新車外しのタイヤ、ホイールセットを高く売る方法!

新車外しのタイヤ、ホイールセットを高く売る方法!

新車外しのタイヤ、ホイールセットを高く売る方法!

 新車外しのタイヤ、ホイールセットを高く売る方法。いい季節になって来ました。そろそろ車の買い替えをしたいと思っている方や、すでに車を買い替えた方も多いのではないでしょうか?あなたはホイールやタイヤの保管をどのようになさっていらっしゃいますか?ご自宅に新車外しのホイール、タイヤ、があるのなら、是非一度こちらを読み進めてみて下さい。

個人売買もいいけれど

 今の時代は、何でも個人で売買ができるようになりました。スマホの普及やヤフオクなどのプラットフォームの発展が背景にあります。この個人間売買は商品によっては高値が期待でき、とても有効な方法だと思います。しかし、タイヤやホイールの場合には、少し難しい点があります。あなたが個人間売買でタイヤやホイールを売ろうとしているのなら、是非この点を確認してみて下さい。

梱包方法がわからない

 タイヤやホイールはかなりの重量物となります。梱包の方法を個人で考え、実際に行おうとするなら、かなりの時間と、梱包材の購入だけでも数千円の出費となってしまうかもしれません。また、高額になるホイールの場合には、梱包に関して注意を払う必要があるでしょう。梱包不良による傷などが生じてしまえば、即トラブルになってしまいます。

送料が高い

 タイヤ、ホイールセットの場合、殆どが4本セットになります。私たちがよく使っている運送会社では、運賃体系が一ついくらで設定されています。タイヤとホイールは重量物ですから、運送屋さんのトラックの中でかなりのスペースを占有してしまいます。当然、運賃も高くなってしまい、売る側も買う側も、運賃をまず考えなければならないのが現状でしょう。ちなみにタイヤとホイールを4本セットで、個人宅から個人宅へ送る場合は、ヤマト運輸の宅急便ではなく「ヤマト便」が一番安いと言われています。オークションは小さなものであれば送料も安くていいのですが、タイヤとホイールを四本となると、かなり状況が変わってきますので、出品するにあたっては注意が必要です。着払いだからいいや、と、簡単に出品してしまうと、あまりにも高額な価格に驚いた落札者との間でクレームに発展してしまうケースもあります。運賃はしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

個人間売買のリスク

 個人間売買にはリスクが伴います。売る側も買う側も慎重な姿勢が求められます。特にタイヤやホイールという製品に関しては、溝の残りやひび割れなど、「言った、言わない、」というトラブルに発展する要素がいろいろとあります。できればこのようなリスクを小さくして、できるだけ、売る側にとっても買う側にとっても満足の行く方法で、売買を行いたいものです。

全てをクリアした方法がある!

 インターネットの発達や、運送会社の努力によって、日本全国どこにいても同じサービスが受けられるようになりつつあります。タイヤ、ホイールの売買においても、個人間ではなく買取という形で行っている、専門の業者が存在します。タイヤ、ホイールの買取を依頼する場合、重たい商品を4つ車の中に積み込んで、お店を回らなければならないというイメージがありますが、こちらのお店はインターネットを使って、あなたのタイヤ、ホイールを査定してもらう事ができます。必要事項を記入し、状態を正確に記入、同時に画像を送信することで、できるだけあなたの希望に近い形で買取ができるように、精一杯努力してくれます。タイヤ、ホイールは、画像と状況を入力した情報を精査し、査定価格が提示され、双方で納得した場合に送付することになります。その際、こちらの買い取り業者から梱包キットが送付されますので、そのキットを使えば、あなたは梱包に関して悩むことはないでしょう。そして重要な事として、この買取店に送るための送料は全て無料となっています。これは企業が運送屋さんとの契約を結んでいるからこそできる価格であり、通常、タイヤ、ホイールといった重量物を個人が送料無料で送ることはできません。こちらの買取店はきちんと古物の許可を得て営業をしているお店です。新車外しのタイヤ、ホイール、傷のないホイール、走行わずかな商品、4本セットの商品は特に高い買い取り額が期待できます。ぜひ一度、聞いてみて下さい。査定自体には、もちろん費用はかかりません。
⇒ 送料無料で、タイヤ、ホイールを買い取ります!

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



これ買うの忘れてた!

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る