太陽の下、炎天下の駐車で熱くなった車にできるだけ短い時間で乗り込み、快適に走る方法

太陽の下、炎天下の駐車で熱くなった車にできるだけ短い時間で乗り込み、快適に走る方法

太陽の下、炎天下の駐車で熱くなった車にできるだけ短い時間で乗り込み、快適に走る方法

 太陽下駐車で熱くなった車 できるだけ短い時間で乗り込み、快適に走る方法。地球温暖化が進み、夏がどんどん熱くなっています。暑い夏には大変有り難いのが車のエアコンですね。外気温が40度近くになろうとも、エアコン全開で車を走らせれば、快適この上なし。と言いたいところですが、スーパーなどに駐車した後、再度乗り込む際に、車内が熱くて困っている方も多いのでは?こちらのコーナーでは、この状態からどのようにすれば、いかに早く、快適な走行へと持っていくことができるかを解説します。

まずは、車内の熱を逃がしましょう

 まず第一に、熱くなってしまった車の中の熱を逃がします。すぐに車の中に入ると、とても熱い場合がありますし、ハンドルも持つことができないほど熱くなっている場合がありますので、注意が必要です。この方法は周囲にそれほど車が止まっていない場合や、車の構造上可能な場合に行ってみて下さい。冷却スプレーなどを使う方法もありますが、車内の窓を開け、運転席のドアを何度か開閉するだけでも車内の温度を下げることができます。冷却スプレーも効果がありますが、ガスを使っていますので、ご使用にあたっては、火気厳禁を厳守しなければなりません。運転席のドアをバタバタと開閉すると、隣の車に接触してしまいそうになる場合は、無理をしないようにします。ある程度温度が下がり、何とか車に乗ることができるようになったら、ハンドルの温度や各種金具の温度に気を付けてエンジンを始動、「外気循環」にしてエアコンをつけて走り出します。ある程度走れば車中の熱気が逃げますので、その時点で窓を閉め、エアコンを「内規循環」に切り替えます。この方法でのポイントは、駐車場内で、ある程度走れそうな温度までに車の中の温度が下がったら、「外気循環」でエアコンをつけて、窓を開けながら走り出すという所です。走らずに、快適な温度になるまで駐車場でエンジンを回して待機する方法もありますが、そうすると2倍以上の時間がかかってしまいます。

効果的なグッズ

 ガラスにサンシェードを取り付けると、車内の温度上昇を抑えることができます。このような商品が通販で人気ですが、近くのホームセンターなどに行けば、いくらでも同様の商品が販売されていると思います。このタイプは収納時にくるっと丸くなり、簡単に畳めるので便利です。サンシェード以外では、ハンドルにタオルをかけておくと、ハンドルがそれほど熱くならずに済みます。

気を付けること

 夏の駐車時の車内は、60度を超えることもあります。車の中の全てが60度にさらされていますので、当然、ハンドルやダッシュボード、シートベルトの金具やチャイルドシートの部品なども熱を持っています。これらの部品でやけどをしないよう、十分に注意をして下さい。冷却スプレーも市販されていますが、保管する際には直射日光が当たらない場所に保管するようにすると同時に、使用後は絶対に社内で煙草を吸わないようにして下さい。冷却スプレーには引火性のガスが使われていますので、服などに付着したガスに引火する危険性があります。使用する際には説明書をよく読み、正しい使い方をして下さい。スプレーに限らず、夏の車内は一時的に高温になる可能性があります。様々なものが変形したり、通常の状況ではなくなる可能性があります。大事なものは車の中に置きっぱなしにしないようにすることが重要です。

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事

こちらも読まれています

高級車に乗る方法 いい車に乗る裏技

高級車に乗る方法 いい車に乗る裏技



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る