車をバックで駐車場に停める理由

車をバックで駐車場に停める理由

車をバックで駐車場に停める理由

 車をバックで駐車場に停める理由はいろいろとあります。つい先日、我が家の近くの公共施設でこのような事故がありました。「頭から駐車した車が駐車場からバックで出ようとした際に、誤って子供と衝突、子供は頭を強く打ち、病院に運ばれたが死亡が確認された」この事例では、どうして事故になってしまったのかを考えると、バックで止めたことが大きな理由の一つとなります。バックで停めていたために確認が不完全となり、このような結果になってしまった、という見解もあると思います。バックで車を駐車場に停めるのにはいろいろと理由がありますが、まず第一に、安全だからという理由が挙げられます。車はバックの際に沢山の死角が発生し、確認がしずらくなりますが、バックで駐車場に停める際と、駐車場からバックで出てくる際と、どちらが確認がしずらいでしょうか?バックで駐車する際には、一度止まってバックで進行する方向を確認することができますので、バックで出てくるのに比べれば、より安全度は増します。第二の理由として、車はその構造上、バックで駐車する方が停めやすくなっているということが挙げられます。縦列駐車はバックでなければできません。フォークリフトのように、進行方向後ろ側の舵が切れる構造の方が、操作がしやすいのです。バックでの駐車なら、隣との距離をミラーで直接確認しながら、ハンドルを操作することができます。バックでの駐車なら、ギリギリのラインを取ることが安全に、容易にできます。頭から駐車した車を出庫させる場合を考えてみて下さい。ハンドルを右に切ってバックする場合、左の前はミラーで確認することができませんので、必然的に感覚が頼りになります。感覚では、ギリギリのラインを取ることができず、必然的に操作の回数が増える、出庫までに時間がかかるということになります。言い方を変えれば接触事故と隣り合わせ、という感じになる可能性が否めません。昼間ならまだ感覚も頼りになりますが、これが夜だったり雨だったりすれば、さらに捜査の精度は落ちます。

バックで車を停めるデメリット

 バックで車を停める事のデメリットとしては、後ろの車を待たせてしまうということもありますが、同じ車に乗る者同士ですから、この辺りは譲り合いの精神で、おおらかな気持ちで待ってあげてはどうでしょう?バックが苦手という女性は多いようですが、バックで駐車場から出てくることの方が、かなり難易度は上がります。このような動画も参考にして、バックへの恐怖感を払拭なさって下さい。バックは誰もが上手にできるわけではありません。何度も切り返して、最終的に車が駐車場に入ればそれでいいのです。決して慌てることなく、慎重な操作で、確実に車庫へ入れて下さい。一つだけアドバイスするなら、ハンドルを切り始める位置と角度をちょとだけ考えると、ものすごく上手になりますよ。

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る