ダイハツハイゼットトラック4WD 古い軽トラを高く売る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ダイハツハイゼットトラック4WD 古い軽トラを高く売る方法

ダイハツハイゼットトラック4WD 古い軽トラを高く売る方法

 あなたはダイハツのハイゼット、軽トラック4WDの少し古い車をお持ちですか?そろそろ新しい軽トラックに取り替えようと思っていらっしゃるでしょうか?それとも、ご家族が所有していたトラックを処分したいと思っていらっしゃるでしょうか?もしかすると、あなたのダイハツハイゼットの軽トラは、高く売れるかもしれません。その具体的な根拠と、高く売れるようにするための方法をこちらでご案内します。

下取りは安いですよね

 ダイハツハイゼットの軽トラック、4WDともなれば、新車時にかなりの価格がします。今は少し良い軽トラックだと、100万円では買う事ができませんよね。そして、いざ売ろうとなると、これがまた安い。ディーラーやお世話になっている中古車屋さんにお願いして、こんなものなのか、と思った方も多いのではないでしょうか?車屋さんは新車を売らなければなりませんので、どうしても下取り車に関しては機械的に、数年で価格がなくなるような仕組みになっているのですね。新車を買う時に「車検を取ってしまうと次の下取り価格がなくなってしまいますよ」なんていう事を営業の方から聞いたことがあるかもしれませんが、いつまでも高い値段で引き取っていると、この話法が使えなくなってしまうのですね。必然的に、下取りとして、車屋さんにお願いすると、引き取り価格は安くなってしまうのです。

軽トラブームがやってきた!

 実は今、とある国で軽トラブームが巻き起こっているのをご存じでしたか?インターネットの発達、スマホの普及で、日本の文化が世界中の一般の方へ広く知られるようになりました。この影響もあるのか、今、日本の軽トラックが、アメリカで大人気なのです。アメリカの車はご存知のように、あのサイズです。燃費も悪く、エンジン音も大きく、壊れやすい。一方で軽トラックは、かわいい、燃費がいい、静かだ、壊れない、と、アメリカのトラックが持ち合わせていないものを全て持っているので、大人気となっています。アメリカでは車は様々な用途に使われています。例えば、音が静かな車は、ハンティングに最適ですし、かわいい車体は改造のベースとして使われています。個性を重視するアメリカ人のマーケットに、日本の軽トラックが受け入れられているという、不思議な現象が起こっています。

25年の規制

 ただ一つ、条件があります。あまり新しい軽トラックはアメリカでは売れません。製造から25年以上が経過している軽トラックが、アメリカで人気であり、高く売れます。アメリカでは、日本から通常販売されている日本車を輸入することはできません。できるにせよ、高い関税や排気ガスの規制など、様々なクリアするべき問題があり、かなり難しいのが現状です。しかし、これらの難しい規制は、製造から25年を経過すると、全て適用外となり、比較的簡単に輸入できるようになります。あなたのダイハツハイゼット4WDトラックが、製造から25年以上経過しているなら、アメリカに高く売れる可能性があります。少なくとも、自動車屋さんで提示された額よりは高く売れます。

日本車が人気の理由

 私たちにとっては当たり前ですが、日本の車はとても程度が良いと世界中で評判です。私たちは殆ど舗装されている道路しか走りませんし、オイル交換などの整備も定期的に行っていますよね。そして一番のポイントが、車検制度の存在です。国の指導の下で定期的に車検を受けることにより、日本の車はとても良い状態を保っています。このような状況は日本ならではの現象です。日本の車は、たとえ古くても大切に使われていて、壊れない、というブランドになっているのですね。

高く売るためには?

 あなたのダイハツハイゼット軽トラを高く売るためには、売る場所を間違えないようにしましょう。先ほどからお話ししているように、自動車のディーラーや整備工場に出しても高く売る事はできません。一番いいのは、個人間で売買することですが、いくらスマホが普及したとはいえ、アメリカの個人へ直接輸出するというのは、とてもハードルが高い売買です。高く売れるとはいえ、実際問題はできないでしょう。そこで、輸出に強い業者さんにお願いする事になります。輸出に強い業者さんは、例え一括査定などを行っても、なかなか巡り合うことができません。

画期的なシステムが稼働しています

 個人間売買は難しいですが、私たち個人が、中古車のオークションに、簡単に出品することができるシステムが出来上がり、今現在稼働しています。こちらのシステムにあなたの車を投げかければ、高く買ってくれる人が見つかるかもしれません。こちらのページでご紹介していますので、是非ご覧になって見て下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!