自動車税が高い、払えない、を解決する方法

自動車税が払えない

自動車税が高い、払えない、を解決する方法

自動車にはいろいろな税金がかかっている

 みなさま既にご存じだと思いますが、自動車にはいろいろな税金が課税されています。自動車を購入する時には自動車重量税、自動車取得税、かつては物品税も課税されていました。(現在課税はありませんが、参考までに)そして消費税。自動車は単価が高いので、例え数パーセントでも、消費税が値上げになればかなりの額になります。更に購入する月、登録する月に応じて、自動車税がかかります。燃料にはガソリン税と消費税も。自動車は日本を代表する工業製品ですが、どうして購入、維持管理にこれほどの税金を払わねばならないのか、誰もが思っているはずです。

かく言う私も

 かく言う私も、自動車を二台所有しています。古いランドクルーザーと乗用車です。先日自動車税の納付書が届き、その金額に驚きました。何と、今までずっと39500円だった乗用車が、15年以上経過した車への対策として割り増しになっており、45400円になっていたのです。この差額分の5900円というのは、冷静になって考えてみると、商用軽自動車の一年分の税金を遥かに超える額ではないですか。私のランクルはとても古いので、こちらの自動車税も増税されています。二台でなんと、63000円もの出費となります。わかってはいるのですが、貧乏家計にはかなり堪える出費です。でも、車は何とか維持して行きたい、と言うよりも、私の住んでいる地域は一日にバスが数本というような所ですので、社会生活を営むには車に頼らねばならない現実があります。それにしても高いですね。

自動車税が高くなるのは日本だけ

 同じ自動車を大切に、長い間乗っているのに、日本では初年度登録から13年経過したガソリン車の自動車税が高くなります。約15%割増になります。これは、燃費が良く、公害が少ないとされている、新しい車への買い換えを促進する目的があるのだそうですが、古い車を大事に乗っている私たちにとって、かなりの痛手です。ちなみにこのように古い車の税金が高くなるのは、世界中でも日本だけです。世界に名だたる自動車の製造国ですから、と言いたいところですが、ん~、きついですね。

何年式ですか?

 あなたの車は何年式ですか?もし、製造から25年以上が経過している車であれば、もしかするとあなたの車には、とんでもない価値があるかもしれません。ここで重要なのは、製造から25年経過しているという点です。

アメリカで大人気

 日本の車は世界中で使われているというのは、もう誰もが周知の事実ですよね。そして、自動車大国アメリカ。かつては貿易摩擦などもあり、アメリカへは原則として日本で製造された新車を輸出する事ができなくなっています。しかしお相手は自由の国アメリカです。この難しい決まりは、製造から25年だけ有効なのです。言い換えるなら、製造から25年以上が経過している車は、とても簡単な手続きで、アメリカへ輸出する事ができるのですね。実はここへ目を付けて、私たちから車を安く買い取って、海外へ高く販売している業者さんがいらっしゃるのです。業者さんだけではなくて、私たちもその恩恵を受けることはできないものでしょうか。

25年以上でなくとも

 今のお話はアメリカでのお話です。私たちは外国というとアメリカのイメージがありますが、日本の車はアメリカ以外の世界各中で使われています。そして、その国々で独自の決まりがあります。例えば日本のライバルとも言えるドイツ。日本には、ドイツの中古車バイヤーが、日本で使われていたドイツ車の中古車を買い付けに来ているという現実をご存じでしょうか。どうしてこんな状況になっているのか、それには理由があります。え、自動車税のお話じゃなかったですか?って、その結論はもう少し先でお話しますね。もうちょっとだけお付き合い下さい。

車検制度

 私たちは何も感ずることなく車を車検に出しますが、この車検制度、世界から、グローバルな視点で見るならかなり特殊な制度です。私たちは整備代金を負担し、自動車税を払い、自動車重量税を払い、強制賠償保険に加入し、その上で数々の手数料を払って、車検に出します。しかもその車に、10年以上乗り続けることが殆どない、13年以上が経過すれば、自動車税が重課税になるのにも関わらずです。二年に一度、強制的に整備をする訳ですから、日本の車は世界から見ると、とても程度がいい事で有名なのです。ですから、ドイツのバイヤーがわざわざ自国製の中古車を日本に買い付けに来るのです。また、日本は現在、殆どの道路が舗装されています。皆さんも車を大切にすると思いますが、この当たり前の姿勢が、日本車の中古車の価値を更に上げています。

どの位の価値があるのでしょうか?

 いよいよ本題です。自動車税が高い、払えない、と思っているなら、是非この方法を試してみて下さい。あなたは今のあなたの車の価値がどの位なのかをご存じでしょうか。価値、というのは、具体的にはいくらで売れるのか?ということです。あなたは「私の車には価値がない」「そんなに高くは売れないだろう」と思っているかもしれません。ここで、先ほどお話しした事実を思い出してみて下さい。あなたの車が平成初期のもの、製造から25年以上が経過している車であるなら、アメリカに高く売れる可能性があるのです。そして、ここまで古くはなくとも、世界には二年に一回の車検制度で保護されている、日本の程度の良い車を欲しがっている人たちがゴマンといます。例えボロボロになってしまっていても、走行距離が伸びていても、海外の市場はそれ程神経質ではありません。それよりも、二年に一回、きちんと車検を取り続けてきた日本の車、日本で製造され、販売され、使われてきた中古車という、当たり前の日本車という事実に価値があるのです。さて、あなたの車はいくらで売れるのか、知りたくはありませんか?

いくらで売れるのかは簡単にわかります

 今はインターネットの時代です。中古車オークションでの落札価格は常に変動していますが、あなたは簡単な手続きで、あなたの車が今、どの位の価格で取引されているのかの概算価格を知ることができます。ご紹介するサイトで、あなたの車のメーカー、車種、年式、走行距離、を入力してみて下さい。折り返し、概算価格、オークションでの落札相場を知ることができます。その後、一括査定で価格を確定する事ができます。売却は強制ではなく、こちらのサイトは自動車買取業者の独自組織、ジャドリに参加している大手の優良業者のみが参加していますので、安心してお申し込み下さい。

高く売れそうなら

 自分の車には価値がない、と思い込んでいる方が、日本には多くいらっしゃいます。自分の車が海外でどの位の評価を得ているのか、是非一度調べてみて下さい。日本の車は海外でとても高い評価を得ています。そして、あなたの車はどのような状況であれ、あなたが思っている以上の価値が発見される可能性を秘めているかもしれないのです。

買い換えができるかも?

 高く売れれば、自動車税を支払い、新しい車に買い換えることができるかもしれません。新車にすれば金利も安く、メーカー保証もありますので、故障の不安もなくなります。そして車検は三年間ありませんし、エコカーにすれば自動車税の負担も少なくて済みます。まずは、あなたの車の価値を、是非一度調べてみることをお勧めします。以外と高く売れるかもしれません。こちらからご覧下さい。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓


1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る