スバルサンバー 軽トラック アメリカへ高く売る方法

スバルサンバーを高く売る簡単な方法

あなたの軽トラック「スバルサンバー」は何年式ですか?

 スバルサンバー 軽トラックをアメリカへ高く売る方法。軽トラックの中でも、スバルサンバーは独特の雰囲気がありますよね。私もスバル大好きです。スバルブランドは水平対向エンジンで高い評価を得ているのと同時に、今は主流となりつつある4WDの技術において、確固たる地位を築き上げています。私はかつて二代目スバルレオーネツーリングワゴンに乗ったことがありますが、運転席に座った途端、何とも言えない満足感に浸ったのを覚えています。さて、あなたがお持ちのスバルサンバー、軽トラックは何年式でしょうか?通常、新しい車にするために今乗っている車を手放す場合、新しい車を買うお店に下取りとして出すのが私たちの慣習となっています。この方法だと、価格が付くのは長くても五回目の車検くらいまでで、その後は引き取り手数料と相殺とか、価格がついてもせいぜい1-3万円というのが相場です。これは少し悪い言い方をしてしまうと、私たち日本人が、自動車メーカーの販売戦略に洗脳されてしまっている、そんな風に言うこともできます。日本は世界に名だたる自動車製造国ですから、次から次へと開発され、製造&販売される新しい車に乗り換えて行く文化があります。これは製造国日本ならではの現実で、海外から見るととても不思議な現象です。あなたの車がもし、製造から25年以上経過しているのであれば、もしかすると、高く売れるかもしれません。しかし、高く売るためにはちょっとしたコツがあります。

日本では当たり前の事が、海外では高く評価される要因になっています

 ブランドもさることながら、日本の車は世界の中でも、状態が良いことで有名です。どうしてだかおわかりになりますか?日本では当たり前であり、私たちが何とも思わなくなってしまっている数々の要因が、背景にあります。

舗装道路

 日本は殆どの道路が舗装されています。軽トラックの場合は若干状況に違いがあるかもしれませんが、それにしても、悪路を走る割合はそれほど高くはありません。車は必然的に良い状態で保たれるという現実があります。私たちは舗装道路が当たり前だと思うようになってしまっていますが、世界の中には舗装されていない道路や、道なき道が未だに沢山あり、その道を沢山の車が走っているのです。

車検制度

 海外の方が日本で車を所有し、一番驚くのが車検制度の存在です。二年に一度、とんでもない金額を払わなければならない現実に、海外の方はとても驚くそうです。私たちは車検制度に慣れてしまっていますから、二年に一度、何とも思わずに車検に出しますよね。日本人としては当たり前のこの制度は維持する側にとっては大変ですが、結果として、日本の車全体の状態を、良いコンディションに保つことができているのですね。

距離神話

 例えばあなたは、中古車の売り場に展示されている、20万キロ走行した車を買いたいと思いますか?よっぽどの理由がない限り、20万キロ走行した車を積極的に購入しようとは思わないはずです。しかし、海外ではこの感覚がありません。車は壊れるまで使います。乗用車でも20万キロ、30万キロは当たり前に走ります。10万キロを超えると「この車はもう古い、買い換えなければならないな」と思うのは、自動車の製造国、日本ならではの感覚であることを覚えておきましょう。

アメリカで人気となった、最大の理由は?

 かつて日本とアメリカの間には、自動車の輸出に関して経済摩擦問題がありました。その対策として、トヨタではシボレーベースのキャバリエという車が販売されたこともありましたが、日本ではなかなか受け入れられることが難しかったという歴史があります。今現在、日本で製造された日本の新車を、アメリカに輸出することは原則的にできないことになっています。いろいろな厳しい決まりがあるからなのですが、実はこの決まり、製造から25年間適用されることになっています。ですから逆を言うなら、製造後25年を経過した車は、比較的簡素な手続きで、アメリカへ輸出する事ができるのです。実は今、製造から25年を経過した軽トラが、アメリカで大人気。その背景には、自由の国アメリカならではの理由がありました。

アメリカで軽トラックが人気の理由

 アメリカ市場で日本の軽トラックを受け入れられている理由はいくつかあります。

元々トラックのニーズがある

 アメリカは巨大な大陸国ですから、文化をはじめ、人間の動きも車の動きも日本とは根本的に違っています。アメリカでは狩りをする人が多く、その道具として軽トラは人気があります。高い走破性を持つ軽トラックは細い道路まで入っていくことができます。エンジン音も静かなので、極限まで獲物に近づくことができます。道具を荷台に放り込み、獲物を仕留めたなら荷台に載せて帰ってくる、アメリカではそんな生活が当たり前なのです。

個性を大事にする

 アメリカは個性を大事にする国です。元々市販の車に対して、カスタムをして他の人との差別化を楽しむ、という文化があります。このカスタムのベース車として、日本の軽トラックはぴったりだったのですね。人気が出てきたとはいえ、日本の軽トラックはアメリカではまだまだ珍しく、乗っているといろいろな場面で「その車いいね、どこで買ったの?」と声をかけられます。個性を重要視するアメリカのニーズに、日本の軽トラックがピッタリだったのですね。

スバルブランドの強さ

 話を戻しましょう。車を売るにしても買うにしても、ブランドの力は絶大です。日本においてはトヨタ、日産、ホンダを抜くことができない、トップにはなりきれないスバルですが、海外では思いのほか、人気があるのをご存じだったでしょうか?昔から4WDに力を入れていたことや、独自のボクサーエンジンなど、日本とは違うニーズを確実にとらえ、海外でじっくりと時間をかけて成長してきたのが「スバル」という自動車会社なのです。

