タイヤを自分で交換するには?あると便利な道具、工具一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイヤ交換を自分でやってみよう

タイヤを自分で交換するには?あると便利な道具、工具一覧

タイヤ交換は面倒

 私は宮城県仙台市在住ですが、冬になると車のタイヤを四本、スタッドレスタイヤに履き替えます。仙台は東北地方の中でも雪の少ない地域ですが、それなりに寒いので、路面状況が悪くなります。以前はスパイクタイヤを履いていましたが、雪が降らないのにスパイクタイヤを履くことで粉塵の被害が大きく、時代の流れでスタッドレスとなって行きました。仙台は大都市ですが、反面、車社会でもあります。私の家の近くのバス路線など、1日に四本程度しかありません。この事から、必然的に、各種移動は車への依存度が高くなります。我が家では一人に一台車があり、各車に対して、普通タイヤが四本、スタッドレスタイヤが四本あります。我が家は何とか自宅に置くことができますが、マンション住まいの方などは、タイヤを保管するスペースも確保する必要があります。このタイヤ交換、季節ごとに行わなければなりません。冬の初めにスタッドレスタイヤに履き替え、冬が終わると夏タイヤに履き替えます。地元テレビ番組の司会者からも、「もう、タイヤは交換されましたか?」という挨拶があるほど、タイヤ交換は仙台人にとってメジャーな作業です。ある人はスタンドで、ある人は行きつけの修理工場で、そしてある人は自分で行います。私は家の車二台を自分で毎年行っています。

持っていると便利な物

 私の家にはちょうど、車を停めることができるスペースがありますので、ここで作業をします。タイヤ交換は、車に付属のジャッキと、クリップナットを回す工具があれば実質的には作業可能です。でも、この先の事を見据えて、専門の道具を揃えることで、格段に作業が楽になります。私が今まで揃えてきた、家庭用のタイヤ交換の道具をご紹介します。ちょっと大げさな部分もありますが、参考までに。

クリップナットを回す道具

 タイヤはナット(ねじ)で固定されています。車載の工具で回すことができますが、これだとかなり効率が悪いです。四本ありますので、効率が悪いと、4倍時間がかかってしまうことになります。これを、十字レンチに変えてみましょう。すると、くるくる~っとネジを回すことができます。この十字型のレンチはそれ程価格も高くありませんので、タイヤ交換を自分でやってみようと考えている方は、是非揃えていただきたいアイテムです。
■新商品■ NEXTOOL NT-38 薄口スーパークロスレンチ(NEW) 【カー用品 タイヤ交換 十字レンチ クロスレンチ】

ジャッキ

 車にはジャッキが標準で装備されていますが、これもまた、なかなか使いずらいものです。応急的な処置であればこれで充分ですが、何年も四本のタイヤを変えることを考えれば、少し効率の良いジャッキに取り換えた方がいいかもしれません。ジャッキもいろいろありますが、それ程高価な物は必要ありません。ホームセンターなどでよく見かけるジャッキを一つ持っていると、ジャッキアップがかなり楽になり、毎年のタイヤ交換もスムーズになります。ジャッキにもいろいろな種類がありますが、持ち運びが楽で、ハンドルの角度が変えられたり、分解しての運搬が楽など、使いやすいものがいいですね。取扱説明書にも説明があるかとは思いますが、ジャッキアップをする時には、対角線上のタイヤに、必ず歯止めをするようにして下さいね。
【最大2000円OFFクーポン配布中】フロアジャッキ 2.25t ジャッキ 油圧ジャッキ 油圧 ガレージジャッキ ローダンウンジャッキ 低床ジャッキ コンパクト 軽量 ローダウン車対応 ジャッキアップ タイヤ交換 オイル交換 送料無料

インパクトレンチ

 お店や工場でタイヤ交換をする方は、メカニックが使っているのを見たことがあると思います。ネジを回す、あの道具です。この道具、思ったほど高くありません。エアーで動く物が主流なので、エアーのタイプを選ぶなら、別途でコンプレッサーが必要ですが、エアー以外にも、電気で動く物や、充電式の電池で動く物など、様々なタイプがありますので、必要に応じてチョイスすると良いでしょう。季節ごとにタイヤを変えるだけなら、本格的なエアータイプでなくても大丈夫です。でも、タイヤ交換以外にも車のメンテナンスをしてみたいと考えている方なら、この先の事も考えると、エアーコンプレッサーがあった方がいいですよ。

ジャッキアップ時にも使えます。緩める時と締める時でトルクが違うので便利です。電動だからと侮るなかれ、かなりの力があり、これ一台でかなり楽にタイヤ交換ができるようになります。十字のクロスレンチをお使いの方、是非一度お試しください。

エアーコンプレッサー

 これが最後です。これがあれば完璧です。でも、一万円位で売っている小さな物だと、インパクトが回らないかもしれません。最低でもタンク容量が30リットル位の、少し大きめの物が必要です。また、動作させるとそれなりの音がしますので、環境面でも導入できる方は限られてしまうかもしれません。でも、これがあれば、将来的には車の塗装もできますし、いろいろな便利な工具を使うこともできますので、状況が許す方は、導入されることをお勧めします。

エアーを使ってタイヤ交換するための道具が全てセットになっています。私も一式持っていますが、作動時にな低周波の大きな音がしますので、その点だけはご注意下さい。普段使いなら、一台あれば一生ものです。

所要時間

 先日、夏タイヤから冬タイヤへ履き替えをしました。時間的には、道具を使うと、道具を出す時間や片付ける時間がそれなりにかかってしまいますので、時間面からはそれほどのメリットが感じられないかもしれません。私は今回、1800ccの車の195/65/15を四本取り換えて、道具出しから、作業、片付けまで全て込みで、45分程度でした。作業はとても早いのですが、やはりコンプレッサーを運び出したり、倉庫からいろいろな道具を運び出すのに時間がかかってしまいます。でも、道具が揃っていれば作業は楽しく、いつでもできますし、身体への負担も少なくて済みます。我が家の場合は複数台の車がありますので、レバレッジも効きます。

道具は面白い

 皆様、是非、ご自身のスタイルに合った道具を揃えてみて下さい。タイヤ交換は辛い作業かもしれませんが、考え方を変えると、車への感謝の思いを込めて、楽しむことができます。そうなれば、あなたのカーライフも、一段と張り合いのある、楽しい物になります。是非、便利な道具を揃えてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!