ダイハツ軽トラハイゼットトラック アメリカ輸出で高く売る業者を探す方法

ダイハツ軽トラハイゼットトラック アメリカ輸出で高く売る業者を探す方法

ダイハツ軽トラハイゼットトラック アメリカ輸出で高く売る業者を探す方法

ダイハツハイゼットが、海外で大人気

 日本の軽トラック、ダイハツハイゼットが、今、海外で人気なのをご存じでしょうか?インターネット、スマホの普及に伴い、日本にもグローバル化の波が押し寄せています。日本の中古車市場はオークションサイトを中心に回っていますが、その会場には多くの外国人バイヤーの姿が目に付きます。彼らは程度の良い日本の中古車を買い付けに来ています。

潮目が変わった?

 ダイハツハイゼットは日本を代表する軽トラックです。元々東南アジアを中心に需要がありましたが、ここへ来て状況が変わってきています。東南アジアももちろんですが、太平洋の向こう側、アメリカで、日本の軽自動車、ダイハツハイゼットトラックが人気なのです。

人気の理由

 アメリカに日本の軽自動車は流通していません。皆様ご存じの通り、アメリカの車は巨大ですよね。私たちが見ると、その大きさに圧倒されてしまいます。これと逆のことがアメリカでは起こっています。アメリカには元々トラックの需要があるのに加え、軽トラックの小さなボディー、小さいのに広大な荒野をどんどん走って行く、驚くほど高い走破性、そして、日本の車検制度に守られて大切に使われてきた程度の良さ、壊れにくくメンテナンスがしやすい単純な構造、などなど、機能面、スタイル、全てがアメリカの方の興味の対象となっています。それに加えて、アメリカは車をカスタム、改造して楽しむ文化があります。自分だけの車を持ちたいという欲求を満たすのに、日本の軽トラックはぴったりなのですね。かつての日米経済摩擦が象徴するように、日本とアメリカの間には自動車輸出問題がありました。この対策として、現在日本で新車で販売している車を、アメリカに輸出する事はできません。この決まりは、製造後25年が経過すると解除になります。今、軽自動車の人気が高まっているのは、「製造から25年以上が経過した車は、輸出がしやすい」、アメリカ側から見るなら、「輸入しやすい、手に入れやすい」という状況があることも大きな要因です。

高く売る方法

 一番高く売れるのは、自分で海外のユーザーへ直接販売する方法です。しかし、これはかなりハードルが高く、仮にアメリカのオークションサイトeBayなどを使ったとしても、出品や成約の手数料が高い事に加え、成約できたとしても、関税手続きや配送業者の手配等、かなり細々とした面倒な手続きが必要になります。私たちが個人として、アメリカ本土の個人へ軽自動車を輸出するのはかなり大変です。ですから、この方法は避けた方が無難でしょう。となると、日本で営業をしている、輸出を行っている買取業者にお願いする事になるのですが、高く売るためにはいくつかの注意点があります。

安く買うのが商売

 買い取り業者は安く買い、高く売るのが商売です。特にダイハツハイゼット、軽トラックの場合、高く売る事には限界があるために、どうすれば安く買えるかが、彼らの腕の見せ所となっています。例えば私たちが彼らのお店の広告を見つけ、「軽トラックを売りたい」とアプローチしたとします。私たちが買い取りの依頼をすると、年式が古い、査定が付かない、様々な理由を付けて、彼らは買い取り価格を渋って来ることでしょう。私たちが軽トラックを高く売るためには、この壁を突破する必要があります。でも、ご安心下さい。とある方法を使うことによって、この壁は打破することができます。

競わせる

 今はインターネットが発達していますので、実はあなたの軽トラ、ダイハツハイゼットトラックがどの位の価格で取引されているのかは、データベース化されており、オークションに参加している買い取り業者、中古車販売業者であれば、簡単にオークションでの落札価格を閲覧できる仕組みになっています。各業者は、このデータ、直近の中古車オークションの落札価格に基づいて商売をしていますので、大抵同じ位のラインで競り落とす事になるのですが、中には相場では考えられない価格で競り落としている業者がいます。これが何を隠そう、「輸出がらみ業者」なのです。

例えば

 例えば、平成元年式のホンダ車、走行15万キロ、車検なし、程度良、という車があったとします。旧車ブームもありますが、ぱっと見て、国内で再販はされない車です。年式や走行距離から故障が発生する可能性が高いですし、今後の車検時にはタイミングベルトやウォーターポンプの取り替えが必要になり、高額な整備費用がかかるからです。ところが、最近のオークションでは、このような車が高値で、例えば15万円とか20万円とかの信じられない価格で競り落とされているケースが散見されています。「ホンダ車」は、アメリカで高い評価を得ています。また、平成元年式であれば、アメリカへ簡単に輸出する事ができます。このように、日本では到底考えられない現象、「絶対に売れないであろう車が」「信じられない程の価格で競り落とされている」という現象が、アメリカ輸出がらみで、日本の中古車業界に起こっているのです。

どうすればいいのか?

 一括査定というシステムを使うと、一度に沢山の業者にオファーをする事ができます。実際に足で中古車販売店や買い取り業者を何軒も回るのは大変ですが、インターネットを使った一括査定であれば、これと同じ事が簡単に行えます。ただ、輸出の業者は輸出を専門で行っている業者と、国内販売を並行して行っている業者がおり、大抵は国内販売やオークションなどを取り混ぜながら商売をしています。軽トラック専門の買い取り業者などがあればいいのですが、現在はまだそのような業者は存在していません。ということは、輸出の業者は、普通の買い取り業者の中に混じっている、ということになります。一括査定の際に、ある程度引きの良い感じがするなら、その業者はあなたの軽トラックを海外へ輸出する力があると考えて良いと思います。いくつかの業者に競わせることで、輸出をする業者を発見し、高値で売ることができるかもしれないのです。
⇒ カーセンサー.net簡単ネット査定

とりあえず価格を知りたいなら

 とりあえず価格を知りたい、直近オークションではどの位の価格なのかをとりあえず知っておきたいのなら、こちらのサイトをご利用下さい。あなたの軽トラックの明細を入力するだけで、簡単にオークション落札相場を知ることができます。この価格を参考に、買い取り業者に査定をしてもらうこともできます。査定をしたからと言ってすぐに売却しなければならないという事はありませんので、その点はご安心下さい。
⇒ Goo買取 中古車査定プロモーション

東京地区にお住まいなら

 あなたが東京地区にお住まいなら、この方法がおすすめです。こちらの業者は、海外に向けた独自のオークションを開催しています。あなたはこちらに申し込みをして、車を持ち込むだけで、(場所により出張も可能)こちらの業者のスタッフがあなたの車の写真を撮影し、説明を書いて独自の海外オークションに出品してくれます。オークションで価格が決定したら、あなたはその価格で売るか売らないかを決めればいい、という画期的なシステムです。この流れ全てが、数時間で完結するというのですから驚きです。是非一度、サイトだけでもご覧になってみて下さい。
⇒ 独自オークションに出品して中古車買取

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る