直接売買が一番だけど

 さあ、アメリカではスバルサンバートラック、あなたの軽トラックが高く売れるという事実はわかりましたよね。早速高く売ろう、と思っても、どのようにすれば高く売れるのでしょうか?一番いいのは、アメリカに住んでいるユーザーに直接販売できればいいですよね。これもできなくはないですが、かなりハードルの高い仕事になってしまいます。eBayなどのオークションサイトでも、製造後25年を超えた日本の軽トラックが出品されており、日本では考えられない価格で売買されています。でも、この方法は出品自体に高いハードルがある上に、仮に売却できたとしても、通関や輸送などにおいて、かなり専門的な知識が求められます。プロとしてやっていくなら覚えておいてもいいのかもしれませんが、普通の方が行うにはハードルが高すぎる方法です。ですので、別の方法を探しましょう。

都内、近郊にお住まいなら

 この方法は、東京近郊のお住まいの方だけ、お使いになれる方法です。こちらの会社では、海外向けに独自のオークションを開催しています。あなたが申し込みをすると、あなたの車を全世界へ向け、独自のオークションで販売してくれます。その価格に満足できたなら売却すればいいのですね。売却した時にのみ、若干の手数料がかかりますが、万が一価格に満足できなかった場合は、売却する必要もなく、手数料も発生しません。あなたがもし、東京近郊にお住まいでしたら、この方法が一番高く売れる可能性が高いと思います。詳しくはこちらをご覧下さい。
→ 中古車買取

間に一つだけ業者を挟む

 上の方法は残念ながら東京近郊という地域限定の方法です。でも、高く売る方法がないわけではありません。重要なのは、あなたのスバルサンバーをどこに売るか、そのお店を決める際の考え方をしっかりと持って臨むことです。仕組みをご説明しますので、参考になさって下さい。少し手間がかかる面もありますが、惜しまず一手間を加えるだけで数万円の価格差が出る場合などしょっちゅうですので、頑張ってみて下さいね。車を買い取ってもらう時の仕組み、言い方を変えるなら、最終のユーザーに渡るまでの間に業者を挟めば挟むほど、手数料が高くなってしまいます。これはすなわち、あなたに入ってくるお金が安くなってしまうということ。この間に入る業者を一つだけにする、ということを考えることで、必然的にあなたの軽トラックを高く売ることができます。何度も申し上げてきた事ですが、あなたの軽トラックはアメリカに輸出するのが一番高く売れる方法です。しかし、直接はできませんよね。ですから、あなたとアメリカのユーザーとの間に一つだけ業者を挟むのです。ということは、具体的には「アメリカと繋がっている業者に売る」のです。アメリカと繋がっている業者でなければ、高くは買い取ってもらえません。例えば、殆どの買い取り業者がそうですが、オークション会場に出入りしており、あなたの軽トラックを買い取った後はオークションで転売し、利益を得ようと考えている業者がいるとしましょう。この業者の場合は、繋がっているのは中古車オークションの会場のみです。その後には、オークション会場から、もう一度買い取る業者が存在し、その業者がアメリカへ輸出する事になります。結局、輸出相場が同じであっても、二回に渡って取引があることにより、あなたの車の価格は、あなたが手放す際にそれほど高くはならないのです。

具体的な方法

 一括査定というシステムを利用すると、一度の入力で多くの業者にオファーをすることができます。一括査定にもいろいろなサイトがありますが、あなたがスバルサンバーを売却するにあたって一番大切なのは、高く売るということですよね。そのためには、今までさんざんご説明してきた通り、アメリカと繋がっている、普段の業務の中で輸出業務を行っている業者を探す必要があります。普通の一括査定サイトの場合、殆どがオークションに転売する業者で構成されています。次にご説明しますが、実はオークションでの落札価格は全国統一のデータベースになっており、あなたのスバルサンバーも、年式や型式、走行距離などから、そのデータベースに落札参考価格が表示されているのです。各業者はこの価格を元に、あなたに買い取り価格を提示します。各業者は結局、損をどこまで小さくするかでの競争になりますので、どこも同じような価格になる場合が殆どなのです。これでは高く売ることができませんよね。でも、輸出が念頭に入っている買い取り業者の場合は、この価格から突き抜けた買い取り価格を提示することができます。通常の車買い取り一括査定サイトは、オークションで売却する大手の買い取り業者が登録されていますが、こちらカーセンサーはひと味違い、ニッチなニーズを取り入れ、独自の視点で車探しをしている業者が多数存在しています。高く買い取って貰うコツとして、各業者の利益は「あなたからいかに安く買うことができるか」にかかっていますので、はじめから最高値を提示することはありません。いくつかのお店で競合させることにより、価格は高くなっていきます。少し大変かもしれませんが、粘り強く交渉する事が高い価格で買い取ってもらう秘訣です。カーセンサーの一括査定はこちらからご覧下さい。
→ カーセンサー.net簡単ネット査定

価格だけでも知りたいのなら

 先ほどからお話している中古車オークションの買い取り参考価格を、あなたも見ることができます。こちらのGoo買い取りでは、あなたの車の情報を入力するだけで、参考価格を知ることができます。その後、必要であれば、表示されるお店を選んで、査定をしてもらうこともできます。是非、中古車オークションでの参考価格を知りたいのであれば、こちらのサイトをご利用下さい。
⇒ Goo買取 中古車査定プロモーション

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

コンビニ弁当を食べ続けていた私が、突然コンビニ弁当から解放され、その上親孝行もできたという、摩訶不思議な方法とは?
そんなのあるわけない。あるわけないよ。
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

関連記事

いくら位なのか、すぐに知りたい

4項目入力するだけで、すぐにおおよその価格を知ることができます!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る