台風で水に浸かってしまった車はどうすればいいのか? 処分方法と修理方法

台風で水に浸かってしまった車はどうすればいいのか? 処分方法と修理方法

台風で水に浸かってしまった車はどうすればいいのか?

 台風で水に浸かってしまった車はどうすればいいのか?その車の処分方法、修理方法について。地球温暖化によって、私たちの住む環境は大きく変わりつつあります。その中でも、ゲリラ豪雨に代表される突然の大雨は、車にとって困った状況を引き起こします。雨が沢山降り、タイヤが水に浸かってしまうような状態になると、車の機能にもよくない影響を及ぼします。都市部の水は綺麗だと思われがちですが、例えばマンホールが浮いて水が流れ出ているようなケースの場合、同じ所を汚水管も通っていることもあるでしょう。あなたの車の中に入ってきてしまった水は、ただの水ではないかもしれません。一つの目安は、あなたの車の運転席の足元、フロアマットにまで水が来てしまったか、ということになります。

現在の車はデリケート

 ひと昔前の車は構造も単純でした。少し水に浸かっても、問題のない構造になっていました。しかし現在の車はコンピューターが沢山搭載されています。エンジンの燃料の量を調整したり、エアコンの効き具合を調節したりと、様々な場面でコンピューターが使われています。その装置自体に水がかかってはいなくても、コンピューターが別の所にある場合もあります。車は雨の中を走っても大丈夫なように設計されていますので、ある程度までの水濡れなら耐えることができますが、私たち人間同様、デリケートな電子部品は濡れない場所に収納されています。運転席までもが水に浸かってしまったようなケースの場合は、ディーラーや行きつけの整備工場で点検してもらわなければならないでしょう。

泥は要注意

 川が氾濫すると、水が流れてきます。川の氾濫は水だけではなく、泥も一緒に運んできます。この泥は皆さまがお考えになる以上に、車にとって厄介です。川が氾濫し、その水が車の運転席に入り込み、フロアマットまで水に浸かってしまった場合、乾燥させても臭いが残ってしまいます。綺麗にマットを洗い、床を洗浄しても、なかなかこの臭いは消えるものではありません。また、フロアに水が入ってしまっているということは、ドアの内側やトランクルームまで水がしみ込んでいる可能性があります。全ての内張りを剥がして、洗浄して、乾燥させることは、素人の環境ではなかなか難しいものです。でも、これをしなければ、臭いはいつまでも消えることはありません。

乗り続けることはできる?

 車はある程度のレベルの水までであれば、それは雨と同じですので、それほどの影響もなく走り続けることができるでしょう。でも、一つの目安として、運転席の足元まで水が入ってしまったような場合は、一度ディーラーや工場に相談されることをお勧めします。状況や作業内容によっても違いますが、作業費用の目安は、フロアカーペット下までの場合は10万円~、運転席シートの下までの場合は30万円~、運転席シートの上までの場合は50万円~と言われています。車には沢山の電子部品が使われていますので、中をきちんと清掃し、これらを全て取り替えると、この位の価格になってしまいます。修理に関しては、津波とは違い、車両保険も使う事ができます。重要な事として、車が水に浸かってしまった時の後処理は、できるだけ早く行動する事です。日にちが経過すると、車両保険が使えなくなったり、臭いがなかなか消えなかったりという状況になりますので、一日も早く、お知り合いの工場に相談されることをおすすめします。

走行中に水位が上がってきたら?

 ゲリラ豪雨は突然やってきます。運転中に突然水位が上がってしまった場合に気を付けることを一つだけご紹介します。車にとって最も避けなければならないのは、エンジン内への水の侵入です。水は、マフラーから、またはエアクリーナーからエンジンに入ってしまいます。運転中に水位が上がってきた場合は、とにかくマフラーから水が入らないように、少しエンジン回転数を高めに、ギアの操作が難しいかもしれませんが、できればエンジン回転数を2000回転位に保ち、マフラーから水がエンジンに回らないようにして下さい。エンジンに水が入ってしまうと、エンジンは停止し、その後はかからなくなるばかりか、修理費用も高額になってしまいます。また、状況が悪くなってきたのなら、車よりも身の安全を最優先に考えて行動して下さい。

買取り査定をしてみるのも手

 修理にはかなりの日数と費用が必要になります。水害に遭ってしまった車は水没車と呼ばれています。中古自動車は日本国内のみならず、海外にも流通しており、一部の水没車も海外へ輸出される場合があるようです。高い修理費用に困っているのであれば、一度どの位の価格で売却できるのかを聞いてみるのも一つの方法です。一括査定という方法を使えば、一度の依頼で沢山の業者にオファーすることができますので、とても便利です。
こちらです ⇒ かんたん車査定ガイド
 

1万円⇒15万円 知られざる理由をご紹介します

修理代、車検費用が高すぎると悩んでいる方へ

スポンサーリンク

買い忘れ ありませんか?

関連記事



評判の良い買取店を見つける方法

本物のレビューを確認して申し込みできます!
↓ ↓ CLICK ↓ ↓

アイドリングストップ用バッテリー 激安はここです

アイドリングストップ車のバッテリーは、専用の物を使った方が結局はお得です。自動車用バッテリーは小売店にとっては利益商品。スタンドや量販店で買うよりも、通販で買うとはるかに安く手に入れることができます。取り付けも簡単。

↓ ↓ CLICK ↓ ↓

ページ上部へ戻る