タイヤのエアチェックの重要性 スタンドでのやり方

タイヤのエアチェックの重要性 スタンドでのやり方

タイヤのエアチェックの重要性 スタンドでのやり方

 タイヤのエアチェックの重要性 スタンドでのやり方。長期休暇に自家用車でお出かけすることは、もはや日本の社会現象となっています。時期になれば、高速道路や新幹線などの混雑状況がニュースになりますね。車はとても大切な移動の手段となります。日本の車だし、車検はきちんと取っているし、私の車は壊れるはずはない、と思っている方、多いのではないでしょうか?かく言う私もそんな一人なのですが、ここで驚くべきデータをご紹介します。それは、平成27年夏、お盆休み、高速道路でJAFが出動した理由ランキングです。第二位以下を圧倒的に突き放している「お盆の高速道路でJAFが出動する理由第一位」は何だと思いますか?

チェックは自分でするって知ってましたか?

 JAFのHPによれば、堂々の第一位は、「タイヤのパンク、バースト、エア圧不足」となっています。そう出動件数4,029件のうちの1,370件、34%にもあたる割合で、タイヤ関連のトラブルが発生しています。昔と比べるとタイヤの性能は格段に向上していますが、いかにタイヤの性能が上がろうとも、トラブルをゼロにすることはできません。そして注目すべき点は、一般道路に比べて、高速道路はパンクやバーストなど、タイヤ関連のトラブルがとても多くなるということです。一般道では何ともなかったタイヤが、高速道路路に入って時速100kmで走るとトラブルを発生してしまう、という状況が、現実に起こっているのですね。車の取り扱い説明書に記載がありますが、運転する者は運航する前に自らが運転する車両を点検しなければなりません。皆様はしていますか?私は高速道路を走る前は必ずするようにしています。その点検項目の中に、タイヤの空気圧点検も入っています。ですから、万が一私たちの車が高速道路上でパンクしてしまい、それが引き金になって大事故に発展してしまった場合、責任を問われる可能性がゼロではないということです。車の運航前点検に関して、普段はなかなかできなくても、高速道路に乗る前は特に注意して行うようにしましょう。自分で行うのが面倒なら、ディーラーやオートバックスなどの量販店にお願いすれば、点検をしてくれます。タイヤだけなら、給油の際のスタンドのスタッフにお願いすれば、快く4本点検してくれます。点検は車検とは違い、自らが率先して高い意識の元で行うものです。自分から行わなければ、それで終わってしまいます。是非とも、運航前の点検を習慣づけて下さい。

タイヤ空気圧の点検方法

 あなたの乗っている車のタイヤには、適正な空気圧が設定されています。その数値は、運転席のドアを開けた所に記載されています。タイヤの空気圧は、ここに書いてある数値に合わせます。タイヤの空気を入れるには道具が必要です。その道具はガソリンスタンドに必ずありますので、スタンドに給油に行った際に、タイヤの空気圧を点検します。慣れないうちは、スタッフにお願いするといいでしょう。今はセルフのスタンドも増えていますが、スタンドが開いている時には必ずスタッフがいますので、「タイヤの空気圧調整をお願いします」といえば、スタッフが行ってくれます。通常は無料のはずです。このやり方を何度か見て覚えてしまいましょう。何ら難しいことはありませんので、誰にでもできます。何度も繰り返しになりますが、特に高速道路を走る前には、必ず行うようにして下さい。

タイヤトラブルの症例

 高速道路で多いのが、バーストです。バーストとは、タイヤが破裂してしまうこと。原因としては、タイヤ空気圧が既定の数値よりも低い場合に起こりやすくなりますので、きちんと空気圧を調整することで防ぐことができます。今のタイヤはパンクをすることも少なくなっています。ですが、扁平タイヤでギャップを超えてしまった時とか、道路に釘が刺さった板が落ちていて、知らずに踏んでしまった等、どうしてもパンクする要因に遭遇してしまう可能性はあります。仮に釘が刺さってしまった場合は、そのまま安全な場所まで走行して、応急用タイヤに履き替えます。しかし、今の時代は応急用タイヤが装着されていない車もあります。例えば今発売されている4代目、50プリウスには、標準だと応急用タイヤの設定がなく、標準ではパンク修理キットのみが付いてきます。応急用タイヤはメーカーオプションで設定されており、10,000円+税の自己負担をして、製造時に取り付けしてもらいます。あなたの車も、応急用タイヤが装着されているか、一度確認してみて下さい。メーカーの見解は、「今は道路の状況も改善されており、バーストやタイやサイドへの亀裂も殆どなくなった。それよりも車両総重量を軽く、ラゲッジスペースを多くした方がいい」というものです。例えばプリウスの新車に応急用タイヤを積むかどうかは、最終的には車をお使いになる方の見解になりますが、私は古いのか、応急用タイヤはあった方がいいと思う一人です。

タイヤエアチェックの重要性 まとめ

 タイヤには、何が起こるか誰にもわかりません。そして、今のタイヤはパンクした際、空気が一気に抜けずに、だんだんと抜けていく構造になっています。車に乗る前に、必ず車の周囲を一周する習慣を付けて下さい。タイヤは外観のパッと見でもいいと思います。異常がないかを確認するようにして下さい。今日の予定に、高速道路の走行があるようなら、特に念入りにチェックをするようにして下さい。状況が許すなら、スタンドで正規空気圧への調整をなさって下さい。高速道路上でタイヤがバーストしてしまうことは、どの車にも起こり得ることです。その可能性を少なくするためにも、運航前の点検を習慣づけるようにして下さい。

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事



テレビでおなじみ

使いやすい!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る