてみることをお勧めします。こちらのサイトでは、先ほどお話ししたオークションでのあなたの車の直近相場(参考)をすぐに知らせてくれるとともに、各買取業者に一括査定を依頼することができます。査定をお願いしたからと言って、必ず手放さねばならない、ということではありません。また、こちらの一括査定サイトは、参加に際して厳しい基準を設けており、自動車売買を活性化、健全化するための独自組合、ジャドリに参加している会社でなければ、参加することができない仕組みとなっています。安心してご依頼いただけます。
⇒ かんたん車査定ガイド

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る