中古車の個人売買でのトラブル 登録や支払いのトラブルを防止できる唯一の方法

中古車の個人売買でのトラブル 登録や支払いのトラブルを防止できる唯一の方法

中古車の個人売買でのトラブル 登録や支払いのトラブルを防止できる唯一の方法

 中古車の個人売買でのトラブル 登録や支払いのトラブルを防止できる唯一の方法。自分の車をどのようにすれば一番高く売れるか、考えて見たことがありますか?中古車展示場や買取店舗等、業者に販売するとか、オークションに出品するとか、いろいろな方法がありますが、どれも一長一短です。例えば買取店では、オークションの落札相場を元に買取価格が決定されます。下取りよりも高くなるケースが殆どですが、オークションの落札価格以上に高くなることは絶対にありません。仮にあなたの車がこの業者に販売できたとしましょう。業者はオークションに出品します。オークションで他の業者が落札し、他の業者はまた、違うところへ販売するでしょう。オークションを挟めば3つの売買の過程があり、多かれ少なかれ全ての箇所で利益が出るのだとすれば、この方法はかなりあなたにとって不利だという事が言えるでしょう。別の言い方をするなら、もっともっと高く売れる方法があるはずなのです。

個人売買はリスクが高すぎる

 そこで行われているのが、ヤフオクに代表される個人売買です。ごく一般的な商品であれば、かなりの確率で高く売れる方法として、市民権を得ていますね。でも、自動車、車の場合はそうとも言い切れない事情があります。皆様もご存知の通り、車の個人売買では、トラブルが多く発生する傾向が高くなっています。最低限、どちらかが車に詳しい情報を持っていなければ、とても危険です。車の状態は言うに及ばずですが、車の売買には登録、名義変更と言った、普通のサラリーマンではかなり難しい行動が要求されます。具体的には、車庫証明を提出するために書類一式をそろえて、管轄の警察署へ提出します。書類の作成は慣れていないととても時間がかかります。指定日以降に車庫証明を取りに行きます。これでもう一日かかります。同時に役所に行き、印鑑証明を取ります。先方から送られてきた書類と、こちらの車庫証明、印鑑証明を持って、陸運局に車を持ち込み、代書屋と呼ばれるお店で、譲渡証、委任状、OCRシートや税申告書を記載してもらいます。手数料がかかりますが、これを陸運局の窓口で相談をしながら、自分で一から全て書くとなると、陸運局での窓口での待ち時間も合わせれば、おそらく一時間以上かかると思います。その後、ナンバープレートの発行、税の申告をします。地域によっては、ご自宅から管轄の陸運局まで、ものすごい距離があるかもしれません。警察での車庫証明取得からはじめると、一日で終わらず、もう一日必要になるかもしれません。その他にも、車を陸送しなければなりません。近ければ取りに行く方法もありますが、相手もお勤めだという場合には、スケジュールの調整がかなり難しい場合もあるでしょう。悪い評価を恐れるあまり、注意書きに高圧的な文言を発見してしまうこともあります。まだあります。車の状態のトラブル、支払いのトラブル、傷がある、ないのトラブルもあるかもしれません。このように個人間の売買は確かに高く売れるかもしれませんが、それ以上に非常にリスクが高く、このようなサイトを運営している私でさえも、怖くて取り組む気にはなれないのが現状です。売る側もそうですが、これは裏を返せば、買う側も怖くて買えないということになりますので、必然的に価格が高くなる可能性は低くなるということになります。オークション制度を決して否定しているわけではありませんが、日本において車を売買するための方法としては、それほどオススメできるものではないということです。

全てを解決した唯一の方法

 個人売買が高く売れるということは、あなたも実感できると思います。でも、諸々を考えると怖くてできない、このような状態の方が多いのではないでしょうか?実は個人売買に関わるこれら全ての条件をクリアした画期的な方法があります。それは、中古車の売買で有名なガリバーが提供する、クルマジロという方法です。あなたはガリバーに行き、査定をしてもらいます。通常のガリバーの買取なら、ここで引き渡しですが、クルマジロの場合は、その次のエンドユーザーに向けてあなたの車を、オンライン上のマーケット「クルマジロ」へ売りに出すことができます。設定価格はガリバーの人と相談しながら、強気の価格で勝負することもできます。エンドユーザーがあなたの車を気に入り、欲しいという事になった場合も安心です。先方の車庫証明の手続き、登録手続き、陸送の手配、相手との連絡、そして入金や支払いといったお金の管理に至るまで、全てガリバーが代行してくれます。こちらの個人情報を相手に伝えることなく、「売り手と買い手の窓口がガリバー1つ」となって全てが完了しますので、とても簡単です。また、引き渡しはもちろんですが、相手側も受け取りをガリバーの店舗に指定することができますので、日曜日しかお休みが取れない方も安心して買うことができる、という点も安心です。

実際に「買う側として」使ってみた感想

 私はとある車を探していました。オークションではかなりの高値で落札されている車を、何とかして手に入れたいと思っていました。あまり気が進まなかった個人間オークションでも、相場が反映されてしまっているようで、とても高くなり、買うことができません。なびくる+でも探してみましたが、ここでもかなり高いので手が出ませんでした。いろいろと考えていたのですが、最後の砦のクルマジロを見てみました。ここは個人が直接販売している感じがするのと同時に、車の状態がガリバーのスタッフによって一度確認されているので、買う側からすると、とても大きな安心感があります。また、お金のやり取りや陸送の手配、名義変更の手続きにいたるまで、中古車売買のエキスパート「ガリバー」が行ってくれますので、その点も安心です。更に私の場合は不定期にバイトをしている関係上、家に車が届くという時に確実に在宅することができるか、相手にご迷惑をおかけしないかという事が心配だったのですが、ガリバーは自宅近くの営業所で受け取りができるとのことで、この点もとても安心です。個人売買の高値とガリバーの後ろ盾による安心感。まさしくこれからの中古車売買のスタイルだと思います。

ユーザーに売れなかった場合は?

 クルマジロに出品して、ユーザーに販売できなかった場合は、ガリバーが出品時に約束した価格で引き取ってくれます。これも安心できる材料の一つですね。クルマジロの詳細はこちらからご覧いただけます。
⇒ クルマジロ

↓ ↓ CLICK ↓ ↓



1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事

こちらも読まれています

車をバックで駐車場に停める理由

車をバックで駐車場に停める理由



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る